57歳から始めるレンタルカートの世界

唄う物書きアマミヤユキト57歳で人生初のレンタルカートデビュー。

レンタルカートとの出会い

2017年05月13日 | レンタルカートを始めよう!
神戸の西区にある「神戸スポーツサーキット」




ここはレーシングカート専門のサーキットなのです。
実は僕、いままで、まさか神戸にサーキット場があることすら知りませんでした。
モータースポーツファンを自認する僕としては、全くうかつでした。
ゴールデンウィーク間近のの4月下旬、ふと思い立ち、
「そういえば、神戸にサーキットってあるのかなぁ~」
とグーグルで検索。
ありました。
それもなんと、僕が住む、神戸の西区。
僕のスクーターで20分で行ける距離
です。
これにはびっくり。
さっそくサーキット場のHPをじっくり見ます。
そうこうしているうち、モータースポーツファンの「性(さが)」が言うこと聞かなくなってしまいました。
もう理性などクソ食らえ!!
気がつくと僕は、愛用のオンボロスクーターにまたがり、まっしぐらにサーキットに向かっていました。
僕のスクーターには、iPhoneを取り付けられるようにしてあります。
そのナビをちらちら見つつ、25分ほどかかってサーキットに無事到着。


いきなり、サーキット特有の”サウンド”と「オイルの焼ける香り」に、僕はすっかり嬉しくなってしまいました。
「やってる、やってる」
コースを見ると、3台のレーシングカートが練習走行を行なっています。


生で見るとカートとはいえ、そのスピード、コーナリングの速さ。
紛れもなく「レーシングカー」そのものです。


今日はとりあえず、「どんな雰囲気かなぁ~」とぼんやり見るだけ。
一応サーキット場の事務所へ挨拶に。
「こんにちわ。初めて来たんですけど……」
事務所内では、結構年配のおじさん二人とおばさんが、椅子に座ってのんびりお話中でした。
「あら、いらっしゃいませ」とおばさんが対応してくれます。
サーキット場の案内パンフをいただきました。
「上が観覧席になってます。そこの階段を上がってくださいね」
また、一般客向けに初心者用カートもレンタルできます。
エントリー料金は¥1,000-
コース一周につき250円で走ることができます。
とってもリーズナブル。
モータースポーツって、とにかくお金がかかることが有名なんですが、
このようなカート場があることで、その敷居が低くなることは大歓迎ですね。
カートレースは子供達のカテゴリーがありまして、小学生たちが一生懸命走る姿はおもわず
「ガンバレ!!」と声をあげたくなります。
この日は、サーキットのピットにも入れてもらえました。
今日卸したての、まっさらの新車、競技用レーシングカートもじっくり拝見させてもらえました。


この後僕は、この神戸スポーツサーキットに通い詰めることになるのです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月7日レースレポート、その2 | トップ | 57歳、人生初のレンタルカート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。