ゆきちゃん通信++日記++

自閉症の娘、由紀子の毎日を
母親(tomi)の目を通してお伝えします。

今月もやってきました。

2017年09月18日 | ゆきちゃんの日記
台風は少し風が強くなった程度で
通り過ぎて行きました。

由紀子は午前中はずっと寝ていたので
平和でしたが
夜になって、急に不安定になりました。

夜中も目を覚まして泣いていました。


カレンダーを見たら
生理の予定日まで1週間を切っていました。


あぁ・・・PMSの末期に入ったんだぁ~~!
(;-ω-) =3 ハァ~


デイサービスでも動きが鈍くなってきているようで
お弁当を取りに行くお仕事も
先週末からできなくなっています。

帰りもデイサービスの車から


「ゆきちゃん、泣いちゃった!」
(=´;ω;`=)ニャン・・


と、涙目で言いながら降りてきました。


途中で泣き出して
車の窓を叩きながら帰ってきたそうです。

(ノ_-;)ハア・・・

母の体力が戻るのを待っていたかのように
PMSとの戦いが始まりました。

残り1週間!!

今回は、母がつぶれないように
気を付けながら頑張ります!!


=END=
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰れま10 | トップ | うれしい言葉 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真我の子なんでしょうか (麦)
2017-09-19 22:21:59
ゆきちゃんのお話は毎晩読ませていただいています。

ヨガの教室で瞑想をする時
師匠に
自分の奥にある
生まれたばかりの純粋でありのままの自分を探すように言われるのですが

まさにゆきちゃんはそのままなのでしょうね

こんな言い方では語弊がありますが
梅干しの種を割ると
中に柔らかくて観音様の形をした胚芽がでてくるのですが
ゆきちゃんのことを思うとき、そのイメージがあります。

私達は種の殻や果肉に守られているけれど
ゆきちゃんは種の中の胚芽のまま
何からも守られないで、たくさんの刺激を受け止めながら
ピュアな状態で外気に晒されて
本当にひりひりするような毎日を
一生懸命生きているのですね。

tomiさんの日々の記録を読んでいて
そんな理解にたどり着きました。
違っていたらごめんなさい
麦さんへ (tomi)
2017-09-21 00:41:54
そう思っていただけたら
嬉しいです。

由紀子は自分の感情に正直に生きているとおもいます。

由紀子のイライラの原因がなんとなくわかるのは
私たちがその感情を押し殺しながら
生きているからかもしれません。

時々、由紀子の様に
「つらい~!」と言って泣けたら
どれ程心が解放されるかと思う時があります。

コメントを投稿

ゆきちゃんの日記」カテゴリの最新記事