ナマケモノの戯言

知識にわかですが型月関係書いてます。Twitterまとめ投稿始めてみました。※サイレント修正よくあります。

今回は登場人物について綴るとしよう その5

2017-06-19 18:53:00 | Fate/EXTRA CCC


ついにアガルタ発表きたー!でもネタがないのでとりあえず続けて紹介。

間桐慎二。
CCCの彼について紹介しますね。無印チラッとしか知らないので。ちょっと挟みますが。

SNのシンジかと思いきや中はガチのお子様。しかもデザインベビーで生まれたゲームチャンプ&天才児です。綺麗なワカメ←

無印ではフランシス・ドレイクを召喚。
経験と年齢さえあれば優勝候補だったでしょうね…。

レコードホルダーのこの場面。

実はシンジ(8歳)が覚悟を決めてあることをしている場面。ジナコもいるんで間違いないかと。
しかも礼装の効果、弱体付与確率アップ…。

シンジは1回戦の主人公の相手でした。
多くの人物がまだサバイバルであること、本当の殺し合いであることを認識していなかったときに当たってしまった相手。


シンジは敗れ、ファイアーウォールにより魂を焼かれるはず…でしたがBBにより裏側に引き込まれます。

記憶がない彼はチェスの勝負などに協力をしますが、全員が記憶を取り戻してからは主人公を嫌悪します。

…まぁ、無理もないよな…。
主人公に殺されてるんですもんね…。

ついにはシンジは助かるためにエリザベートのマスターになったりしますが…これが逆に仇となった。メルトに目をつけられ、ナノサイズまで小さくされてから桜の電脳体に放り込まれます。エリザベートとの契約も切れられます。

この時、彼はまだメルトが無敵であることを知りません。

実はメルトと対決すると分かりますが、CCCでは全く攻撃きかないんですよ。何をしても無駄ー。なんでかは後で説明します。


メルトが無敵なまま探索を続ける主人公とサーヴァント。ある時、マイルーム前でシンジが主人公に話しかけます。メルトとのバトルログを教えろと。

そこで初めて知ります、彼女は無敵であることを。ここでドレインは知ってたけど無敵ってなんだよ!?となるのです。


この会話のあと探索前にジナコの部屋に行くことをおすすめします…。そこでしか聞けない。シンジは生徒会室からメルトウイルスを盗んでいたんです。ジナコの部屋である作業を始めます。

それがレコードホルダーの場面。
実はメルトウイルスを解析して、デバフとして改造できることを見つけていたんです。そして彼は作業しながらジナコと話しながら本音がポロり。


「いいんじゃない?どっかの誰かみたいにゲームだと勘違いしたまま無様に晒すよりはさ。」

確かこんなん…。これは自分のことを言ってます…。

「5回戦までならBBは好きにマスターを引きずり込めるんだよ。そこから先は未来は決まっていない。ここは虚数空間。あらゆる時間軸が混ざり合うんだよ。だからまだ勝敗が決まっていないならあいつらは表に戻ってもまだ戦える。でも僕達はアウトだ。」

確かこんなんなセリフのおかげで私は、EXTELLA/ZEROを鵜呑みにしていないのです。CCCだけだとちょっと訳わかんなくなりますね…無印やりたいなぁ…いつになるやらorz
また面倒事増えてきたので。が、がんばれ私…!←関係ない話失礼。

ザビが地上で目覚めている未来すらあるのですからね。BBたちー桜たちが守ったザビ達もいるのだからこそ、あまり鵜呑みにできないっつー…。

たとえ選択肢のない行き止まりの世界から無銘が来ていたとしていてもです。


さてCCCのシンジの話。

メルト階層、三回目。

「自分の命と世界が滅ぶのどっちか…なんて考えたくもないし考えたくなかったけど。どっちにしても同じならこっちの方が大事だよね…」

お前…?必ずこれ入るので…最初違和感持てます。

階層に入りますが相変わらずメルトは無敵なまま。下手するとここですぐ死ぬので必ずコードキャスト、強化スパイクを階層に入ったらすぐに発動。そして次にメルトと対決もあるのでガチの礼装でチェンジでいきましょう。

耐久アップが無難です。天女の鈴とかあると保険になりますが、あれは一周目だと入手できませんからね。


はいそして1歩でも進んだら階段封鎖!
追いかけっこスタート!メルトから逃げましょう!めっちゃ早いけど強化スパイクあれば楽です。

ここ、上手くいえば交わせますが大体1回は攻撃くらいます。ガチで逃げましょう。死にます。


ある程度逃げたあとイベント発生。BBが回線を回してメルトの無敵を取り上げます。

実はこの階層攻略前で分かりますが、メルトはムーンセルに違法のルールを自分に課していました。

「自分を傷つけてはならない」

本来のルールを改造してそのルールを課していました。んなの勝てねーよ…と当時思いました。

シンジ…何するつもりや…そう思いながら。

そのルールを取り上げたBB。
そして対決するんですが…強すぎ!…あ、いや。今のギルだと上手く行けば倒せるけど←

ここでメルト、痛恨のミス。
自分のレベル999だよと言っちゃいます。ドレインスキルで上げたんです。

回線も切られていましたが、なんとか復活。逃げられるルートをナビしてくれてすぐさま逃げます。

しばらく逃げますがはやり追いつかれる。ヤバいよヤバいよ。方向音痴な私は逃げている間はどこに行けばいいのー!!と叫んでいた。

イベント挟みます。


ここでワカメウォール、発動!!

実はシンジはこっそりメルトの階層に忍び込み、事前に罠を仕掛けていたんです。

そのワカメウォールの何回か発動のおかげでなんとか主人公たち逃げられます…が。なんとシンジがメルトと対面しているのが回線が乱れているせいか聞こえてくるのです。


メルトを煽る煽るシンジ。メルト、煽りに乗っちゃい、主人公が助けにきた時にはシンジにキレてついには攻撃。


これこそがシンジの狙いだった。


シンジはメルトウイルスを改造してデバフとしてカンストするまで自分で飲みきったのです。つまりメルトはドレインしたのがシンジの能力でもなくデバフ。しかもカンストしてるため、-999の負債をドレインしたのです。

レベル言っちゃってるしバレてるのでシンジはおそらく調整したんだと思います。煽ってるセリフでレベルについて言ってますから。

「全くさぁ、遠坂たちも考えが甘いんだよ。無敵をどうにかしたらでいいんじゃない。無敵が切れたあとの白野とのレベル差も考えておくのが一流のゲーマーさ。」

苦しげにシンジは言います。
メルト、幼稚で自分勝手な貴方に何故そんなことが出来るのと怒りながら言う。

「あぁ、僕は子供で弱者をいたぶるのは大好きさ。でもゲーマーとしてオタクの方針は我慢出来ない。それは実力あってのもの。借り物の性能なんて本当チートとかシラケるんですけど!」

「し、シンジー!!」

…えー、FGOのマイルームでアンデルセンいたら特殊ボイス聞けますね?あれはですね。このこと言ってるんです。

かつてシンジに負けたのです、メルトは。

撃破可能になったメルトは自分の心に閉じこもります。

主人公はシンジに駆け寄ります。
どうして、自分たちを助けてくれたか分からない。自分がシンジを殺したのに、と。

「今でもお前のことなんて大嫌いだよ。

…でもお前、泣いただろ。2回戦か3回戦のときに。僕のことを思い出して。そんなことで良かったんだ。聖杯戦争で優秀な記録を残す、なんてことは出来なかったけど、それだけは残ったんだなって。」

「本当に、本当に怖くて嫌だったし死にたくなかったけど…みんなそうだったんだよな。」

「お前が死んだら誰も僕の為に泣かないだろ。よく考えたらリアルな始めての友達だったし。だから、だから、お前には、残っていてーー」

シンジはいつもの皮肉な笑みのまま、消滅。
完全に表でも裏側でも死亡しました。


優秀な記録をネットでもなく確かに残したい。
そのためにシンジは軽い気持ちで聖杯戦争に参加しました。

ですが主人公に敗北し、死亡。裏側に引きずり込まれます。

様々な葛藤を抱えながらも自分にできることはこれだと覚悟決めたのがこの行動でした。これがなければまずメルトに勝てることは不可能だった。

優秀な記録を残せなかったけど、自分の為に泣いてくれた友人のために。彼は岸波白野を残したのです。

CCCのテーマは大雑把に言えば恋ですが。もう一つは漢たちの物語だとも思います。

これがレコードホルダーの礼装の由来。弱体付与確率アップなのもお分かりですね?
シンジが覚悟を決めた場面。

まさかシンジに泣かされるなんて思わなかったよ…。


カッコよかったよ、シンジ。


ではではシンジの紹介はこのあたりで。
お付き合い頂きありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何度も出てきて(ry その4 | トップ | ブログ設定安定しない(笑) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL