57歳から始めるレンタルカートの世界

唄う物書きアマミヤユキト57歳で人生初のレンタルカートデビュー。

57歳、人生初のレンタルカート

2017年05月14日 | レンタルカートを始めよう!
100円あったら、ハンバーガーショップに行くのもいいが、サーキットに行ってみる、という手もある。
実はレンタルカートは、100円ぽっきりで走れるのだ。

僕は兵庫県神戸市にすんでいる。
同じ兵庫県の宝塚サーキットでは、レンタルカートがコース一周100円で走れるのである。
「どうせ、遊園地のゴーカートでしょ?」
と僕も思っていた。
ところが……。
今年(2017年)のゴールデンウィーク、5月1日。
ほんのお遊びにつもりで
神戸スポーツサーキットでレンタルカートに乗ってみたのである。
長袖長ズボンにスニーカー。ヘルメットに滑り止めの軍手をはめる。
(ヘルメットと手袋は無料で貸してくれるサーキットもあります)
乗り込んでハンドルを握った瞬間
「なんじゃこりゃ~!!」
ハンドルが重たくて動かない。



エンジンはドタバタという音を立てる。
乗り込む時、係員から
「初めて乗る人は、コースの右端を走ってください。コースの真ん中を走ると危ないです」
とのこと。
ちなみにカートにバックミラーはない。
どうするのか? と聞くと
「だいじょうぶですよ。速い人は勝手に抜いて行ってくれますから」とのこと。
「はあ、左様ですか……。」
と習った通り、コースインの手前で一旦停止をし、コースインしますよ、と右手を高く上げる。
アクセルをちょんと踏み込む。
バタバタばた。ドタバタ。
なんか、田んぼで耕運機を動かしているような音である。
カート専用コースをとりあえず右側を舐めるように走ってみる。
いや、走るというより、歩くぐらいの速度しか出せない。
なにしろ、震動とスピード感。
体感速度三倍の世界である。
時速20キロでも初心者にはそれこそ、時速60キロぐらいにに感じる。
怖くてこんなの、アクセル全開なんて出来っこない。
そんなことを思っていると左後ろから
「ヒュゥーン!!」
「ビシュゥーン!!」
凄まじいスピードでカートが駆け抜けてゆく



57歳のハラの突き出たおじさんは、
「ひぇぇぇぇ~!!」
とヘルメットの中で叫んでいた。
まさにサーキットを這いずる「かたつむり」以外の何物でもない。
こんな風にして僕はレンタルカートデビューを果たしたのである。
『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レンタルカートとの出会い | トップ | オトナの世界と、カートの奥... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
訪問ありがとうございます (F1とレーシングカートの作者です)
2017-05-14 16:34:26
遊びに来ました。
お互い、ブログがんばりましょうね!
Re:訪問ありがとうございます (yukitoamamiya)
2017-05-14 16:45:50
ご来場ありがとうございますレンタルカートの世界は奥深いですね。また遊びに来てください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。