創ってみようかな

日々の物創りを書きとめようと思います

一年もほったらかし、、

2017年07月17日 | 夏の糸

~ 麻紺のテーラードジャケット ~







後ろ見頃と左前身頃は編めていましたが日付を見ると何と、丁度一年前の事でした
この夏何とか着たいと思い、慌てて編んでいます









でも模様を思い出すにも時間がかかるし、同じ様に編んでるつもりがなぜかキツクなってるようです









糸は麻100%の細い糸で触った感じが硬い感じがする、しっかり編むには指が痛くなってきます
身頃は模様編みで上衿は長編みと細編みの繰り返しです
一重の衿だからペラペラするんだけど、糸が硬いので大丈夫かな?









縁編には二色の鎖の交差編みでボリュームを出してみました
鎖目は4目(5目だともう少し高さが出ます) 土台の目は3目飛ばしで、その真ん中に色違いの鎖が入ります
糸がくるまらないように、糸口を手前・手前に移動しながら編むので凄く時間がかかるんです
でもこの編み方は表・裏とも面白く、衿には丁度良くてお気に入りなんです









縁編は編み地の表を見ながら編む事が多いけれど、この模様は裏を見て編むのもお勧めです









今は残りの両袖を頑張っています  その袖の長さも迷っていて、、
七分袖が良いかな?とか、イヤイヤ紺色のきちんとしたジャケットで長袖の方が良い?? とか、、








私、ブラウスやシャツが余り無くて、この暑~い時期にもニットを着ています
↑の様な和紙や竹などの指定外繊維や麻素材は、肌にまとわり付く事無くジャケットでも快適なんです









今日もこのウイング衿のジャケットでしたが、着るほどに体に馴染んでくるし
洗濯は手洗いですが型崩れも無いようです









今回の麻紺も帽子だけは先に、(一年も前に)出来上がっていました








さて これは昨年開かれた、「宮川 香山」没後100年 の展示会の図録です
凄い技術の作品を目の当たりにして、圧倒されてきました
勿論、真似なんて出来ないけれど、この猫ちゃんを作ってみたくて。。









土は半磁器土で、サイズは横15㎝程です
実物も高さ30.6㎝の水差しだからそんなに大きな猫ではありません








でもでも、これは何てブサイクな猫なのでしょう!!
猫を作ってるのに何故か、、犬になる!  いやぁ、鼻先が違うでしょう!

猫って、目や鼻・口のバランスが一番人間に近いんですってね
私の和紙の灯りの中でも、 が一番多く、表情もポーズも変化があって面白いモデルさんです




「今日の灯り」

~ レース編みの灯り №2 ~













土の薄い青と和紙のぼかしの青とが、思ったよりうまく合って
レース編みを被せなくても良かったのですが、、
こちらの”レース編み の 灯り №2”からもご覧下さいませ



ホームページにジャンプします
いつも見て下さって有難うございます



『手芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パイナップル編みのシェード ... | トップ | 夏物チュニック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夏の糸」カテゴリの最新記事