人形服から着物作りに

最初は人形服を今は市松人形の着物を縫っています。その他、コサージュ
帽子類も興味があります。縮緬細工も好きです。

今日も材料を買いに

2016-10-14 20:55:34 | Weblog
話が半可通と連絡すると、伝票と
は大違いで、年中嘘が平気になる
と、紙に書くこともいい加減の様
で、材料を買いに行くのも嫌にな
ります。


それでも、材料屋さんに行くと新
製品が見つけられて良かったです。

良い縫い針が見つかってビーズ針
になる位、細いので針穴が大きく
使えそうです。


シュタイフのテディベアの紹介の
メールが毎日来るので誘惑に負け
そうです。

それでも、今は自分の市松さんの
着物を作る方が先なので無視して
います。


今晩から寒くなりそうで、毛布を
もう一枚出しておくことにします。

当分仕事が詰まるので嫌な事ばか
りだと思います。

20年以上前のアクセサリー見本が
出てきて、コレクションで使用し
たもので、服にきっちり合わせて
作ったものです。

いつも嘘つく人の上司に上げる事
になりコステュームアクセサリー
で使えると思ったら、癖があると
言われてしまいました。


日本の技術が生きていた頃の製品
今は中国、台湾製になって安っぽ
くなりました。

姉だけが、昔に頑張って今に通じ
るアクセサリー作っていたのねと
言ってくれました。

もう人に上げることもなく、全部
とっておきます。
和風のシリーズは、金沢の漆専門
のお店のブローチ類より形が新し
い感じがしました。
漆の技術は素晴らしいでしたが。

これだけ感覚が違う人と仕事をし
ているのだと感じました。

若い人は、とても喜んでくれまし
たが、古い感じがないのかなと思
う事にします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう日が変わりそうで | トップ | 毛布を洗濯して »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL