Yukiのタロット占い 京都日記

京都 烏丸三条の新風館でのタロット占い情報、周辺のにぎわい情報など、日々書き連ねます。

自営業の話し 自分の情報を公開する方がいいのか?

2017-04-20 11:51:10 | Weblog
お客様に感謝します。

自営業の話し、続きです。

自分の商売をしたいという希望はあっても、

自分の写真やプロフィールなどは出来るだけ

公開したくないという人も多いです。


前にも少し書きましたが、出来るならそこは、

頑張った方がいいところではあります。

得体の知れない人から物を買いたいとか、

サービスの提供を受けたい人はあまりいません。


謎な部分を意識的に売りにするならまた違い

ますが、それはそれでキャラクターを作る

必要があるし、それをプラスにして徹底して

出来る自信がない限り、自分の情報をオープン

にする方が簡単です。


フェイスブックやインスタグラムで拡散を考える

場合、プロフィール写真に 自分の写真を入れるのが

一番いいのですが、どうしても抵抗がある場合、

遠目に全身が入った写真を使う、わざと逆光で

はっきりわからないように撮る、俯向き加減で机に

向かって書き物をしているところなどを撮るなどが

いいかと思います。


芸能人の写真を使ったり、キャラクターの写真を

使ったり、物や花、動物の写真を使っている人

も多いですが、、、遊びでフェイスブックをやる場合

それでいいのですが、自分の商売を知ってもらうため

友達の数も増やしたいという場合にはおすすめできません。

もっと良くないのは、写真が何も入っていないという場合、

友達申請しても避けられたりします。

反対の立場で考えたら、写真も基本情報も何も入って

いない人から申請が来たら警戒しますよね。


基本情報も、住所を全部入れなくてもいいので、大体の

エリアがわかる情報、自己紹介(ここで自分の商売の

内容も書くといいです)、年齢も差し支えない人は

入れるなど、どんな人なのかが分かる情報がある方が

いいと思います。

学習塾をやっている、歌や楽器、生け花、書道、茶道

スポーツその他、経歴や受賞歴を見ただけで人が集まる

仕事は、そんなに頑張って自分をアピールしなくても

大丈夫だったりしますが、、、



私は無名で、有名占い師に師事したなどの経歴がなく、

占いも独学で開業しました。

そういう人でも、頑張れば会社に勤める事なく暮らせる

程度にはやっていけるという事で、自分の経験から書いて

います。

なので、起業したいけど自分の好きな事など本当に仕事に

なるのかと悩んでいる人、どうやってスタートし、

どうやって宣伝したらいいのかわからない人に向けて、

少しでも参考にしていただければと思って書いています。


フェイスブックに載せる写真を撮るとき注意点として、

縦ではなく横長の方がいいので横で撮るのがおすすめです。

写真の上に文章を入れる時、最初にフィードに上がった場面

で読める文字数が多く入るという事、あと、今すぐでなくても

後にフェイスブックページを作り、広告を打つ時があれば、

縦長の写真を入れると広告がうまく表示されなかったりします。























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自営業の話し 楽しくやる事 | トップ | 何を商売にするか選ぶ時の話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む