おにぎりとカメラと、夢ひとつ

バックパックに入れて、出かけよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Headlights for Firefighters Friday

2009年09月05日 | 生活
いつもMyFMというラジオを車で聞いてます。
何も聞かなくても平気なのですが、
いつもたまたまMyFMを付けています。

今日ボランティアに行くたま高速道路を走っているときも
聞いていました。
今日はこのMyFMで、
“火事(山火事)の消火活動に携わっている人に敬意と感謝の意を示す”ために
車のヘッドライトをつけよう!という
企画をしているようでした。
よくよく周りを見ると、
ヘッドライトをつけなくても良いほど明るいのに
たくさんの車がヘッドライトをつけて走ってました。

ラジオのリスナーがインタビューに答えていましたが、
その人が走ってる高速道路では
10台中8台はヘッドライトをつけてるよ、
と言ってました。

ここ2、3年、山火事が発生しやすい地域に住んでいるので
秋頃に火事が発生して、灰が降ったり煙の臭いがひどいということに
慣れてきてました。
最近の火事も家の近所から火が見えるほどの近さだったのですが、
今年もまた火事かぁと思う程度で、
とくに気にしていませんでした。
実際に家が燃えるという直接的な被害を受けていないからです。
でも、ここ数日すっごく暑い。
こんな暑い中、命を賭けて消火作業にあたってる人がいるおかげで、
私たちが住んでる場所まで火が移ってこないのだと思うと
感謝しなきゃなぁと思うのです。

なので今日は朝も昼も
ヘッドライトをつけて運転しました。
たくさんの人が同じようにしていたので、
みんなの敬意と感謝が伝われば良いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと

2009年09月03日 | 大学院アプリケーション
7月の初め、
家にULVから手紙が届きました。
入学許可の通知です。
入学するか、しないか、返信しなくてはいけなかったので、
すぐに入学するにチェックして送り返しました。
$200のチェックと一緒に。
インターナショナル生はI-20の手続きのために$200のチェックを同封しろと、
書いてありました。

とにかく、やっとULVへの入学が正式に決まりました。
準備を始めて6ヶ月後のことでした。
あ~長かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅い仕事と早い仕事

2009年09月03日 | 大学院アプリケーション
CSUNの事務職の職員は仕事が遅いと思います。
誰に聞いても、みんな遅いと感じてると思います。

他の書類も揃っているし、
Leslie先生の許可ももらってるのに、
CSUNの最終的な成績証明書がなかなかもらえなくて困りました。
完璧に単位を履修してること、卒業したことを証明する書類がないと、
ULVから正式な合格の通知はもらえないのです。
5月に卒業し、6月になってやっとその書類が届き、
ULVに送ることができました。

CSUNの事務の人、もっと早く的確な仕事をして欲しいものです。

一方、ULVの事務の職員の人は丁寧で仕事が早いです。
一つ書類を送るたびに、届きましたよという確認メールが来るし、
この書類が足りませんよというメールも定期的にくれるし、
電話の対応も早いしね。

ありがとうございます。
素晴らしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インタビュー

2009年09月03日 | 大学院アプリケーション
午前中は病院の実習に行きました。
スーパーバイザーに「リラックスすれば大丈夫」と言われました。
そんなこと言われても、
何を聞かれるか、うまく答えられるか緊張しました。

インタビューは午後でした。
内容は今はよく思い出せないけど、
インタビュー直後にメモしていたので
それを見ながら書きます。

インタビューの目的は
私がどの程度Child Lifeやプログラムについて理解しているか知ることと、
私自身のことを知ることだと、伝えられました。

質問は
1)なぜChild Lifeを学びたいのか
2)実習先の病院での経験について。
CHLAのプログラムは何を重要視していると感じたか
3)CLSの仕事上、死に直面することを理解しているか
4)処置に立ち会うということを理解しているか
5)どのようにストレスを対処しているか
でした。
ゆっくり考えながら答えました。
Leslie先生は、笑顔でうなずきながら聞いてくれたから
リラックスできました。

そして、
アプリケーションプロセスがどこまで進んでいるか聞かれ、
「じゃOK。全部の書類がそろったら入学許可の手紙が届くからね」
「ぜひ私のプログラムで学んでほしい」
という言葉をもらいました。

合格(非公式だけど)して良かった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インタビュー前に

2009年09月03日 | 大学院アプリケーション
Leslie先生とのインタビュー直前に、
アプリケーションに必要な書類(その時までに揃っていたもの)を
アドミッションオフィスに郵送しました。

願書
エッセイ(自己紹介、志望動機、履歴など)
推薦状3通
成績証明書(2008年秋学期までのCSUNの+以前通ってたコミュニティカレッジの)
TOEFLのスコア
Financial Statement(財政能力証明書)
銀行の残高証明書

を送りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加