57歳から始めるレンタルカートの世界

唄う物書きアマミヤユキト57歳で人生初のレンタルカートデビュー。

初めてのウェット体験

2017年07月27日 | ウェット走行について

さて、全日本の取材と原稿書きで右往左往しておりましたが、自分のレンタルカートの「走り」はどうなったか?

実は、6月29日、レンタルカートに乗り始めて、初のウエット走行を体験しました。
写真は小雨の降る、神戸スポーツサーキット。



一度雨の中での走行を体験してみたいと思っていました。
自宅を出るときは小雨がしょぼついていました。
しかし、神戸スポーツサーキットに到着したところ、雨は止んでしまいました。
その時の走行記録です。



***
10時42分に1回目のコースイン
この時雨はやんでいました。
コースは若干濡れている状況。
そのためか、徐々に路面が乾いてきて
このスティントのベストラップ、1分08秒596が出ています。
***
この後一旦ピットイン。
この後、待望の雨が降り始めました。
「やった!! 雨だ!!」
と、内心小躍りしたくなる気分。
なにせ、この日はわざわざ、ウェット走行を体験したくてやってきたのです。
もちろん、カッパを着て準備万端。
このあと、11時43分から再度コースイン
波瀾の第二スティントです。
結果は
スピンしまくり。
それがまた、
オモロイ!!
また、レンタルカートに乗り始めて、
『最も激しいコースアウト』を体験。
雨はやや強くなってきました。
路面はびしょ濡れ。
僕は直線でアクセル全開。
4コーナー直前で、ハードレインでの感触を試すためにフルブレーキ。
右ハンドルを切った直後、コントロールを失い、スピン。



車は雨の路面を滑って「DUNLOP」のロゴのあるスポンジバリアーにもろに激突!!
水と泥と草を頭からかぶる、
スポンジバリアー自体が、一個ぶん、コース外側へはじき出される
という衝撃でした。
しかし、さすがはスポンジバリアー。
僕の体はなんともありませんでした。
***
まったく、雨の中、大のオトナが何をはしゃいでいるのか?
と、ひんしゅくを買いそうですが。
だって「たのしいんだもん」レイン走行!!

何が楽しいか?
実は、
「体が楽」
なのです。
というのも、レインになると、タイヤのグリップが圧倒的に少なくなるのです。
横Gが少なくなる。
当然体への負担が少ない。
ということなのです。
そのぶん高速でコーナーを曲がれないので、当然タイムは落ちるんですが。
雨の中、レンタルカートで走ると、今まで以上にいろんなことを発見できました。

それは、ドライの時よりも「繊細な」テクニックが必要ということ。
急ハンドル、急ブレーキ、急アクセル。
全てスピンに直結します。
「滑った!!」
と思った瞬間、逆ハンドルで、車体を立て直す。
何周かするうち、そんなテクニックも体で覚えて行きました。
また、雨の日は余計に
「荷重」と「トラクション」
ということが大切だとわかりました。
「車はハンドルを切ると曲がる」
と僕は今まで思っていました。
ところが、カートで、しかもレインの状況では
その常識が通用しないのです。
路面のグリップが低い。
コーナーでハンドルを切る。
曲がらない。
こういう場合、リアタイヤに体を預けるようにして荷重をかけます。
そして、勇気を持ってアクセルオン!
すると車は曲がってくれます。
「ああ、車というのはアクセルで曲がるんだ」
という気づきがありました。
つまりは、「前へ蹴り出す力」かっこよくいえばトラクションですね。
この力を与えて上げないと、車は曲がりたい方向に曲がらない、ということ。
リアタイヤが滑った!!
とおもったら、すかさず、アクセルオン!!
このとき、いわゆる「ドリフト状態」になっています。
僕のような運動神経鈍い人間が
「ドリフト」を体験できる。
たしかに「ドリフト」にはまっている人の気持ちが、わからなくはないなぁ~。と思いましたね。
車が滑るのをハンドルとアクセルで立て直す作業は、なんとも楽しい。

ただ、これは「目的と手段」の考え方でしょうね。
ドリフトするのは「速く走るための一つの手段」であるのです。
カート中級、上級ドライバーになれば、まあ、こういうテクニックも”あたりまえに”持ってますよ、ということですね。

***
雨のカート走行というのは、例えれば
二輪の「オフロード走行」に似ているのかもしれません。
二輪のオンロードの選手たちは、日頃のトレーニングでオフロードを走ったりします。
オフロードの場合、
それは車体が滑る感覚、それをどう立て直すのか、というバランス感覚を体に染み込ませるためなのですね。
***


ドリフトのような「離れ業」「曲芸」も、レンタルカートをサーキットで走らせる醍醐味ですね。
もし、一般公道でやろうものなら、即、事故に直結、車も自分も病院と警察にピットインです。

また、どうやってタイヤを温めてゆくかも大切です。
僕がピットレーンに帰ってくると、神戸スポーツサーキットのスタッフの方が
「おっつ」
という声を上げてニヤリとしました。
「タイヤ温まってるじゃないですか」
車を降りてタイヤを見ると、濡れた路面を走っていたタイヤ、その表面が「乾いています」
手を当てて見ると温かい。
「豚もおだてりゃ木に登る」
そのとおりで、スタッフにおだてられた、わたくし、アマミヤは、これに気を良くして、無謀にも、別の日に、2回目のウェット走行を体験することになるのです。
(つづく)

人気ブログランキングへPVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レーシングカートのフロント... | トップ | ウェット走行その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウェット走行について」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。