ピーナッツの唄

毎日の出来事を好奇心旺盛に書いています。

交流戦・ささやかな提案

2017-06-19 19:08:16 | プロ野球
雨で流れた一戦を除いて、昨夜で最終戦となった交流戦。
小生は、交流戦がだんだん歪んだ形になるのには反対である。
交流戦を産んだ背景を考えて見て欲しい。
セ・パ・両リーグ12チームが、競い合って日本球界の強化が念頭にあったのだと思うのだ。
当初は、12球団がホーム、アウエーで36試合の対戦であった。
しかし劣勢の続くセ・リーグ側が、試合数の削減を押し進めて来た。
そして現在の、隔年毎にホームゲームを9試合を行うことに改悪してしまった。
本来なら、ホームゲームとアウェーゲーム行うことで、意味があると思う。
そこで提案である、年144試合を行う内の、36試合を交流戦にすべきである。
そして交流戦は、4月、5月、6月、7月、8月、9月に1週間で6試合、計36試合を行う。
この交流戦で、リーグ戦の成績が微妙に変わってくる。それがまたファンの共感を呼ぶ。
毎年の事だが、リーグを超えた対戦は実に面白い。
やはり当初の目論見どおり、36試合の対戦に戻して欲しものだと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松山惜しくも2位タイで終了 | トップ | パソコンのご機嫌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む