ナマケモノの戯言

型月系与太話など自分の趣味を気が向いた時に書いてます。※サイレント修正よくあります。

何度も出てきて(ry その4

2017-06-16 12:28:07 | Fate/EXTRA CCC


プロフィール画像いじってみたらなんかできました(笑)ウチのニャンコです。ベストショットであると自負してます←

さて、おなじみ登場人物紹介です。

この回だけはアンデルセン風はやめようと思いました(笑)

画像も前回使用したのをあえて使う徹底ぶりにしてみた。

さて紹介紹介…。
エリザベート・バートリー。

吸血鬼、カーミラの原点となった実在した女性。
FGOの紹介文、アレはバッチリエリザベート入ってますね。TYPESで知った。
ですがCCCでは14歳の姿で顕現してます。

CCCでエリザベートは初出演。
EXTELLAのヴォイドエリザベート見ましたけど…CCCやってると、あれ?なんか丸くなってるねぇ…と思います。

今、地味に初の4人同時進行でやってみていますがやはりメタぁなのがギルガメッシュ。

アイツのみしっかり一目で見抜いてます。

真名看破のスキルでもあるんじゃねーの…。

全知なるや全能の星A++ってあるらしいですね。そのおかげかな。

エリザベートはえーっと4回出てきます。
そのうち3回が敵として。

その三回目で題名にもあるように、

「何度も出てきて恥ずかしくないんですか?」

…って選択肢があるのです。FGOでも出たので勘違いされやすいですが(笑)CCCが初ですので注意。

1回目、マスターは凛。

コードキャストでは女王ビーム!!とかガンド打ってきます。本当はセブンズカラッククラッカー…だっけかな。それです。なんかマスター共々残念な感じになってます。

セリフがね、残念…。

サーヴァントによって変わりますが、消費税云々とかも言い始めてこのゲームはなんなんだ…(笑)と笑えるので比較しながらやるのも楽しみ方の1つです。

借金取りになるガウェインとハーウェイの闇を知れるのもこの1回目。条件ありますけどね。以前にも書きましたが。

私のCCCカテゴリーの記事が丁度1年くらい前のものなので、まだ型月のみに絞り込んでないために読みにくいものが多めです。申し訳ないです。
まぁ、さらーって読んでもらえれば(*゚▽゚)ノ
私は書きなぐりたくて書いてるだけですので(笑)

話戻しまーす。

二回目に凛に会った後に探索せずに旧校舎に帰還して生徒会室に戻ってきてレオに話しかければOK。返済要求されて拒否すれば借金取りのガウェインと戦えます。

私は必ず戦ってますね、楽しくて(笑)

エリザベートの1回目は宝具ではないです。強力なスキルのみ。

二週目なら楽勝なので大丈夫大丈夫。サラッと倒しましょう。

2回目はラニ。

この階層で本来のマスターどうしたのかを知れます。いやー、まさか復刻ハロウィンでヴラド(槍)がこれを記憶してるとは思わなかった。

実は、マスターはランルーくんだったらしいです。(無印知らなかった私には当時はちぷんかんぷんでしたが調べたり見たりして分かって驚愕

ですがランルーくんはBBに取り込まれることを拒否。エリザベートは自分が死ぬとか有り得ないと思い、マスターを殺害。BBに自分から売り込みに行きます。

これが元ネタです。
この当時はエリちゃんFGOでは記憶していないみたいですからね…今はバッチリCCCの記憶ありますよ。与太話で書いてますので省略。
なので、何が主軸なのか。やはり世界観はFGOはかなり入り組んでますね。

ギルガメッシュの場合のみ、生徒会室でシリアスな場面を挟みます。

ガウェインは裏切りとか有り得ねぇしなんで良しとしたんだギルガメッシュみたいなことを言います。
ですが、いやこれは裏切りとは違うぞとギルがバッサリ切り捨てる場面ありだったりします。しかもあんたガウェインのマトリクスデータ持ってるんかいと思いたくなるような発言もする。

ガウェインの願いを正しく見抜いていたんですね。この辺りに菌糸類のこだわりというかギルガメッシュという英雄をこう描きたいというこだわりを感じます。

まぁ、ラニの階層。
動画で予習はしてはみてはいたものの…(前にも書いた通り管理人はCCCみたいなゲームはプレイがめっちゃ苦手です。なので大抵予習します。

「パンツ 履かせ ない」

ハッチャケ過ぎ…(笑)

最初はザビ子、次はザビ男だったはずなのでザビ男の場合…あの、すみません。中の人女性デス。あのーカメラワーク…(笑)

セクハラになるよ!あれ(笑)

味方がいないという…レオは笑うし…ガウェインは天然だし…。
代わりにザビがサーヴァントによりけりですが殴ってくれたりするんでありがとう…あぁ…安心した←と毎回なんか思う(笑)

あ、脱がないと進めないんであきらめましょうw

2回目はなんか宝具撃ってくるー!
しかも麻痺とか止めて!と当時は何回も思いましたねー…。

ランクDの宝具。竜鳴雷声(キレンツ・サカーニィ)

何故かこっちの方がランク高いという謎。
コードキャストは女子力アップ。トレーニングを推奨します。とかなんとかラニがやはり壊れている(笑)

耐久と魔力上げくらいしかしないのでどっかの神父のようにコードキャスト(物理)はないところがこちらとしてはありがたい。

んで、まぁ普通ならここで終わりなんですが…。




「ヤノーシュ山から貴方に〜(ボエー)」

この辺りからはまっさらな状態だった私にはあの歌声はギルガメッシュ…まってくれ。黄金Pはいらん…私が私が教師になる!…(完全にただの管理人)になってました。
音痴が演技なのは分かるがエリザベートとしてだけ見るならそこに座りなさい!(音大卒辛い)
になっていましたね。

あ、もちろん選択肢。

「受け付けるのはアイドルに相応しい質問だけよ。今後の予定?スキャンダルの真相かしら?」

ピコンピコン…←カーソルを黙って動かす。

三つ目。ポチり。

「何度も出てきて恥ずかしくないんですか?」

「それ質問してるふりして辱めてるだけじゃない!は、恥ずかしくなんてないわよ!」

管理人
( ˙-˙ )ふーん。←ザビより酷い反応でした。

三回目。

マスターはなんとシンジに変わります。
ちなみにこちらだと8歳のゲームチャンプ&天才児
。アバターはSNっぽいですが中身はガチのお子様です。

それにしても二回目がいやーザビ殺す気か(笑)

エリザベートが作った飯を食います。
あ、普通の人間だと間違いなく死にますので夢を見てはいけない。エリちゃん可愛いですよ。うん。でも現実を見なければならない。

しかもマスターMPもあるんですが、どんどん減るという仕様。ガチかよ。
テロい、ドロいといった新たな単語をザビが生み出す。…意味がわからん。

エネミーもこの階層辺りからかなり強いんでコードキャストで支援したいのになかなか出来なくなるのやめて_| ̄|○ il||li

必ず泉みたいなとこで私は回復してます。麻婆豆腐食べるのもありですね…。あ、この階層攻略時点で売店には品物がありませんのでさっさと買っておくべき。
生徒会のメンバーの助言は聞いときましょう。

この階層でエリザベートの料理がどんなものか、CCC√と鯖エンドで知ったり知らなかったりします。

てなわけで、可愛いとこもあるのですがだがしかし。

人間を人として見ないというところがあるので…
あくまでも一面というだけなんです。それがある限りアウト。

三回目、桜の電脳体の中で決着。マスターがメルト。

クラスがバーサーカー。しかも意思の疎通が可能というおかしな話。対魔力Aだからだろうな…。無辜の怪物による変化もあるでしょうね。

ここで何故かこっちの方が強いのにランクがEの宝具。
鮮血魔嬢に変化。城を出した時が彼女の本気。毒と超音痴攻撃でゴッソリHPやられますが、オシリスの砂塵で毒は防げます。

マニアックだと大体一ターン目、2手目くらいに宝具きます。最初に対策しとけばOK。

追い詰められているので声優さんの演技凄いですよ。めちゃくちゃ余裕がないのがわかる。カーミラより…かもしれない。




自前写真。
ちょっと見づらくてすみません。

カーミラの説明文はこのセリフからでしょうね…。エリザベートは生徒会室の2人によって桜の電脳体から排除。永遠の檻に閉じ込められます。

パニッシュタイムでもザビですらこう告げて終わります。

「君は永遠に救われない。」

この世界では彼女が救われることはありません。
罪なき女性の血を絞って拷問とかしてましたからね。

この辺り知ってると、EXTELLAは丸くなってるねぇ…と感想持てるんですよ。



…が。

これでおわらないのがいいんですよ。

4回目。
なんと味方として助けに来てくれます。
しかも大人の事情はありだろうけど、めちゃくちゃ強い。

どの選択肢でも平気なんで遊びましょう(笑)

「正真正銘、これがラストナンバーよ。柄じゃないけど、生まれて始めて他人の為に歌うとしましょう!」

こちらのHPが減れば宝具ぶっぱなし可能。
バーサーカーの場合だけだったはずの鮮血魔嬢が使えます。

城を出してますので本気モード。
ザビの為に歌っているのでめちゃくちゃ上手いらしいです。


「文句ナシ。最高のステージだったわ。」


「アイドルごっこはこれでおしまい。」

永遠に救われない、そう分かりながらもザビたちからの言葉で自分の行いをまずは反省してからじゃないといけない。罪の償いを本当の意味でしなければならないときちんと自覚します。

そしてザビに後を託します。



この辺りを知ってるとどーにも嫌いになれない。
むしろ好きになれます。いい見せ方してくれますねー!ちくしょう!



とエリザベートの紹介はとりあえずこんな感じで。ではでは٩( 'ω' )و




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 控えめにいって尊い | トップ | 今回は登場人物について綴る... »
最近の画像もっと見る

Fate/EXTRA CCC」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL