人形服から着物作りに

最初は人形服を今は市松人形の着物を縫っています。その他、コサージュ
帽子類も興味があります。縮緬細工も好きです。

市松人形が4体出てきて

2016-12-24 21:07:10 | Weblog
全部着物を着ていました。
何とか塗っていたのだと思います。
鱗模様の梅と桜の着物に桜の帯が
合いそうなので結んであげました。


他の市松さんにも帯は本当に落ち
ついて見えるのでプロの作品は、
違うなと思いました。


唯一結髪した市松さんは自分で作
った帯も箱せこも足袋もはいてい
て完璧でした。

これに合わせて帯揚げとかの長さ
も合わせて作りたいです。

着物の箱の中にあるのは本絹の
布ではないのが残っていたので
まだ12号が2枚と15号が1枚
残っているので、参考のサイズ
になるので、見本にして縫いま
す。
吹き布が欲しいです。

同じ人形師さんの作のお顔です
が一つずつ違うので揃うと何か
不思議です。

遠見で見ると市松人形は同じに
見えるのですが自分の家で見る
と愛着とか生まれてきっと違う
のだと思いました。

綺麗にうすば紙で巻いても、髪が
乱れるので箱に収める時気をつけ
ようと思います。

明日で仕事が終わるので、神棚と
か、身の回りを片付けようと思い
ます。

今日は姉が全快したので洋風の物
は無理なので、母のちらし寿司を
作ってあげました。
ケーキのないクリスマスは初めて
かもと思います。良かったです。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月は | トップ | もう日が変わり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL