人形服から着物作りに

最初は人形服を今は市松人形の着物を縫っています。その他、コサージュ
帽子類も興味があります。縮緬細工も好きです。

美容室に行って

2016-11-05 11:51:56 | Weblog
髪を短くして、さっぱりしました。
早速、ピン打ちに出掛けます。
それこそ、再直しで徹夜とかもなく
ビーズ付け直しもなくなるのではと
思ってしまいます。

相当偉くなられたので、時間は取ら
れますが、やってみることと思いま
す。

一番ふざけていたのは、ビーズの残り
も入っていないのに、両側で脇4cm
出せと言われて、似たビーズがあった
ので収めたら、今度は2cm詰めで早く
です。

妊娠中でウェストが仮縫いで毎回幅出
しを、言わないのがその部下となった
人で、一言言えば納得です。

もうこの間の総合支店長の、情報の出
しかたの上手なこと、きっと負けます。
スポーツウーマンであること等年代を
言わないとドレスの直しは無理です。

言わなければいけない情報と黙ってや
れとかいう高圧的な百貨店の旧式なや
り方は遅れていると思います。

百貨店でも変わってきています。

慢心しては、進歩はないです。
思い込みが激しい人なのでやりにくい
です。

さらにその下の店長も、全然、知識が
足りずにいるので、交代して欲しいで
す。それかもっと口先の人間でなくて
洋服の勉強をすることだと思います。

この人には、帽子のオーダーの話で、
さっさとやんなさいよとか電話で言わ
れて、趣旨が違うので驚きました。
渋谷の松〇町に住んでいても、職業が
普通の方と違うのでやはりと思います。


本当に先行き、嫌です。
その位の人が今先端を横行しているの
でしょうか。

宝石屋さんの店長さんには負けます。
三拍子揃っている女性でした。
標準語で話されるし、会話もテキパキ
していても感じが悪くないし、仕事に
関連したことを詳らかに伝えて下さい
ました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暖房器具 | トップ | 色々なことがあって »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL