ユキんころ☆

2008年9月からのサンフランシスコでの生活まで残りわずか!!大丈夫!?
…な日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

九州桜紀行1(IN 由布院・「わらび野」)

2007年04月12日 | 旅行
先日、九州に旅行に行ってきました。
由布院で2泊、雲仙で1泊の3泊4日です。
仕事がちょっと心配だったけど…。休み明けは、5時起きでがんばりますっ!

実は、正月以降全く休みが取れず、毎日明け方まで仕事をし、土日も休みなくがんばった彼が、本当によーぉやく休みを取れ、慰労会ということで一緒に温泉旅に出たのでした。


2人とも由布院は初めて☆ワクワクです。
お昼は蕎麦好きの彼に合わせお蕎麦。
だいたい旅行に出るとお昼はお蕎麦かな。東京でも「何食べる?」と聞くと、「蕎麦か肉」って答えているけど。。。
今回は、彼の慰労旅なので、彼の好きなように、が第一。

ということで、ガイド本に行列ができると書かれていたお蕎麦屋さんへ。
由布院の御三家のひとつ「玉の湯」さんのすぐ隣にある「花野」。

確かにおいしかったですよ~。
おつゆは、かなり濃い目。ちょこっとだけつけるみたい。最初に、いっぱいおつゆをお椀に注いでしまった私は、最後の蕎麦湯をしょっぱくて飲めず。後悔…。


さて!腹ごしらえしたら、本格的に楽しむぞっ!!
由布院は、のどかな原宿みたいな感じ。

ぶらぶらメイン通りを散策し、金隣湖へ。由布院に行ったら、このコースは絶対通りますよ。お店もいっぱいあって、飽きることはないと思う。でも、その通りを外れた川沿いの道も菜の花や桜が咲いてて素敵ですよ

金隣湖のそばには、由布院の御三家のふたつめ「亀の井別荘」があります。
敷地が広くて、メインの建物はどれかわからなかったけど、とりあえず併設されている喫茶「天井桟敷」へ食後のお茶をしに


窓側の席がいっぱいで、通されたのは屋根裏部屋みたいなところ。
あ、でも決して汚いわけではないですよ。ちょっと暖房のかび臭いにおいが直接当たって辛かったけど…、お店の人も最初にそう断ってくれたし、OKです。
写真の階段を上がります。
面白いのが、2階にはお店の人は上がってこないで、お水もおしぼりも、オーダーしたものも、専用のエレベーターみたいのであがってきます。子供は楽しいと思うっ。

私がオーダーしたのは、フレッシュな苺ジュース。
おいしい!幸せを絶対感じる味です!!
4月末までの限定なので、由布院に行かれる人は是非!



そうそう。町にはこんな馬車も走ってました。



さて、1日目のお宿は「わらび野」さんです。
以下、HP

http://www.qs-net.com/warabino/

とっても素敵なお部屋でした。離れになっていて、お忍びする必要もないけど、お忍びにはもってこいだと思います。

ちなみに、私たちが泊まったお部屋の名前は「まんさく」というお部屋。

大きなこたつのお部屋からは、竹林が見えて、何だか大人になった感じ。

ベットルームもあるし、露天風呂もついてるし、檜の内湯もついてるし、玄関は私の部屋位あるし。とにかく広い。
2人では持て余してしまいます。もったいないからと、私は結構歩き回ったけど。

あ、お風呂もかけ流しでした。さすが由布院!


お部屋に2つもお風呂がついてても、やはり広いお風呂には入らなきゃっ!
ってことで、大浴場へ。

大浴場は、こんなかやぶき屋根です。風情があるでしょ?
まぁ、田舎が富山の私は、それほど珍しくもないのだけど、彼はこういうところに憧れがあるよう。ちょっと、おじいちゃんくさい?


大浴場とお部屋を結ぶお庭も手入れされてます
ここも広~い!

ここはパブリックスペース。喫茶室です。
夜は暖炉に火がともります。
九州と言えど、夜はこれだけ広い部屋だと寒いんだよね。


あーとーはー、そうそう!お食事ですが、かなり美味しかったんです。
以前、母と「強羅花壇」に行き、温かなお皿を1品1品運んでくれたことに感動しましたが、こちらも、離れだと言うのに、頃合を見計らって1品1品運ばれてきました。では一部をご紹介。

何より驚いたのが、野菜嫌いの彼が、残さず、それも「おいしい」と言って食べたこと。
確かに、お野菜が美味しい!!大満足。
箸置もお花を使っていて、女の子はこういうの嬉しいのです。

お風呂も大浴場とお部屋のあわせて10回位入ってしまいました。
温泉に入ると、日本っていいな~ってしみじみしちゃいます。

「わらび野」さんは、今回の旅行の中で私は一番お気に入りでした~
おススメです!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京と神奈川県内の良い動物... | トップ | 九州桜紀行2(IN 由布院... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (saco)
2007-04-13 00:24:06
慰労会☆☆☆よかったねー。チャーチルさんも休まないとだもんね。ゆきとゆっくり温泉でのんびりできて心も体も癒されたとおもいます!それにしても、ゼイタクなおやどー。温泉最高!万歳!湯布院は一度だけ通過したことがあるだけなんだけど、一度は宿泊してみたいと思っているところです。続きの旅日記も楽しみにしてるね。
Unknown (yuri)
2007-04-13 13:31:12
ひょーー!
私たちも結婚前に湯布院旅行に行ったのね。
で、そのときのコースとそっくり!!
おそば屋さんまで一緒で、とっても懐かしく思いました。
川沿いは自転車でまわって、とーーーっても気持ちよかったの覚えているよ!!
ちゃーちる君、きっと元気いっぱいになった!?かな?
Unknown (ユキ)
2007-04-13 23:48:04
>saco
ふふふ。逆に疲れたっていう話もあるけどねー。私、運転できないし、助手席ですぐ寝ちゃうし。たぶん、時々イラついてたと思われる。
温泉はやはりかけ流しだと思うのよ。今回のお宿は、そこを重点で選んだんだぁ!大満足~

>yuri
本当?結婚前に行ったんだぁ!ユリに色々聞いておけば良かったわ。湯布院って、贅沢な温泉地だよねぇ。私今回初めてだったんだけど、温泉地でこんなお洒落なとこないと思う。ちなみに、チャーチル君はやはり、羽田に帰ってきたとき「旅行ってやっぱり疲れる…」ってボヤいていたよ。笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。