それでも、やっぱりサルサ好き

ワンコと落語と、時々サルサ……

やすらぎの郷

2017-09-21 19:52:38 | 雑感

今、一番悔やんでいるのが、この昼ドラを、最初からみなかったこと。

その昔、昼のメロドラマを放送していた昼の時間帯に、

高齢化の今の日本を、象徴している、この、老人ホームを舞台にしたドラマ

(といっても、世の中の老人が、こぞって、あんなホームならはいりたいわー!と、叫びそうな、恵まれた、、その昔、テレビの黎明期、

芸能界に寄与した老人たちのついの住みかを、描いたドラマ。)倉本聰さんのドラマです。わたしは、ここ数ヶ月からみ始めたばかりなのですが。

今日の、この『やすらぎの郷』を作った、芸能界のドン、右翼の大物(?)、戦争中は、海軍の参謀だったという一人の老人の臨終のシーン。すごかった。

自分の遺体は、火葬もせず、そのまま、海に葬ってくれ、錨をつけて。魚がついばみ、その骨をプランクトンや微生物が食いつくし

海底の砂になって、そのときはじめて、自分は死ぬことなる。法律に触れるかもしれないが、

今までも何度も、破ってきたし、そんなことは、知ったことじゃない、、といって、酸素も拒んで、死んでいった。

戦争中、海軍で、船の上で死んでいった軍人は白い布に包まれ、海に落とされていった、そんなシーンを思い浮かべられる鬼気迫る場面でした。

友人の夫さんの、訃報もあっての、色々考えさせられるシーンでした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜の散歩 | トップ | おはよう! »
最近の画像もっと見る

雑感」カテゴリの最新記事