I LOVE VIVIANNE

  『世界は私のために回っているのよ♪』
    ★箱入り娘のうちのワンコ★

ライオン

2017-04-23 20:59:29 | ママ
久々に映画の話題
ライオン


VIPにインド映画好きだねって言われたけど
インド映画なわけじゃなく、
オーストラリアですから。

1986年。
文盲の母親と兄弟3人と暮らしてサルーは、
若干5歳で兄、グドゥと一緒に
炭鉱から石炭をくすね、
それを街でわずかの食料に替えて食費を稼ぐ毎日。

夜間の仕事に出かけるグドゥについてきたサルーは
グドゥとはぐれてしまった。
それから路上や駅中での生活が始まる。

駅員からは追い立てられ
親切にしてくれていると思った人は
人身売買をしていたりと危険な目にあいながら
孤児院へ行くことになる。

そこでオーストラリア人の夫妻の養子となり
オーストラリアでの生活が始まる。

大学生になりある日ホームパーティで
インドのお菓子を見かけ
自分のルーツを探るようになり
その手段としてGoogle MAPを使う。

そしてインドに住む母親にあいに行くというストーリー。
サルーという名前は間違いであり
本当は「シェルゥ」が正しい発音だった。
それは、ヒンディー語で「ライオン」という意味だったのだ。


自分がなんであるのかという疑問は
サルーのような人生を歩んだ者でなくとも
直面する問題だ。

家族の絆や、
インドでのストリートチルドレンの多さ。
実子でなくとも養子を迎えることの意味、
様々な事柄を含んだ映画だったと思う。


☆………☆



車でのお出かけの帰り。
puppyの頃は車でよく寝てたのに
眠くても横たえて眠らなくなったヴィ。



車に揺られながらウトウトするゔいが
超カワイイ❤️

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬の捕獲手助けと蕾比べ | トップ | 父の骨折 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。