ピーナッツの唄

毎日の出来事を好奇心旺盛に書いています。

映画「20世紀少年・第2章」

2009-01-31 21:12:50 | 映画
昨年8月末に第1章を拝見、楽しみにしていた第2章がようやく本日公開された。さっそく映画館に。第1章よりさらにスケールアップされていました。アニメ漫画を全然読んでいない小生にも面白く観れました。

1969年、2000年、2015年とめまぐるしく舞台が変わるが、「ともだち」の謎が続く。そして主舞台は2015年、「ケンジ」の姪の「カンナ」が、行方の知れない「ケンジ」にかわり謎を追う。「しんよげんの書」にそって新たな展開が始まる。とにかく面白い映画だと思いました。

今年8月末の第3章の公開が、今から楽しみである。

冒険娯楽映画として評価は A クラス 少々甘めかな。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2つの風林火山

2009-01-31 10:56:19 | ニュース 
昨夜の朝日新聞「素粒子」から。

「小沢流」風林火山

地方行脚は風の如く 候補者選びは林の如く 麻生批判は火の如く 国会論戦に動かざること山の如し

政権交代を急ぐ民主党。ひたすら与党攻勢を強め総選挙を待つ。山形県知事の現職を僅差で破り意気軒昂だ。しかしその民主党を率いる小沢代表の言動に謎が多い。選挙に備える地方行脚は得意中の得意。そして候補者選びをチラつかせての党員の締め付け。麻生総理をののしる舌鋒はとどまることがない。そして国会軽視を貫く。果たして次政権を担う覚悟ありや?。そう思ってしまう。

「天下り流」風林火山

渡り歩くさまは風の如く 働きぶりは林の如く 再就職先の確保は火の如く 頂く退職金は山の如し

行政改革を巡る攻防に、高級官僚の抵抗は凄まじい。先輩諸侯が営々と築き上げてきた再就職、渡り歩きの倣いを潰してなるものかの執念には驚くのみである。名ばかりの再就職で高給を貪り、さらに退職金にありつける。その特権を守るのが多くの官僚の仕事となっているようである。

最近の「素粒子」の筆者の書くコラムは読み応えがある。思わず流用してしまった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西岡剛選手の決意

2009-01-30 15:54:47 | 野球
昨年12月15日、WBC(ワールド・ベース・クラシック)日本代表第一次候補選手34名が発表された。当然ながら選出されると思われた、千葉ロッテMの西岡剛選手の名前がなかった。(その後1月20日にバックアップ要員として選出)

普段はプラス思考で、自信のかたまりのような西岡選手は、相当に落ち込んでいたらしい。「本当にショックだった。自分の中では行くつもりでいたし、選んでいただけると思っていた」と周囲に漏らしたし、今季の年俸から2000万円を自主返上したほどであった。

しかし周囲が同情する中で、彼の両親は「これがオマエの今の実力だよ。この現実をしっかりと受け止めて、また一から頑張りなさい。結果を出して見返せばいいじゃないか」と強い口調で諭したという。このことばで西岡選手は目の色を変えた。それから例年にないハイペースで練習を積んでいる。
「今年の西岡選手はすごい気持が入っている。練習量も普段の2倍近いのではないか」と自主トレを一緒にしている球団の専属トレーナーも西岡選手の今年に賭ける思いを感じとっているという。

「両親から厳しい言葉をもらって、逆にうれしかった。ちゃんと戒めてくれる存在が自分にいることを幸せに思うし、本当にその通りだと思う。今年のシーズン、最高の結果を出してWBCに出られなかった悔しさを晴らそうと思う。悔しいだけで終わるつもりは毛頭ない」と西岡選手は語っている。

西岡選手は大阪の名門・PL学園には入れなかったが、大阪桐蔭高校で甲子園出場してプロ入りをしている。プロ入り後も何度かの壁にぶつかったが、そのたびに「なにくそ」の気持ではいあがり、これまでも日本代表選手としても活躍してきている。今回のメンバー落ちは、彼にとって大きなプラスになる可能性も大きい。

今朝の朝日新聞、同球団の広報梶原さんが「マリーンの風」と題するコラムに書いている。今季は「首位打者と盗塁王」の大きな目標に向い、西岡選手は立ち上がった。その先にはキラキラと輝く未来が待っていると記事を結んでいる。小生も逆境を跳ね返す西岡剛選手の活躍を注目したい。

日本代表の時の西岡選手の写真(球団HPから転用)

           



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨夜の「相棒」

2009-01-29 12:44:44 | TV DVD
予知能力を持つ少年が、銀座のクラブでの強盗殺人、そしてその際の凶器の発見場所を警察に訴える。そしてあるコンビニの強奪事件の発生を予言する。何故この少年が予知できるのだろうか?

何故、2週間前からこの子どもに予知能力が発生したのか。疑問に思う杉下警部の推理が冴える。米沢鑑識員とのコンビで予知能力の根源が明らかになる。その現象の実態は、まさに意表を突いたものであり、この番組の真骨頂と言えるものである。

今春、スピンオフ映画の主役になる米沢鑑識員が、「相棒」を失った杉下警部の第2の相棒として全面に出てきている。従来から、このキャラクターもなかなか得がたい存在で、ドラマに彩を添えている。大沢在昌の警察小説「新宿鮫」に出てくる、鮫島警部と藪鑑識員の関係にも酷似しているのが面白い。

今週も番組を楽しませてもらった。亀山刑事に代わる「相棒」は何時から出現するのだろうか?。ドラマはこのまま集団劇的な展開で進むのだろうか?。その点も気掛かりである。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

成長を続ける街

2009-01-28 16:24:53 | 独り言
10年前に引越してきた、我がニュータウンの街は、今でも成長続ける街である。遊歩道に隣接する大きな空地で工事が始まった。近くに寄って見たら新設する中学校の敷地の造成工事であった。

10年前に越してきたときに、やはり小学校が開校した。そして3年前にももうひとつの小学校が新設されている。その小学生が成長していく。その受け皿の中学校が2年後に開校するようである。

     

千葉市と市原市にの境界に近い街だが、昨年5月末に大型ショッピングセンターのイオンも開店している。そしてその周辺の大型の空地も、急ピッチで住宅地の造成工事も進んでいる。数年以内にまたまた大規模な住宅街になりそうである。

     

考えてみると、この街は子育ての街でもあり、我々の様な年配者の住みやすい街になっている。今後も成長続ける街であるとも思う。遊歩道は子ども通学路でもあり実に賑やかである。区役所に委嘱を受けた防犯の帽子を被りウオーキングをしていると、下校時の子どもが元気な声を掛けてくる。

     

こんな成長を続ける街に住んでいる幸せを噛み締めている。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

いささか我を張って

2009-01-27 17:06:35 | 独り言
今日は登校日。好天が続いて、今朝から風もなく良い天候である。登下校に、カミさんに車で送り迎えを願っているが、今日の帰りは、自宅まで歩いて帰ろうと決めた。カミさんは小生の「老体」が随分気になるらしく、盛んに帰りは迎えに行きますのメールを呉れる。

午後の講義終了後、決めた通りに自宅目指して歩き出した。本当に今日は暖かった。防寒服の下のセーターを直ぐに脱ぎ捨て、約8000歩程、1時間10分を休みなしで歩き通しました。帰宅してカミさんに報告したが、我が街の遊歩道一周とあまり違わない距離である。

最近は、早すぎる花粉症の発症で運動不足気味だっただけに、良い汗を掻いてしまいました。

今日のニヤリ

朝日新聞の素粒子、ようやく調子が出てきた。この冬、巷で流行る鍋と題した今日のコラムから。
ちゃんこ鍋・・・崖っぷちの踏ん張り力がつくと青龍味が人気。品格風味に欠け、好き嫌い激し
(朝青龍の驚異の復活とちゃんこ屋開店を風刺している)




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

結局は朝青龍

2009-01-26 07:57:59 | スポーツ一般
千秋楽まで無敗だった朝青龍、結びの一番は白鵬コールの鳴り止まない。しかも立会いに失敗し簡単に寄り切りの負け。3場所連続休場から復活しての全勝優勝はならなかった。

しかし朝青龍はこの負けで気が楽になったという。優勝決定戦では逆に白鵬に相撲をとらせず、優勝してしまった。今場所に進退を懸けた朝青龍だったが、5日目頃まで、全く危ない土俵を続けていたがその後に立ち直った。あの形相で睨め付けられた相手のモンゴル勢や大関陣がビビッてしまった。白鵬意外は総崩れであり全く不甲斐ない。

朝青龍の復活に一番喜んだのは、民間放送並みに視聴率至上主義に走っているNHKだ。それに悪役(ヒール)振りが目立つ朝青龍に及び腰の相撲協会だろう。しかし相撲が終わった後のダメ出しで威圧行為を続ける横綱は、むしろ醜悪でさえある。強ければ品格も問わない相撲協会の、今後の対応が逆に問われかねないと思う。

あの場内の白鵬コールは、これまでになかった現象である。麻生総理までが「横綱は強くなくちゃ」と褒め称えたが、もう一度相撲を国技というならば、朝青龍の横綱としての品格の向上が必要だと思うが如何?。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おばあちゃんの存在感

2009-01-25 17:49:13 | 独り言
時おり小生の拙いブログにコメントを頂戴する「アメフトおじさん」のHPで面白い記事を拝見した。奥様が、正月に来宅したお孫さんから「ゲゲゲの鬼太郎」の着ているチャンチャンコを手ずくりして欲しいと頼まれたという。

普段から子ども向けのアニメなどは、ご覧にならないご夫妻だろうと推察するが、パパ(息子)さんに教わり、材料を購入して、手縫いで仕上げたそうである。その写真を拝見したが、実に可愛らしい出来上がりである。

さっそく宅急便でお孫さんの元へ送られたそうである。受取られたお孫さんの喜ばれる顔が目に見える様である。さっそく着用して鬼太郎になりきり、飛び回って大喜びされるだろう。

その記事を拝見して、我家でもカミさんが、孫のDaikiに頼まれて、アニメ「ワンピース」の主人公のルフィの着ている赤いベストを手ずくりしてあげたことを思い出した。

本人は大喜びで、ママがさっそく着用した姿を写メールで送信してくれた。その笑顔にカミさんもホットしたようだった。その後に、孫は、このベストを着用して、アニメのスタンプラリーに参加して、他の参加者をうらやましがらせたそうである。

考えて見れば、今のアラサー、アラフォーのママたちには、こんな手作りは出来ない相談だろうと思う。勢いおばあちゃんに頼んで見たらとなる。頼まれたおばあちゃんも可愛い孫のリクエストだ、二つ返事で引き受ける。

アメフトおじさんの記事を拝見しながら、お互いに共通した体験をしたことを面白く思ったのでした。孫たちにとっては、おばあちゃんの存在感が、益々増した出来事でした。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「アラコキ」とはこれ如何に?

2009-01-24 18:47:39 | 独り言
昨年は「アラフォー」が流行語になった。40歳前後の輝かしい年代をそう呼ぶようである。それにあやかり「アラサー」は30代前後の人を呼ぶようである。それなら50代、60代の人ははどう呼ぶのかなと思ってしまう。

そんなことを考えていたら、60歳前後の方は「アラカン」と呼ぶらしい。なるほど還暦を迎える年代だからだろう。そうなればさしずめ小生などは、「アラコキ」(昨年古希を迎えた)というのだろうか?。

どうも高齢者を総称して「シニァ」と言う表現があるが、どうも「死」を連想する言い方である。だから「アラコキ」と言う表現は面白いかもしれないと思った。さらに「アラキ」(喜寿前後)「アラベイ」(米寿の前後)などと欲張った表現が、今後でてくるかもしれないと思ってしまった。

今日は全くつまらぬことを考えてしまう。これも寒さに閉口して、自宅に巣篭もりしているせいなのだろうか?天気予報では晴天の筈だが、小雨交じりの寒い一日であった。ウオーキングも当然の如くサボってしまいました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

石川遼選手マスターズへ

2009-01-23 16:56:13 | ゴルフ
いや驚きました。今日の夕刊で男子ゴルファーの石川遼選手が、米国ゴルフツアーのメジャー第一戦、マスターズ・トーナメントに特別招待されると報じられている。

既に、米国ツアーには2月と3月に3試合の出場が決っていたが、出場者には厳しい条件が課せられる大会だけに、17歳での特別招待は快挙と言うに足るものと思います。

オフには確りとトレーニングに励んで、プロ転向2年目で掴んだ、夢の大会挑戦を果たして欲しいと祈るのみである。

今日のニヤリ

先日の参議院予算委員会で民主党の某氏が、麻生総理に漢字テストを仕掛けた。その暴挙を党の代表代行が援護した会見をしている。この政権交代を叫ぶ党の代表質問に正直まさか?と思ってしまった。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加