ピーナッツの唄

毎日の出来事を好奇心旺盛に書いています。

痛恨のサヨナラ負け

2017-06-18 19:26:24 | プロ野球
交流戦最終戦、我が千葉ロッテMは巨人Gと対戦。
ドラ一の佐々木投手は3点を与えたが、何とかその後を抑えている。
チームは8回に、鈴木大地の起死回生の同点ホームランが飛び出し同点に。
延長に突入して、12回表に2得点を上げて5-3とリード。ようやく勝てると歓んだ。
ところが最後の抑えに回った大嶺投手が大誤算である。結局サヨナラ3ランを浴びた。
痛恨の敗戦で交流戦を有終の美で飾れず、巨人戦では3連敗である。
どうも交流戦の終盤に弱いMの原因は何だろうか?。
リーグ戦が来週から再開する、Mナインの奮闘を期待したいものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日に | トップ | 松山惜しくも2位タイで終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロ野球」カテゴリの最新記事