暖簾に腕押し日記。

毒吐き独り言ぶろぐ。
ほのぼのと毒が交互にやってきますよ。
最近は引っ越して少し広くなったベランダ遊びにハマリ中。

しょっぱい話も増えるよね

2015年08月27日 | 日記
6月に脳梗塞で倒れた祖父のお見舞いに行ってきました。
いまはまだ帰途の途中ですが。


90過ぎても言うことも身体もしっかりしていた爺さんですが
東北人で漬物にも醤油をかけて食べるような濃い味過ぎがたたったのか

見た目は病院食で健康的になっていましたし
目力もあって喋りもしっかりしてるのでパッと見は大丈夫そうに見えるのですが

言ってることはすっかり認知症でした

喜怒哀楽が出やすいほうの脳梗塞だったようで
ずっと同じ事を言っては理解してもらえないので怒り
先日うちに遊びにきた甥っ子姪っ子(爺さんの曾孫)の写真を見せると喜び笑い
帰るねまた来るねと言うと手を握って泣き


人間はそうそう思っているように綺麗には死ねないものだと母のときにわかってはいましたが


寂しいことです(´Д` )


それでも私は祖父と暮らしていく立場ではありませんから
せめて時々は向こうの人達の迷惑にならないタイミングで
お見舞いに行ったり婆さんの話聞いたりして
気分転換の手伝いでもできたらいいなと思います。


いずれ私も直面する日が来るでしょう
旦那の親は、子供の世話にはならないとか言うんだけどね

自分の老後や病後が自分の思うようになる、する、だなんて

そんなの幻想ですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんちゃってロースト実験ビーフ | トップ | 生き返ったかんじ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事