ピーナッツの唄

毎日の出来事を好奇心旺盛に書いています。

今年も大変お世話になりました

2013-12-31 13:09:24 | 独り言
遂に大晦日を迎えてしまいました。皆様には今年一年大変お世話になりました。

私的には、今年の11月から後期高齢者となり、一段と今後の生活を考えなくてはと思う年になりました。カミさん共々に全くの高齢者の部類になりますが、健康で何とか年越しが出来ることを喜んでいる次第です。

我がブログ「ピーナツの唄」も皆様のご支援を頂きながら、11月末に400.000アクセスを突破することが出来ました。偶々ご披露する写真の数々ですが、来年以降も技術の高進をはかりながら楽しい写真をお届けと思っております。

スポーツ観戦や読書、さらには映画やTVドラマ等々の鑑賞の感想なども、今後も発信させて頂きますので、新年以降も宜しくお付き合いの程をお願いする次第です。

巳年から午年へ皆様の飛躍の年となるようお祈り致します。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

東京ドイツ村にて

2013-12-30 22:42:05 | 独り言
今年も盛大なイルミネーションが素晴らしいと評判の東京ドイツ村に行ってきました。

実は上の娘夫婦が、正月からは婿殿の実家に行く由で、年末の今日一泊の予定で顔を見せて呉れた。それで短時間だけ東京ドイツ村に行ってみようとなった。ところがカミさんは寒いところは行きたくないとの言で、3人で日没後の東京ドイツ村に出掛けたのでした。

会場は予想以上の超満員で、車も人も半端じゃない混雑の様相である。駐車場も臨時の処にかろうじて駐車が出来たのでした。この時期のドイツ村は、車1台が¥2000で乗車人数に制限なく入場出来る。この為に何処も此処もこども連れで超満員である。おまけにバスツアーの団体客も大勢押しかけていた様だ。

この人出では退出時には出口付近で1時間以上の渋滞だと言う。そこで我々は撮影もそこそこに1時間少々で帰路に付いたのでした。とてもこんな時期に入村するのは、とんでもない事だと反省しきりである。娘夫婦も始めて見物した由で喜んでくれたのでした。今年のイルミネーションも中々と素晴らしいと思った次第である。

今夜に撮影のイルミネーションの写真を数枚紹介である。

         

          


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝も富士山が良く見える

2013-12-30 10:26:19 | 独り言
東京湾岸の京葉工業地帯越しに真っ白な富士山が姿を見せた。

都心のビル群が休日に入り、渋滞する道路も空いて来ているせいでスモッグが少ないから?。

何時もはモヤに隠れて見えない富士山が良く望める。

双眼鏡でのぞいて、望遠で撮ってみたのである。今夜は夕陽に映える富士山が撮れるかも。

朝一にベランダから眺めた富士山である。

                



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は水仙です

2013-12-29 20:37:57 | 独り言
今日もお蔭さんで好天でした。それでも小生はグズグズとしていて散歩にも出ずじまい。PCに向かい昨日の花々の写真の整理と読書三昧。

室内の写真がいささか季節外れよとのカミさんの言で、大急ぎでカメラの〇タ〇ラにWEBでプリントを注文。夕方出来上がりのプリントを取りがてら、遊歩道に咲き始めている水仙の撮影に。明日には掲示している写真の額の入れ替えをやらなくては。

遊歩道を流れる小川の傍らの土手の一部に水仙の花畑がある。夕日が差し込むなか撮影したものを紹介してみる。三極を使わない為にいささかピンボケ気味である。ただ何時も思うのだが水仙は非常に撮りにくい。結構平凡な被写体なのだろうと思う。

        
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

花を求めて

2013-12-28 17:38:38 | 独り言
昨日までの憂鬱な天候がまるで嘘のような好天になりました。しかし北風は結構強く吹いていてやはり寒さが身に沁みます。思い立って洗車と給油に出掛けて、その足で千葉市花の美術館(現在は三陽メディアフラワーミュージアム)に向かいました。目的はこの季節でも館内でいろんな花々が観れるからである。

前庭には既に寒咲きハナナ(菜の花)が咲き出している。まだまだポチポチと咲いているだけだが、1月には見頃を迎えるようである。小生はシクラメンの花が好きであるが既にやや見頃が過ぎた様で残念である。それでも何枚か撮影出来たのでした。

温室に回ったが、ハイビスカスの花を初めとして、南国の花々が色々と見られる。防寒具に身を包んでいるので暑いくらいである。また内庭や館外は中々花が少ない時期でもあり短時間の撮影で引き揚げて来たのでした。

下記に今日の撮れたての花の写真を紹介する。

       寒咲きハナナ(菜の花)                  シクラメン

             
    
       ハイビスカスワイキキホワイト               オオバニュウガン

             
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大好きな故郷の味が

2013-12-27 19:36:08 | 郷里山形の事
年末に向けて郷里山形の兄夫婦から、山形で一番美味しいと評判の(兄の太鼓判である)りんごが届いた。正月用にとに兄夫婦からの有難いプレゼントである。ひとつひとつの実が実に大きなのである。既に先月には妹夫婦からもりんごを頂いてが、秋から冬に向けての故郷のの味をたっぷりと頂けるのが嬉しい。

また姉夫婦からは、例年の通り「青菜漬け」と「おみずけ」のセットも届いている。小生が子どもの時から大好きな「青菜漬け」のことを覚えていてくれて、送ってくれるもので、こちらも正月に向けての何よりの御馳走になる。

季節、季節に兄・姉・妹が届けて呉れる郷里の果物と漬物は、我が夫婦はもちろん、既に嫁いでいる娘夫婦にもお裾分けするのだが、何時も大喜びをしてくれる。遠く郷里山形を離れて50年近くなるのだが、時おり届く心づくしのプレゼントで郷里山形が本当に身近に感ずるのである。

今年もあと数日である。健康で元気に年末を送り、新年を迎える事が出来る事の幸せをしみじみと噛みしめているのです。

届いたばかりの郷里山形のりんごである。

                    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨッ―と

2013-12-26 17:57:09 | 独り言
時々話題に取り上げてきた朝日新聞夕刊のコラム「おじさん自然体」が今夜で最終回だそうである。

今日の話題は、今年の仕事納めを明日に控えたグッドタイミングで「酔っても良い音 よいお年を」である。忘年会帰りの5人のおじさん達が駅前で、「よよいのよい」とお別れの手締めをしている。

考えてみれば我々の世代だけではないのだろうが、宴会のあとには必ず1本締めや3本締めで手締めをする。何時の頃からの習慣なのだろうか。特に調べてみたことはないが、我が国に根強く残る旧い習慣だと思う。

もう現役を退いてからは忘年会や新年会に出席する機会が随分と減少しているのだが、最近の宴会に付きものの「飲み放題」でしこたまお飲みになる出席者が多くなっている。中にはこれで自宅まで帰れるのかしらと心配をしてしまう方もいるのである。コラムにあるようにせっかくヨーと始めた手締めがなかなか揃わないのも仕方がないのかもしれない。

それにしても1年間、本当にお疲れ様でした。

                  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓流ドラマにどっぷりと

2013-12-25 20:20:47 | TV DVD
最近の我が家のカミさん、またまた韓流ドラマに嵌まっています。TV番組表をみると実に多くの韓流ドラマが氾濫しているのである。カミさんはこれまで何回か観ている筈の「冬のソナタ」の再放映にも毎日齧りついて観ている。( ^)o(^ )

新作のドラマも結構あるらしく、日に4本から5本の韓流ドラマを観ているのではないだろうか。ドラマ自体の内容は大凡は似た様な経過をたどるようだが、あの怒鳴り合うような韓国語のやり取りが良く聞こえてくるのである。

ただ韓流ドラマでも、いわゆる時代劇はあまり観ないようである。現代の韓国人の複雑に絡み合う家庭の生活ぶりが実に克明に描かれているらしい。申し訳にことながら、小生は日本のドラマの方が好きである。多い時は週に5本~6本ほども観ていた時があった。

何が韓流ドラマにこれほど引きつけられているのかは小生に理解が出来ない。夕食後の時間も、カミさんは別室で日中留守の間に録り貯めた韓流ドラマを観ていたようである。

世の女性の皆さんの中にも、我が家のカミさん同様に韓流ドラマファンが大勢おられるのではと推測している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涌井投手の入団ようやく決定

2013-12-25 19:47:26 | 野球
我が千葉ロッテに西武でFA宣言をして退団した涌井投手の入団が正式に発表された。これで手薄だった先発投手陣に加わることになったのは大きいと思う。交流戦後に息切れしていた、我が千葉ロッテ投手陣に強い味方が加わったので、来季こそはリーグ優勝を狙えるだろうと期待が膨らむばかりである。

ようやく楽天の田中投手のMLB行きが決まった様ですね。楽天球団にしてみたら、昨年までのポスティングシステムだったら30億円も余計に手に入ったのにと考え込んだのでしょうね。Mオーナーが決断した、楽天球団の苦渋の決定とありますが、現場の星野監督はとっくに田中投手のMLB行きを容認していたのですがね。

それにしても、相変わらず巨人とソフトバンク両球団の札束攻勢には驚くばかりである。あんなに主力選手ばかりを集めてどうするのだろうか?と思ってしまう。日本一奪還ににはなりふり構わずの構図がよく見えるストーブリーグである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく年賀状が

2013-12-24 21:16:33 | 独り言
ようやく「年賀はがき」創りに取り掛かりました。一昨年頃から、友人・知人でメールアドレスのある方にはメールde年賀とばかりに、元旦当日に送信しておりました。その所為で実際に「はがきで」出状する方は随分と減少していたのでした。

今朝から年賀状の裏面を2種類用意して、先ずは印刷を始めました。ところが何回かのプリンターへの追加の「はがき」の挿入の際に、方向を間違っていたのが10数枚も出てしまった。これは発送するのに使えない、どうもボンヤリとしていた様で困ったことである。カミさんに「どうも今朝は頭がはっきりしないわい」と言ったら、「今朝だけのことですか」とキツイ一発を喰らってしまった。その所為もあり今回用意したした「はがき」が足りなくなった。

何とか一応親戚関係とカミさんの友人関係の「はがき」は宛名も印刷が終了している。明日には小生の知人・友人達宛の足りない分の10数枚の「はがき」を購入して、追加印刷の上で、明後日には何とか投函出来る予定まで漕ぎ着けたのでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加