57歳から始めるレンタルカートの世界

唄う物書きアマミヤユキト57歳で人生初のレンタルカートデビュー。

2017年5月28日 KSC Taero 3h 耐久 レース

2017年06月09日 | 2017年レースレポート

2017年5月28日 KSC Taero 3h 耐久 第3戦 1/3

5月28日のレースレポート最終回です。
午後からは3時間耐久レース。
「TAERO3h」という年間7戦行われる、シリーズ戦。1位20ポイントから10位1ポイントまでが入賞圏内。
参加グループは過去最多の21組だそうです。
スタートはルマン式です。
ファーストドライバーは乗車し、エンジンをかけてスタンバイ。

セカンドドライバーは反対側で待機し……。
乗車しているファーストドライバーの右手をタッチしてスタート。

 

午後2時。
3時間耐久レース、今スタート!!

三時間の戦いが始まります。
耐久レースにはドライバー交代があります。
規則では
①1名あたり乗車時間10分以上30分未満
②3時間以内に9回以上の交代義務
③1名あたりの乗車は3時間に2回以上
となっております。
平均すると20分に1回はドライバー交代があると言うことです。
各チーム、2名から4名体制でレースに参戦しています。
レース開始後、20分を過ぎたあたりで、そろそろドライバー交代の用意です。

 


一人で30分以上の走行が認められていないので、各チーム次々とピットイン。
このあたり、耐久レースならではの緻密な戦術が必要ですね。

 

 

ドライバー交代の後は計量があるのです。

 

 さて、耐久レースにつきものといえば

「給油」と「タイヤ交換」

ですが、このレースではそれを
「車両交換」

と言う方法で行うのです。
給油済みの準備車両をあらかじめ用意し、ピットインしてきた車と交換するわけです。
ここで最大の見せ場。
①車両交換時間を3分間に設定。その間は停止すること。
②レース中1回以上行う。
③一度にピットに入って交換できるのは2台までに限定。


上の写真。
今2台がすでにピットで車両交換ずみです。
あとは3分間”じりじりしながら”待つわけです。
チームとしては、どのタイミングでピットインのサインを出すか?
それが勝負の分かれ目になるのです。
上の写真では、3台目の車が、車両交換のためにピットインしてきました。
しかし、車両交換が同時にできるのは「2台まで」
前の車がピットアウトするまで余分に待つことになるわけです。
必死にコンマ1秒のタイムを削ってきた努力が、帳消し。
一気に「分単位」の重荷を背負わされる羽目に陥るのです。
この耐久レースを見ていて思いました。
速く走れる人同士がチームを組み、
緻密にプログラムを考え
勝てる体制を整えたチームが
「強いチーム」であり「ポイントが取れるチーム」であろうと思います。

3時間が経過。
午後5時、夕暮れの雰囲気の中、チェッカーフラッグが振られ、競技終了。

 

 完走したチームのみなさん、フラッグを掲げてパレードラン。

 

 ピットに戻ってきます。

 

 優勝はチーム「中島レーシング」 212LAPでした。

2位はチーム「そして神戸」 211LAP
3位はチーム「おさきにどうぞ」211LAP

 

みなさん、走り慣れてるなぁ~、と言う貫禄十分。
最後はみんなで記念撮影。

 

お疲れ様でした。次のレースまた頑張ってくださいませ。

<a href="//www.blogmura.com/point/01557927.html?type=image" target="_blank"><img src="//blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv01557927_side.gif" alt="PVアクセスランキング にほんブログ村" /></a><a href="//car.blogmura.com/ranking.html"><img src="//car.blogmura.com/img/car100_33.gif" width="100" height="33" border="0" alt="にほんブログ村 車ブログへ" /></a><br /><a href="//car.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村</a>


『カーレース』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月28日レースレポートその③ | トップ | 目指せ! 最速ラップその① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017年レースレポート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。