暖簾に腕押し日記。

毒吐き独り言ぶろぐ。
ほのぼのと毒が交互にやってきますよ。
最近は引っ越して少し広くなったベランダ遊びにハマリ中。

みのやりすぎ!

2008年01月17日 | 日記
今朝は2連投。最近サボってるし、書きたかったし。
ムラがあるのいかんですね。


うちは朝、
だいたい7時半頃に身支度しながらテレビつけるのですが、
その時間ってズームインとめざましはエンタメニュースなんですよね。
NHKは各地からの話題をどうぞ~な時間になっちゃうし。
なのでいつも朝ズバつけてるんですが。

今朝のみのもんたは酷かった・・・

朝ズバはニュース番組じゃなくてワイドショーだ、
とみのさんが言ってるので、まぁそれを前提としてもですね。

芥川龍之介の板(みのさんが持って読んでるやつ)の写植が
芥川泡龍之介になってるのに気づかず読むし
(コメンテーターに指摘されるまで気づかないなんてそれってどうよ・・・)

まぁこれくらいは進行上のことなのかもしれないのでいいんだけど。
超イヤだったのがモナリザのモデルの話の時。


モナリザのモデルがジョコンド夫人だ、
ってのは今までも一説として言われていたのですが、
(私のネタ元は旦那の持ってるギャラリーフェイクなんだけども)
ドイツの図書館でその根拠になる書類が見つかったとかで、
みのさんがモナリザの絵を持って説明してたのですが。

あの微笑を専門家が解析したら(うろ覚え)、
幸福38% 恐怖?% うんざり?% 怒り2%
っていう解析結果が出たそうな。
その説明に、みのさんが、

「恐怖」「狭い小屋に(画家と)ふたりっきりじゃねぇ」
「怒り」「早く書いてよ」

などと勝手な想像で説明してたのです。

テレビの司会者が何を自分勝手な想像で解釈して説明してるの!?


私は美術には疎いんでそういった想像してしまいますけどねーとか、
そういう風に思ってたかもしれませんねとか、
「これは私の勝手な想像ですけど」的なことは何も言わないんですよ。
みのさんは、
自分の発言がオバサン層に絶大な威力を持ってるって知ってるだろうに。
事実でもないことを勝手に断じていいと思ってるのだろうか?


それでも日頃の事件に対しては、
所詮ワイドショーなんだから仕方ないとも思えますが、
これはひどい。超イヤだった。なにこいつ。


狭い小屋にダヴィンチとふたりきり、じゃないかもしれないじゃないか。
お金持ちの人が自宅に画家を呼んで肖像画を書かせる、
なんてことは普通にあっただろうし、
それなら周りに使用人がいただろうし、
一日で描き上げるわけじゃないから、機嫌の悪い日もあったかもしれないし、
そもそもそういう状況による恐怖や怒りじゃなくて、
そういう複雑な内面をもつ女性だったのかもしれないじゃないか。


朝ズバって、コメンテーターはみんなマトモで、
ちゃんと冷静なコメントするのに、
なんでみのさんはいつも自分コトバにしちゃうんだろ。

単にわかりやすく説明する言葉じゃなくて、
意識的に微妙に意味を変えたり、
それまで出てきてない言葉を勝手に付け足して、
不特定多数の大衆により受け入れられるように改ざんしてるんですよ。



ムカついたんで8時になったらとくダネに切り替えた。
あー小倉さんはいいわー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 踊りすぎで筋肉痛だ | トップ | 特急3時間半の旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事