暖簾に腕押し日記。

毒吐き独り言ぶろぐ。
ほのぼのと毒が交互にやってきますよ。
最近は引っ越して少し広くなったベランダ遊びにハマリ中。

面従腹背

2017年08月17日 | 姑舅話
この前、旦那実家の皆さんが来た時に持ってきてくれた鮎。



田舎の親戚が釣って、お腹出して冷凍して送ってくれる天然鮎のお裾分け。

ほんとは鮎はお腹入ってるほうがいいんだけど、義母が捌いたりするの苦手だから、長年そうしてもらってるんだろうな。残念だけど、いただくもの(美味しいもの)ですから、有難いです(*´∇`*)塩焼き美味しかったー!


と、御礼申し上げておいてですね。


この前皆さんが来た時に、義母が寝てしまっている間、旦那と義姉が楽しそうに話していて、それは良かったのですが、

起きた後にですね、

ここんちでは、いつものことではあるのですが、、、

義父の悪口大会が始まり、、、



もうね、子供の頃から夫婦仲が悪くて、母親が父親の悪口を子供に言いまくって育てたわけですよ。お父さんみたいにはならないでね、って言って育てたわけですよ。

で、義父は単身赴任だったから、義父がいる時だけ大人しくして言うこと聞いてチヤホヤして、いなくなったらまた悪く言うサイクルだったようで。

だから義父がいないと、今でも3人で悪口大会が始まる。


悪く言ってても、親だからそれだけじゃなくて、ある種の愛情はあると思いますよ、聞いていると。もし私がけなしたら、怒るだろうしね。実際は私はただ聞いているだけですけども。


でもさぁーーーーー


何だろ。。。私もうまく説明できるわけじゃないのですが、、、

聞き苦しいし面倒くさいしそういうのに関わり合いになりたくないのです(´Д` )


孫ちゃん達の前ではやめたまえよ(´Д` )
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨季なの?

2017年08月16日 | 姑舅話
毎日雨ばっかりですねー(´Д` )

涼しいのは助かるけど、これは野菜が高くなるな。もう始まってるけど、まだまだ。


盆の義実家詣宿泊は今年はなく、逆に向こうが来ました。

なんでも姪っ子ちゃんがオタク趣味になりつつあり、何やらうちの旦那に聞きたいことがあるんだとか。

だったんだけど。

義父は来ず(お酒関係の準備しないで済んだからラッキー✨)、

姪っ子ちゃんは、今ハマってるのがラブライブらしく
(えっ!?あれって典型的な独身オタクやオサーンオタクがハマるもんじゃないの???なんで小学校低学年女子が???)

しかしうちの旦那はラブライブ全くわからないので、それで話は終わってしまったようだ(´Д` )

そんなの、義姉からラインで、ラブライブわかるー?って一言事前に聞いてくれたら良かったのではないだろうか、、、

まあ、私としては、泊まりで義実家詣しなくて済んだからラクでいいんだけどね。

いつもこちらが義実家泊する時は、食器洗いとかいろいろしてもやっぱり暇な時間ができるから、姪っ子ちゃんの室内遊び相手してるんですね。だから、うちにきたらもっと遊んでもらえると思ったのかもしれない。でも残念、ホスト側は忙しいから子供の遊び相手はできませんわ。

もうそろそろ、友達と遊びたいし習い事もあるからおじさん家なんて行きたくない、くらいになってくれたらいいと思います。姪っ子ちゃん達はかわいいけど、友達いないから大人に遊んでほしいなんて、良くないことですからね(´Д` )うちはお年玉しかお小遣いもあげないしねウフフ(*´∇`*)


今回は久しぶりに旦那が義姉と昔の話をして楽しかったみたいで良かった。(義母は昼ビールにやられて寝ちゃったからね)大人になって、結婚してしまうと、互いの相方や親や子供がいたりして、なかなか姉弟で話すこともなくなりますからね。よくわかるよ。良かったね(*´∇`*)



しかし驚いたのは、上の姪っ子ちゃんは小学生なのに、えらい好き放題させてるんだなあと、、、

お持たせ土産にケーキ買ってきてくれたんですが、そのうち3個がカスタードもののタルトだったんですね。それを、自分と母親とばーばに置いて、全部少しずつ食べるのかと思いきや、全部のケーキのカスタードだけ食べる。タルトもフルーツも食べないで残す。(めっちゃ汚いことになる)

それはあかんやろー。

苦手なものが乗ってたりすることもあるし、食後のケーキだし、まるっと全部ひとりで完食しろとは言いませんが、カスタードだけほじくって、グチャグチャの食べ残しを人に渡すとは、、、

揉め事面倒だから言いませんよ。言いませんけども、どうなのそれって思ってるし、面倒な子供になっていくなら今後面倒もみないよ。親戚なら冠婚葬祭、いろんな場面が出てくるけどね。



今後のためにメモ。

ピザはMサイズ2枚。ミートソースは皆食べる。パスタは4人前だと少ない。おかわりは伸びてても問題なし。

煮込み系は27品目入ってないコンソメ使えば、アレルギー姪ちゃんもOK。ベーコンやウインナーは卵白使ってるの多いから、ダシがわりにすることはできない。

アレルギー姪ちゃんはお肉好き。今回は鶏肉をカレー粉で炒めて(ルーじゃなく粉)、玉ねぎりんごすりおろし&コンソメショウガ醤油で煮込んだ。めっちゃ食べてくれた(*´∇`*)

ラブライブ姪ちゃんはカスタードが好き。(まあ子供の好みはコロコロかわるけども)義姉ちゃんは生ハムマリネ大好き。
おけおけ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坊主○○けりゃ袈裟までなのね

2007年02月13日 | 姑舅話
連休も終わり、大阪はなんだか暖かい一日でした。
暖房いらないくらい。


結局先週の木金と、お葬式で舅実家に行ってきました。
東北の片田舎。

うちの叔母の時もそうだったんですけど、
仮通夜→火葬→本通夜→葬儀→納骨→法事を、
4日間通しでやるんですね。
なので友引とか関係なく日程組むらしい?
叔父の時は通夜→葬儀→火葬とスタンダードだったので、
東北でもいろいろ習慣があるんだなぁ。

今回私達は後半2日間(火葬後)から出席したので、
なんと旦那はおじいさんのお顔が見られなかったのです。
それでいいのか?・・・本人はいいって言ってるけど・・・
私だったら超ブルー・・・
だって二度と会えないのに。


葬儀法事以外は全部舅実家宅でやりました。
でも台所では親族や近所のおばさん達が忙しく働いていて、
それ以外では男性陣がかなり働いているので、
孫たちは基本的に所在なく、
年配の人を見てこういう時の流れや仕事を覚えるくらい。
食器出したり下げたり、お手伝い程度。まぁいっか。

で、自宅には泊まりきれないので、
親族や私達ふたりは近くの温泉宿をとってもらえました。
なかなか立派な宿で、町営なんで安かったんだけど、、、
こういう市町村経営の施設が日本中にいっぱいあって、
毎日じゃかじゃか赤字をうんでるんだろうなぁってカンジでした。

翌日、葬儀などは滞りなく終わり、
精進落としのため、またみんな舅実家に戻ってきました。
なんでも全部終わるまでは、肉・魚・酒は口にしちゃいけないんだそうで、
ここでやっと色々食べられました。
そういや前の日はそういうのなかったな。
でも、舞茸とか山菜がすっっっごく美味しかった!


そして、久々に集まった孫たちはお酒飲みながら喋り、
(私は運転手なのでお茶)
いろいろ話を聞いていたら、姑の声が。
「ゆきほ、こっちにおいで」

は!?

よ・・・呼び捨て???

かなりびっくりしたけど、呼ばれたので行きました。
そしたら旦那の伯父がきて、
なんでも、旦那が大好きな川魚をくれるらしい。
近くの川で釣った、天然のイワナとヤマメと鮎の冷凍したやつ。
綺麗な色!
もう見るからに美味そう・・・

で、おじさんが処理の仕方を教えてくれた後。
おじさんが、じゃあ持って帰りやすいようにしておくから、と言ったら、
姑が、そんなとんでもない!自分たちでホームセンター寄らせます~
おじさんが、イヤ飛行機乗るんだしちゃんとしておいたほうが・・・
姑が、ホントにとんでもない!ね、自分達でするわよね?

イヤ私は別にどっちでもいいんだけど。
私だけ呼ばないで旦那も呼べば話早いのに。
せっかくおじさんが、
「久しぶりに来たかわいい甥っ子のために!」って張り切ってくれてるので、
おじさんのしたいようにしてもらって、
喜んで有難く頂いて帰るほうが失礼じゃないと思うんですけど。
でもここの家と親戚付き合いするのは姑なんで、
姑の言うとおりに返事しておきました。
(でも結局帰り際にはパッキングされたものを頂いてしまったんだけど


以前、姑から、
この舅実家のことは耳にタコができるくらい聞かされており、
貧乏で貧乏でものすんごい田舎で地味で偏屈で
お姉さん(旦那の義伯母)なんてすっごい老けてて腰も曲がってて
うんたらかんたらぐちぐち
・・・と先入観あったので、ちょっと緊張して行ったのですが、
別に何てことはない、
確かに田舎だけど素朴で暖かい人たちでした。

私達がしょっちゅう親戚付き合いする立場じゃないからっていうのと、
孫の代だからってのはあるだろうけど、
それを差し引いてもやっぱり、
姑の言うとおりの人達だとは思えなかったのです。
って帰りに旦那に言ったら、
「かあさんはちょっと差別的なところあるんだよ。地味な人嫌いなんだよね」

なんだ、やっぱりそうなんだ・・・


舅実家は、兼業農家なんだけど、農業はもう自宅で食べる程度だけのお家。
平日はおじさんは勤めに出ています。
家は、古いから綺麗ではないけどそこそこ広いし(家で葬式できるんだから)、
借金があるわけでもない。
田舎なのは別にいいじゃん。ていうか本人達の問題じゃん。

まぁ、過去に何か、イヤだって思うような事があったのかもしれないし、
嫌いな理由があるのかもしれませんが。
でも私から見たら、田舎だろうが少々貧乏だろうが、
人に迷惑かけるわけでなかったら何が問題なのかわかりません。
むしろ、出自に関することで人をあげつらう姑のほうが・・・


なんにせよ、今まで話70%くらいで聞いていた姑の話は、
今後は30%くらいで聞くことになりそうです。
ってか、しばらくふたりで会うのはパス。
今回の愚痴で何時間も引っ張るだろうから。と旦那に伝えておきました。


そして、呼び捨ての件は、「無事帰りました」メールの時に、
もしかして呼び捨てで呼ばれたような・・・?聞き間違い?
抵抗あるんでそれはナシで・・・
などと言ってダメ出ししてしまいました。
私も相当気が強い嫁ですねぇ。でもイヤだもん。


今回はすっごく疲れたけど、
旦那がちゃんと話を聞いてくれたので、精神的にはそんなに疲れなかった!
↑に書いてあることほとんど話せたし。
うちの母親のお墓や祖父母の家も、ちょこっとだけ寄れたし。


あ、くだんの川魚は・・・
すっっごく美味しかったです!

また行きたいくらい。
てか来年母親の13回忌だし、そのついでにいろいろ泊まろうかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やはり求めるものは「嫁」

2007年01月05日 | 姑舅話
お正月。
私にとっては、昼は友人に会い、夜は舅の酒の相手をし、
合間に姑と話をする、とバランスのとれたお正月だったんですが、
旦那はちょっとツラかったみたい。


旦那も友達と麻雀したりしたけど、
ほぼ2日間は、私のいない、親子水入らず時間がありました。
それがどうも楽しくなかったようで。
親に、私のことでいろいろ言われたようでした。
とりあえず、

舅姑「○○家の嫁なんだから○○」
姑「息子からでなく嫁からメールがほしい」
姑「フリでもいいから誘ってほしい」

は旦那から聞きました。
でもそれだけでダンマリ。もうこのテの話は、ちょっとも嫌みたい。

でも、言われた以上、
その反応をどうするか話し合わなきゃいけません。
大事なのは、私達ふたりの意見を合わせておくことですから。


で、一旦時間を置いて、旦那と再度話をした。
お正月対応は今回ので問題ないらしい。
舅がとっても楽しそうだったので良かったわーとのこと。
やっぱり舅を怒らさないことが最優先な家なのね。
さて。


舅姑「○○家の嫁なんだから○○」

具体的にどうしてくれっていうわけじゃなく、意識の問題なようです。
でも、きっと今の子は・・・って話になったみたい。

ま、これは、恐らくお互い相容れないことをわかっている。
うちだけじゃなく、世代間違和感なので、
友人や会社の人や、いろんなとこで聞き、皆言うことだし。
だからこれは真っ向勝負しない(親父とは真っ向勝負中)。
聞き流す、お茶を濁す方針になりました。


姑「息子からでなく嫁からメールがほしい」

昨年は、私はほとんどメールしなかったんです。
すると、1メールが携帯小文字で3画面分×3 くらいのを、
何度も何度もやり取りし、しまいには来月大阪行くからお茶云々、になるんで。
お茶の予防のため、ほとんど旦那からメールしてもらいました。

幸い向こうから送ってくることもなくなり、
ベタベタ姑嫁関係が一旦リセットできたんで、今年はほどほどに出します。
とりあえず、空港着きましたメールは私から出したのでOK。
今後宅配便とかで、これはいらない等のマイナスメールは、
旦那が出すことになりました。


姑「フリでもいいから誘ってほしい」

いや、それフリで終わらないから絶対。ビシッ!(ツッコミハリセン)
これは、1対1では相手しなくていい状態継続になりました。
どのみち舅がいるところでは旦那も理由を話せないので、保留です。
もし、なんでなんで言われたら、
落ち着いて3人で話し合う機会・・・は無理そうな気がするけど・・・
一度ちゃんと話す必要があるでしょう。
具体的に○○して、ははぐらかすのも限界ありますからね。


お義母さんにはお義母さんの、これまでの苦労や色んな思いがあると思うけど、
同じように旦那にもそれはあって、溜め込んでるものがあって、
私は旦那のそのドロドロしたのを受け止めてあげるのでせいいっぱいです。
できた人間じゃないので、お義母さんのまで頑張ったら私が潰れちゃいます。
私が結婚したのは旦那で、お義母さんじゃないんです。
これからもずっと旦那だけの味方でいたいし、旦那は大事にします。
それじゃダメですか?

・・・って言いたいんだよね。でも無理だろうな。
旦那は、
「無理。抽象的なことは理解できないから絶対無理。幼稚園児と一緒。
 なんで私を受け入れてくれないのウワーンってなるだけだよ」
と言ってます。


そうか・・・無理か・・・
じゃあ「みんなで行きましょう!」「みんなでならいいですよ!」
と返事することにしよう。とりあえず。なんで?には返事しないで流す。
・・・流せるかな~?押しの強い関西人だしなぁ。

ま、きっとここまで回復するにはまだ時間かかるでしょうから、
しばらくは大丈夫。



今回は旦那が頑張ってくれたようです。ありがとう!
頼りになってきたカンジで最近は安心していられます。
旦那が味方してくれるから、舅姑のコマゴマも気にならないで流せるんですよ。
最近、2chの嫁姑話見なくなったし。平和です。

今年一年も頑張るぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます☆

2007年01月04日 | 姑舅話
あけましておめでとうございまっす!
今年も徒然マイペースによろしくお願いいたします。



さて年末年始。

体力不足のため温存しつつ年末を迎え、
30~2日は関東に戻っていました。
東京ではなく神奈川と千葉なので、東京というのも何だなぁ。


泊まりは全部、旦那の実家にお世話になりました。
うちの親父、クリスマス過ぎてから言い出すんだもん。
泊めてくれるんじゃなきゃ行かないって言ってんじゃん。却下。
どうやら来年は泊めてくれるかもしれないので、
疲れるけど1泊くらいは行くか。

ま、疲れて二度と行きたくないと思いそうな気がするけど、
それでも旦那の実家は
「うちの嫁は実家には寄り付かない」
→「うちにもらった嫁なんだからそれでいい」
な図式になるんで予防線。
実家って、自分の立場を弱くしないために必要なのさ。


とはいえ旦那の実家では相当気を遣ってくれて、
歓待してくれました。
義父はまだ現役なので、正月の食べ物も超豪華だし。
特に毛ガニと響の限定ウイスキーが素晴らしかった


本当にありがたいことです。


そして今回は、自分のペースを崩さないでいくことにしました。
以前は、舅姑のハイテンションについていこうとし、
話は真っ向からきちんと聞こうとし、
向こうのアクションのひとつひとつを受け止めていたので、
ものすっっっごく疲れていたんです。

でもそれは自分の問題なので、
今回は、あー2人共テンション上がってるなーと眺め、
話は適当にかいつまんで聞き、
カニに集中したりテレビ観てたら、あー聞いてなかった状態。
お菓子やコーヒーの勧めもいらない時はいらないと言い。

あとは、私が食器洗ってる間に姑は洗濯干したりと分担できたし、
下着も洗ってください~って出せたし、
お風呂は適当な時間に入れた&いつも最後ってわけじゃなかったし、
いろいろと進化しました。
頑張ったよ自分


なので今回は、精神的に疲れず、楽しい年末年始になりました!


体力的には、連日友達と会ってまわったので、疲れましたけど。
でもそれも久しぶりで超楽しかった
スキー用品もいくつか新調したし・・・



しかし・・・

帰りの飛行機で旦那がイロイロと話し始めた。
やっぱりこれでもOKとはならないのね。

一昨年は姑のペースに合わせて疲れた年。
昨年は私のペース(用がなけりゃ連絡とらない)でラクだった年。
今年はどうなるかな。
互いの妥協点を、互いの真ん中に持っていきたいですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トラウマ?

2006年09月13日 | 姑舅話
先週、イヤ~な夢を見た。


会社で、勤務時間中に、
「○○さん(私)お電話です」
私「はーい」
「お母様から」

私「・・・・・ハ?」

母は死んでいないんすけど。
電話に出ると、お姑さん。

姑「もしもし?今日ね、○○なんだけど×××・・・」
私「・・・あの、お義母さん、仕事中なんで・・・」
姑「そうなの、ごめんね。でね、△△が○○でね・・・」
 「(続く)」
 「(もっと続く)」

私「あの!そんなことで会社にかけてこないで下さい!
  それに母ですって名乗るのおかしいでしょう!?
  切りますよ!」ガチャ。


それで目が覚めたんだけど。
何かイヤ~な重苦し~い夢で、
思い出してたらちょっと泣けてきた。


いくらあの姑さんとはいえ、
会社に電話かけてきたりはしない。
マナーはきちんとした人だし。
(仕事中に携帯メールはきたけど)
(返事がすぐ来ないってふてくされてたけど)


実際「おかあさんです~」って電話かけてこられたり、
私が新しいお母さんよアピールされまくったのが、
我ながら相当イヤだったんだな。


でもさ、最近何かされたわけでもないのに、
わざわざこんな夢見るなんて、
私って性格悪いなぁ・・・。


と思ったら、旦那が凝視していた。
話したら、
「トラウマなんだよきっと・・・」
と言ってよしよししてくれた。


ありがとう旦那。ごめんね・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いま明かされる事実

2006年07月16日 | 姑舅話
今日は旦那は、会社の人の結婚式行ってます。
朝、何気ないその人のなれそめ話の後、旦那が暴露した・・・


「俺らのことも、ずっと、別れたらいいのにって親に言われてたよ。
 親父は元々反対してたし、
 母さんには、遠恋してる時とか、
 もうそろそろいいんじゃない?って何度も言われたし」




そうだったんか・・・


旦那が舅とそのことでケンカしたのは知ってましたけど。
さらに舅がそのことを親戚に相談したとか。
向こうの家に遊びに行くようになってからも、
姑にそんなこと言われてたとか・・・
結構びっくりした



家に遊びにおいでって言ってもらったり、
夕食ご馳走になったりと、
気さくにしてもらってたから、心配ながらも公認なんだと思ってたよ。


そっかー・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のびのびしてたのに~

2006年06月28日 | 姑舅話

朝っぱらから久しぶりにマジメな嫁姑ストレスです
重いです・・・


姑実家のほうで、病気になられた人がいて。
姑実家は、うちから比較的近くで、
これから頻繁に来る機会があるようだ。


早速昨日、旦那の携帯にメールがあった。


その人の病気の経過の話と、
自分の日常の話と、
久しぶりだからみんなで会いたいわねって話と、

でも旦那は平日は難しいだろうからゆきほさんはランチとかどうかしら?

だって



病院行ったりして心配だし不安だろうから、
旦那と一緒でなら、来るたびに会うんでも構わないけど、

ふたりっきりはもうイヤですわお義母さま。


だってだってさ。
ランチなら、11時待ち合わせで、大体5時解散。6時間です。
その間、

○舅と舅実家の悪口と愚痴、自分の弟嫁の悪口
 (聞きたくなーい)

○舅DV時代は大変だったけど私頑張ったわ話
 (毎日我慢し続けて家族を繋いでたのはアナタじゃなくて息子ですわお義母さま)

○いかに自分が子供達に頼られていたか話
 (自立できないように束縛しつつ甘やかして育てたのを暴露している)

○他所の家庭をあげつらい、育て方が悪いのなんだの話
 (人のこと言えるほどアナタの息子はいい子じゃありません)

○友達の家庭がどうしたこうした話
 (親の友達の実家がどうしたこうしたとか、超どうでもいい・・・)


ちなみに上位ほど比率が高いです。
もうね、ホント勘弁してもらいたいです。
親のカウンセリングなんてやりたくないよ。
利害が相反しますからね。


旦那は、私が楽しくない話を聞かされているのは想像つくようで、
どんな話したの?と聞いてきますが、
上の通りに言うと、
私が姑の悪口を言っていることになるんですよね。
言われたとおりに再現しても・・・
冗談じゃないよ。
ストレス倍増。


2番目の過去話はもう、言いたいこといっぱいあるんですけど、
私はその当時を見てない部外者だから、全く黙って聞いている。
だからストレス倍倍増。



アンタが当時、子供が殴られるの黙って見てたのはなんでなの?
身を呈して守ろうとか子供連れて家を出ようとか思わなかったの?
殴られるから黙って反抗しないでお父さんの言うとおりに、って教育は、
小さいときの対処法としては仕方ないかもしれないけど、
男の子は体が大きくなったら、父親と殴り合いのケンカしたっていいわけで、
でもその頃には全く自己主張のない、
親の期待通りに動く人形みたいになってて、
なんでそんな精神的虚勢みたいな教育しかできなかったの?

子供が、
ストレスでカッターで手の皮をボロボロにしたり、
夏でも汗ひとつかかないくらい自律神経おかしかったり、
全く鼻がきかなくなったり、
いろいろと余波が出ていたのに、何もせず、
ただ穏便な毎日のため我慢を続けさせて、
子供のため子供のためって、何言ってんの?

子供が協力的で助かったとか、反抗期のない良い子だったとか、
子供が子供らしく生きられなかったことに対して何も思わないの?
自分がラクならそれでいいわけ?

その息子が結婚した途端に大人扱いして、
子供が見てないところで起こったDVを息子に話したりして、
これから家庭を築いていく息子がショックを受けるとか苦しむとか思わなかったの?
話して自分がラクになれればそれでいいわけ?



ぜぇぜぇはぁはぁ。


でもこれを旦那に話すわけにもいかず。
だってさ、自分の育った家庭を否定されるってイヤじゃん。
子供にとっては、家の中が世界みたいなもんですからね・・・
自分で選び取ることはできないし。
だから、旦那が自分で、あれはイヤだったとか話す時だけ、
ええーヒドイじゃん何それ!とか言ってますけど。
ストレス倍倍倍増。


ま、結局のところ、嫌いなんでしょうねー。


姑だって、旦那に私の悪口言って嫌ってるのに、
なんでふたりで会おうとするんだろう?
摩訶不思議。


さいわい、ふたりでランチどうかしら?の後に、
でも忙しいだろうから無理しないでね、と自己完結してくれたので、
具体的な話があるまで放置します。


・・・でももし、また誘われたら、
面と向かって「ふたりで会いましょうね」って言われたら、
どうかわそうかなぁ・・・


憂鬱・・・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドライな考え方?

2006年05月11日 | 姑舅話

時々読むサイトで、お姑さんが書いてるものがある。


うちの姑さんとは違って、
気弱で何も言えなくて、いっぱい我慢している人なんだけど。
(イヤうちの姑さんも色々我慢してるだろうけど)


お嫁さんに対して、
息子のことをわかってくれる人だから、
その子を育てた舅姑のこともわかってくれるだろう、

と思っている。とあった。

そうかなぁ・・・?


そりゃ、好きで結婚した旦那だもん、理解しようと思いますよ。
わかることも、わからないこともあるけど。


親は、親だもん、普通に大事にしますよ。弱ったら助けますよ。
でも精神面の理解を求められても困るなぁ。



親子って似ますよね。性格とか。
いいところはいいんだけど、
悪いところは、旦那だから受け入れてるんであって、
その親の悪いところなんて、
旦那への我慢を上乗せして、イヤだな~って感じてしまいます。


そして、わかってね、わかってね、と期待し要求されるほど逃げたくなる。

だって、
わかりたくないんだもん。




年配の人の、自分に対する言い訳に付き合わされるのって鬱陶しい。
若い人のは聞けるんだけどね。
年配の人は、こっちより経験多いんだから、自分を見つめ直すことくらいしてほしい。
いいことは自慢していいから、悪いことは反省しないと。
それを、若い人に理解を求めるなんて、見苦しい。


これが会社のオジサンなら、自分と関係ないから適当に聞き流すけど、
親だとずっと続くからなー。
話聞いてくれてありがと!で終わらないんだよね。
要求が次々とエスカレートするんですよ。
あれもわかって、これもわかって、って。


ウザイのっ!


実父にはどうしてるのかって?
ウチの親父は、
問題点を簡潔にストレートに言わないとわからない鈍い人なので、
そんなの親父が悪いんじゃん、知らないよ。と言います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶飲み話もイロイロ

2005年12月09日 | 姑舅話

えーと。姑舅話の続きをかこうかな。

お姑サンとは、結婚式の準備中は週3・4回
結婚してからは月1回程度のペースでお茶に誘われてました
式の準備のときは、その打ち合わせの時に。
結婚してからは、お舅サンが近くに単身赴任してて、
そこに2ヶ月に1回ペースで、2~3週間きてましたので、その時に。

だけど、春にお舅サンが転勤していって、今は近くにいないので、
それ以来、お茶に誘われることはなくなりました


平和だわぁ・・・

お茶ぐらい嫌がらないで快く付き合ったら?って言われそうですね。
でもさ。

男性陣は、お舅さんと差し向かい1対1で会うこと、ありますか?
あんまりないでしょ。
もしあったと想像して、話、盛り上がりそうですか?
うちの旦那は嫌がるだろうなぁ。


で。
お茶だけなら2時間、ランチからだと6時間くらいかな、
けっこう、これが、共通の話題なんてない
お姑サンの話題は、友達や近所の人の噂話。健康ネタ。ワイドショーネタ。
残念ながら、どれも興味ありませんが、
まあ害のない話なんで、適当にあいづち打ってつきあってます。
唯一の共通点、旦那の話は、旦那の良い子ちゃん仮面のせいで、あんまりできません。


でも、一番多いのが。

お舅サンの愚痴。
DVな人だって話は以前書きましたが、
昔どんなことされたか、ってことを、いろいろ話されます。
馬乗りになって首絞められて、痕がついて、夏なのにタートルしか着れなかったとか・・・
旦那が子供の頃に殴られてた話とか・・・
最近でも、ひどいことを言われたこととか・・・
一緒に歩いても楽しくない、一緒に暮らすのイヤだとか。
でも、あの人はとても苦労した人で、あんな人だけどわかってあげてねとか。


次に多いのが、お舅サンの実家の愚痴。
用事があって行って泊めてもらったら、
パジャマも貸してもらえなくて、パンツ一丁で寝たんだとか・・・
「貧乏なのよ貧乏!
 周りに誰もいないわね、もう1回言ってもいい?貧乏なのよ!!!」
とか、
親戚の誰々さんは下品でほんと会いたくないのよとか。
あ、自分の弟のお嫁さんの愚痴も時々言ってるな。


こんな話をいつもいつも聞いて、楽しいですか?


昔の旦那実家は、父 vs 母+娘+息子 という感じだったのが、
結婚して子供が家を出たら、そういう感じじゃなくなった。
旦那も、最近は父親と直接連絡とりあって、出張の時は一緒に飲んだりしてる
私はいい傾向だなーと思ってます。

旦那が言うには、会社入ってから、
親父の言うことも全く間違いじゃない、ってわかってきたんだって。
殴ったりとかの、やり方は間違ってたけど、って。
父と息子の繋がり。それってとても大事だと思います。


いびつだった家族関係が、ちょっと治ってきて。


お姑サンは・・・
私を味方にしようとしてるんだなー、と、感じた。


でもそんなの無理です・・・


私が結婚したのは旦那
旦那は、やっぱり親同士、仲良くしてもらいたがってる。
お舅サンが転勤になったとき、今度こそ一緒に暮らすんじゃないかな?なんて言ってたし。
だから、お姑サンに、
「一緒に暮らすのなんて絶対イヤ!うっとうしいわよ。そう思わない?」
「男どもはほっといていいのよ。女同士仲良くしましょ!」

なんて言われても、うなずくわけにいきません。

姑、舅、どっちの味方もしない。
私が気持ちを寄り添わせるのは旦那です。
お姑サンじゃないんです。



昔の話は、気の毒だと思うし、大変だったなと思います。
でもそういう人と結婚したのはお姑サン自身です。
離婚する気もないようです。
ということは、定年になったらふたりで暮らすってこと。あともう数年です
じゃあ、ふたりで仲良くしていけるよう、
今から努力するしかないんじゃないでしょうか。


あとは舅実家親戚の話は、できれば聞きたくありません。
そんな話を嫁にしてどうする?
しかも結婚式前で、まだ私は会ったこともない人達なのに。
で、会ったら、別に普通の、田舎のちょっと気のいいおじちゃん、って感じでした。
要するに、坊主憎けりゃ袈裟まで、ってことなんですね。
そんな話に付き合う気はありません。
私は愚痴のゴミ箱じゃないんですから。


あともうひとつ。(まだあるのか!)
甘いものを食べさせられること。
私は甘いもの苦手です。
アイスは好きだけど、ハーゲンダッツのミニカップの半分で十分
だけどそれをお姑サンは理解できない。
「でもね、これは美味しいのよ!食べてみて!」と食べさせられ、
当然私の反応は鈍いので、面白くない顔をする。
だから甘いもの苦手なんだって何度も言ってんじゃん。


と、まあ、こんな理由で、嫌なんです。


実は昨年、不眠症になって、病院で睡眠導入剤もらったりしました。
それ以上になるとヤバイので、付き合う回数減らしたりした。
さすがにそんなことは言わないけど、
嫌がられてるのは気づいてもらえたようで良かった・・・
(旦那が超文句言われてるけど


お正月は、ふたりきりにならないよう頑張ろうっと!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月の憂鬱

2005年10月19日 | 姑舅話
今年も正月がやってくる・・・

まだ10月だけど、
月末になったら正月の飛行機の予約始まるから、
今考えなくちゃ・・・

まだ10月なのに、正月どうするんだって連絡がきたし・・・


もちろん旦那の実家から・・・


はぁ~ぁ・・・


正月どうしようかなんて、私達はまだ全然考えてなかったのに・・・
だいたいなんで10月っから正月のことが気になるのさ、理解できん・・・


父親に正月泊まりにいってもいいかって電話したら、
遊びに来るのはいいけど、泊まりはなぁ~とか言うし・・・
ホント頼れない親だよなー・・・


あ~あ・・・今年の正月も、憂鬱にすごすのか・・・

ま、しょうがない、
なんとかお姑サンとふたりきりになるのは避けて、
お風呂もスキあらばできるだけ早く入るようにして、早く寝ちゃお。
昼間は古本屋にでも連れ出してもらお。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謎の親子関係

2005年10月05日 | 姑舅話

うちの旦那殿は、親に対してかなり見栄を張っています。
いい子ちゃんのままでいたいというか。

タバコは吸うし、エロマンガもいっぱい読むのに、
親の前ではそういうのを一切出さない。
で、その実態を親に知られていないと思っているのです


以前旦那実家に泊まったときのこと。
私はお風呂あがりで、脱衣所で身体を拭いていたとき、
姑と義姉が隣のキッチンで話していました。

姑  「うちは誰もタバコ吸わないし
義姉「え、○○(旦那)タバコ吸うよ?」
姑  「え、ええ!?
義姉「いや今も吸ってるかは知らないけど・・・」

そんなこと隠してたのか・・・
高校生じゃないんだから、隠す必要ないだろうに。ナンデ?



さらに最近。(スイマセンここからシモ話です

旦那と、親に見栄張ってるよねーって話になった。
旦那は、そうだよーおふくろは俺のこと清く美しいままだと思ってるからな。
なんて言う。

美しいってアンタ・・・(顔は別に普通です)
何言ってんだバカ?


しかし・・・
父親が娘に対して、清いままだと信じるならまだわかるが、
母親が息子を、大人になっても清いままだと思うことがあるだろうか?
清いっつったって・・・男の子は・・・ねぇ。

まして、わがバカ殿は、
男として物心ついた時から毎日、自分でスルのを欠かさなかった
と、豪語するお人です。(バカ・・・)
でも家族には知られていないと言い張る。


私  「でも、毎日シテたんでしょ?部屋で
旦那「? うん

私  「・・・ティッシュはどうしてたの?
旦那「ゴミ箱に捨ててたよ。

私  「・・・そのゴミ箱は誰が片付けてたの?
旦那「・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・。

旦那「くさかったかな・・・?


あたりまえです
気づかないわけないでしょう


旦那は中学~大学入ってしばらくまでの間、鼻が全くきかなかったそうです。
病気じゃなくて、ストレスのせいで・・・
だから自分ではニオイには思い至らなかったのだろう。

だけど気づかないわけないじゃん。
部屋に入ったら、
本棚にはエロマンガ(一応カバーしてあるけど)、机の引出しにはエロビデオ、だもん。

なんだろなー。
親の希望するかわいい子供のままでいないと、愛されないと思ってるのかな。
そんなことないのに。


でもいまだに見栄を張りたがります。
そのことで、私は結構困るんです。

旦那=親に悪いところは見せない。
姑  =子供のことは全てわかっていると思っている。


姑は、あの子は素直優しくて暴力は絶対ふるわなくていい子なのよーと言う。

でも家では、人の幸せ話は興味ない!とか言ってるし、腹の中は結構ドロドロしてる。
素直な所もあるけど、天邪鬼でもある。
優しい、でも優柔不断でもある。責任とるのがキライ。
暴力はふるわないけど、冗談で、いわれもなく時々私を叩く。
加減を知らないので結構痛い。
さすがにこんなことは言わず、そうなんですかー、って笑ってるけど。
(あ、いいところもちゃんと、たくさんあるんですよ

でも姑は、私たちふたりが普段どうしてるか知りたがる
あんまり話すと、私が旦那の悪口言ってるみたいになっちゃうので、加減が難しい。
旦那がどこまでいい子のふりしてるのかなんて、私にはわからないし。


あー、めんどくさーー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私と姑の性格の違い

2005年09月28日 | 姑舅話

昨日の続き。

姑は今のところ、面と向かって嫌みを言ったり嫌がらせするようなことはありません。
家族としてうまく付き合っていきたいと思っているようです。


でも私姑は、性格も考え方も正反対なので、
「うまく」の方向性がそもそも合いません。



姑は、構ったり構われたりしたいタイプ。
私は、ほっといてもらいたいタイプ。

姑は、アドバイス大好き、詮索大好き、人に喋るのも好き。
私は、人のことをとやかく言わない、聞かない。相手が聞いて欲しがってれば聞くけど。

姑は、家族は何でも包み隠さず話すもの。わかち合い、皆で共感し合いたい。
私は、家族でも考え方は人それぞれ。

姑は、子供の世話はいつまでも焼きたい、頼られたい。
    実際、娘と息子(旦那)を、自分の事を自分でできない大人に育てた。
私は、子供は自立できるよう、少しずつ手を離しながら育てるものだと思っている。
    実際そう育てられた。


結婚が決まってから、姑は自分に合わさせよう合わさせようとしてきました。
自分が世話したいから、世話させてね。慣れてね。
家族なんだから、受け入れてね、と。


 好意なのでしょうが、私にとってはうっとおしい事この上ない。
ストレスで不眠症。ドリエルでも効かない。

このまま合わせてたら自分がストレスで壊れてしまうので、
少しずつ地を出して、NOを言うようにしました。
お茶に2回誘われたら1回は断ったり、
メールの返信の回数を減らしたり、文章を短くしたり。
世話焼きは断るとか。


姑は段々と、嫌がられているのに気づいたようです


でも性格の違いを「仕方ないや」と受け入れられない姑は、
旦那に会うたび、
「どうしてあの人はああなの?あんたがあんな人と結婚するとは思わなかった」
という話をします。

旦那は、その話については教えてくれましたが、
他にいろいろ言ってたよ、という「他」は教えてくれませんでしたので、
さてさてどんな事だったんでしょうね~?


姑は、息子のお嫁さんと、友達母娘みたいになりたかったらしいです。
無理無理!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の出来事

2005年09月27日 | 姑舅話
ちょっと昔話は休んで 最近のこと。


旦那が会社の研修で、東京に行ってきました。
会社にわりと近いので、同僚くんも連れて、一緒に実家に泊まったのですが。

夕食時、お姑サンが私の悪口を言い出したらしい。
あまりお酒飲めないのに、付き合いでちょこっと飲んでヒートアップしてしまったとか。
まぁ旦那に言うのはいつものことだけど、
旦那の会社の人が一緒に来てるのに、言うか・・・

多くは教えてもらえなかったけど、
同僚くんはちょっと引いてたらしい
(そんなに凄かったのか・・・)
何言ってたかは、ある程度想像つくんですけどね。


あっと旦那が帰ってくるので続きはまた明日


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お姑サンってこんな人。

2005年09月20日 | 姑舅話
さてさて。私達夫婦は現在結婚2年目です。

旦那のおかあさんはどんな人かっていうと。
東○近郊のマンションに、ひとりで住んでいます。
旦那のおとうさんは単身赴任中。

お喋り大好きな関西出身で、O型、50代。
若くてパワフルです。

良いところ:

  明るくて前向きで社交的・行動派。
  料理上手で世話好き。おしゃれ。

悪いところ:

  押しが強くてちょっとニブイ。
  舞い上がると周りが見えなくなるタイプ。
  可哀相がられたがり。

良さげでしょう?
結婚前後はいいおかあさんができたと思ってたんだけどなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加