ピーナッツの唄

毎日の出来事を好奇心旺盛に書いています。

冬に逆戻り?

2013-03-31 19:53:59 | 独り言
 既に桜の満開も過ぎて、3月も今日で終了する。ただ昨日からの冬に逆戻りした様相の天候には大いに驚いている。実は東京は千鳥ヶ淵の満開の桜の撮影会にも欠席してしまいました。その挽回ではないが、先日撮影行をした、房総半島の中間を横断する、小湊鉄道の幾つかの「駅と電車と桜と菜の花」の撮影には是非とも出掛けてみたいものだと思っている。

 お陰様で杉の花粉の飛散は終わった様で、スギの花粉に敏感になっている小生も、どうやら花粉症の症状からは逃げ切ることが出来そうである。12月から早めに服用した抗ヒスタミン剤のお蔭で、寝込むほどの重症の花粉症症状は一日だけで済んだのは特筆ものである。

 かくて3月は様々な思いを残して去って行く。4月からはTVでのスポーツの観戦も楽しみだし、そしてカメラを片手の撮影行脚も大いに楽しみにしたいものである。春休み中の孫のDaikiも我が家に遊びに来るらしい、夫婦も忙しいことになるがそれも楽しみな事である。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

正統派時代劇「大岡越前」始まる

2013-03-30 22:23:47 | TV DVD
 TVドラマで正統派の時代劇「大岡越前」が始まった。既に永らく民放では加藤剛の主演の大岡越前が定着していたのだが、NHKBSプレミヤムの時代劇として帰ってきた。

 主演は東山紀之でその凛とした奉行ぶりが実に頼もしい。今後の展開は大岡裁きとして知られる話が続くものと思量するが、一方で暴れん坊将軍として名高い八代将軍徳川吉宗との関わり合いも描かれる様である。

 今夜の第一回では、伊勢山田奉行として時の紀州藩主の吉宗との出会いから、のちに江戸南奉行として抜擢される様子が放送された。ここに正統派の時代劇がTVで放映されることは実に嬉しいものである。

 今後も楽しみな番組になる予感がするのである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プロ野球の開幕

2013-03-29 11:40:16 | 野球
 いよいよ今夜からプロ野球が開幕する。正直に言って今年の各球団の戦力分析が充分に出来ていない。強いてこれまでの報道を見ながらセ・パ・両リーグの順位予想をしてみたい。

 もちろん小生の大好きなパ・リーグの「千葉ロッテM」の予想が充分に甘くなるのはご容赦下さい。

 セ・ 巨人G、ヤクルトS、広島C、阪神T、中日D、DeNABSとなった。

    連覇を狙う巨人Gには死角がない布陣でダントツだろう。ヤクルトSと広島Cの評価が高いのは地道な戦力補給と子飼いの選手層の厚さが旋風を巻き起こす可能性を秘めている。阪神Tと中日Dは監督に問題があり、せっかくの戦力を充分に働かせることが出来なのでは。DeNABSは今年も難しい戦いを強いられるのではないか。3強3弱の図が塗り替えられるのでは。

 パ・ ソフトBKH、千葉ロッテM、西武L、日ハムF、楽天GE、オリックスBSとなる。

    ソフトBKHの戦力が益々充実している。千葉ロッテMは先発投手陣がどれだけ頑張れるか、唐川、グライシンガーの頑張りがあれば。西武Lは中島が抜け、中村が手術後の復帰が待たれるのだが。日ハムFは大谷だけを売り込んでいるが、糸井の放出と斎藤の穴が埋めきれるか。楽天GEとオリックスBSにはあまり期待する戦力増が見られない。昨年のような大混戦模様だけが予想される。

 以上の通りだが、ペナントレースが終了した時点ではどんな結果になっているのだろうか?。神ならぬ我が予想には本当に責任が持てないのですがね。( ^)o(^ )
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

銀座が花道

2013-03-28 12:05:42 | 独り言
 いよいよ4月に迫った新歌舞伎座の開場をお祝いして、銀座1丁目から4丁目の中央通りを63名の歌舞伎役者がパレード(お練り)を挙行した。生憎の雨空になったが、沿道には3万2千人の歌舞伎ファンが押し寄せて、素顔の歌舞伎役者に声援を送っている。

 襲名披露を控えた歌舞伎役者が、お練りをすることはあるが、20代から50代の歌舞伎役者が一堂に揃ってのお練りは前例がない。さらに銀座通りを一時間も閉鎖しての今回のパレードは、地元の皆さんも新たな歌舞伎座の開場に多大の期待を寄せていることが伺える。

 ここで出て来るのが、今回の歌舞伎座の開場を誰よりも切望していた、相次いで逝去した中村勘三郎、市川団十郎の両丈だろうと思う。午後には歌舞伎役者が一堂に舞台に勢揃いして挨拶に臨んでいる。残された皆さんが伝統のある歌舞伎の継承に全力を投入して欲しいものだと思った。

 TV画面からの写真である。

  地元の方による木遣り 
  さあお練りに出発    
  若手の人気役者が   
  歌舞伎座に勢揃い   
  やはり人気役者が   

            
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

山形中央高の快勝

2013-03-28 11:00:01 | 郷里山形の事
 昨日の甲子園の選抜高校野球大会6日目、東北絆枠で出場の山形中央高校が、山口県岩国商業高校に快勝している。相手チームも13安打の猛攻を見せたが、3人の投手陣が2点に押さえる素晴らしい継投で凌ぎ切ったのが大きいい様だ。チームも11安打を放ち効果的な得点を挙げて快勝した。これで山形中央高校は甲子園大会で初の勝利を挙げたことになる。

 先発した山形中央高校の高橋凌平投手は、地元山形でリトルリーグの指導をされている「しらほ」さん(当欄に何時も素晴らしいコメントを頂いている方)の教え子のひとりだそうである。最近は有力選手の留学でチームを編成されている高校が多い中で、地元の選手がエースで頑張っている山形中央高校の今後の健闘を祈ってやまない。しらほさんオメデトウ!!。
 TV画面から

               
                              
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電車と菜の花と

2013-03-27 09:41:53 | 独り言
 東京湾側から房総半島を横断して太平洋側に通ずる2つの鉄道がある。それぞれがJRと違った私鉄の路線である。その内のひとつである「小湊鉄道」の幾つかの旧い駅舎とその周辺を訊ねてみた。今の時季には「小湊鉄道」の路線で、運行される電車が桜花と菜の花の中を走る風景が見られるのである。そこでカメラを持参してその風景を撮影したいと思ったのです。

 東京や千葉の周辺では既に満開を迎えている桜花だが、この路線の駅舎を取り巻いて桜花が素晴らしい風景を見せて呉れる筈が、残念ながらまだまだ咲いたばかりである。満開は今週末になるのではないかと思っている。ただやはり駅舎周辺や路線の周辺に広がる菜の花が満開の姿を見せて呉れる。

 単線運行のこの鉄道は1時間に一本だけの運行で、ひとつの駅で上り下りの電車を撮影することになる。それでも桃色と赤色に塗り分けられた電車と黄色の菜の花のコラボが素敵である。平日ながら何人かのカメラ愛好家が通過する電車をじっと待つことのなる。

 是非とも今週末の桜花の満開の時期に、再度訊ねて見たいものである。

 菜の花の中を走る電車を紹介して見たい。3枚目の写真には2分咲き位の桜が。

              
              
                         
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お陰様で孫は

2013-03-26 10:11:20 | 
 孫のDaikiが22日に無事に小学校の卒業式を迎えた。その卒業式の際の写真が何枚か届いている。我が夫婦とも感慨無量な面持ちで写真を見せて貰った。

 いささか早めに産まれて、永らく我が家で暮らした時期もありました。幼稚園に入った頃からだんだんと逞しくなり、小学校に入ったあとは両親の願いでバイオリンの稽古に通い、2年生の時からはサッカーからフラッグ・フットボールに転向して、5年間を経てチームの主力選手まで成長している。

 小学校5年の時には、学校でも有名な程だった甲高い独特な可愛い声が突如として声変わりをして周囲を驚かせている。その頃から身長も目覚ましく伸びだし、驚くほど体力も付きだしたようで、フラッグ・フットチームでは完全な正選手として活躍ししていた。

 卒業後は私立の中高一貫校に進学が決まっており、その準備にも取り掛っているようである。中学校に進学したあとも、フラッグ・フットは続ける心算の様だが、昨年末に左肘を骨折する怪我を負ったこともあり、我が家のカミさんはバスケットでも始めたらと進言しているが、どうするだろうか?。

 4月からの新たなスタートを切る孫のDaikiに幸多かれと祈っている。

 孫の写真から。
               
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「いかなごの釘煮」

2013-03-25 10:07:10 | 独り言
 カミさんの実家である、大阪豊中市に住む義弟夫婦が「いかなごの釘煮」を宅急便で送ってくれた。ここ何年か続けての贈り物であるが、冬の時期に淡路島近くで獲れる「いかなご」を手に入れて、自宅で釘煮にしてくれたものである。

 この「いかなご」は全国各地で水揚げされるようだが、阪神地区では昔から茹で上げたままで販売されていて、各家庭ではそれを購入して、自家の味付けで煮て食すのである。 

 釘煮とは如何にも食品にしては不思議な表現だと思ったので、小生は各家庭で釘煮をする際に、臭みを取るために釘を入れて煮たのが起源かなと思って調べてみたら、煮詰めたあとの「いかなご」が折れ曲がった釘の様な姿から釘煮と呼ばれたらしい。また「いかなご」は漢字で書くと「玉筋魚」と書く様である。これも今回始めて知ったことである。

 さっそく昨夜の夕食時に賞味してみたのだが、つくだ煮と違って柔らかで、生姜の香りもして美味しい。義弟夫婦の優しい心根を感じながら頂く心算である。

 「いかなごの釘煮」を写真にしてみました。
               
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

花冷えの季節に?

2013-03-24 20:22:29 | 独り言
 今週半ばまでの記録的な暖かさで、各地の桜の開花が例年に比して10日ほど早まっている。開花時期が大幅に前倒しなった為に、各地で予定していた「桜まつり」の準備も間に合わない程だと言う。どうも花見弁当を扱うデバ地下やコンビニなども、てんてこ舞いらしい。さらに夜桜を楽しんで貰うべく用意するライトアップの準備も間に合わないとの悲鳴が聞こえてくる。

 ただこの週末にきて、特に昨日から気温が平年並みに戻ってしまった。我が家も近隣に花見に出かける算段をしていたのだが、昨日、今日と3月始めの頃の様な寒さに外出を控えてしまった。もっとも花粉の飛散も非常に多い時期でもあり、花粉症の夫婦は用心の為に家に篭ることになるのである。

 例年、桜花の季節には花冷えの時期も一緒にやってくる、今年の異常季節では早々に花冷えの時期も早まっているのだろうと思う。何とか満開の内の桜花の撮影には出掛けたいと思っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなところにも体罰が

2013-03-23 18:01:14 | 独り言
 事情があって小学生のお嬢さんのピアノ教室を変更した、お母さんからの投書を読んだ話である。小さい時から習わせているピアノだったが、最近はあまり熱意が感じられずにいたそうである。

 新しいピアノ教室では、お嬢さんが慣れるまで何回かお稽古に立ち会っていたが、先生は稽古で不味かった楽譜の箇所にチェック入れようとしてピアノの前のお嬢さんの傍に寄ると、お嬢さんはさっと頭の上に手をあげる仕草をする。不思議の思っていると、前に習っていたピアノの先生は、ミスをする度に教本でお嬢さんの頭を叩いていたらしい。

 先生がピアノの傍のお嬢さんに近づく度に、頭を庇う仕草はなかなか治らず、何ヶ月も続いたらしい。しかし今度の先生は叩くことをしないとようやく分かったらしく、稽古中も笑顔を見せることが多くなったそうである。

 最近のニュースを見る度に、大阪のS高校のバスケット部の先生による体罰問題から、女子柔道五輪代表の監督からの体罰、パワハラ等を始めとしてスポーツ界の体罰の話題が実に多い。ただ一部では教育的指導の一環としての体罰容認の風潮さえあることも事実である。しかし体罰だけでは人は強くはならないのが現実である。体罰により傷ついた若い前途のある若者の命さえ奪ってしまう事態も出ている。

 やはり社会全体の意識として、体罰の是非については大いに論議して、体罰を容認する風潮の払底を図るべきだと思うのです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加