雪姫鳥の独り語

雪姫鳥の山暮らし、日常に感じる事。
雪姫鳥のニットの紹介、旅した国の回想。
食べ物や子育て、雪姫鳥のエコライフ。

紫陽花の花を見て思う

2017-06-30 | 思い感じる事

ご近所さんの紫陽花が目立ってきました

六月も今日で終わり

母の命日が、六月の末

28日か29日か、はっきりと覚えていない

これも、学習障害?

多分、日にちに興味が無いのだろう

兄は9月の始め、姪は4月の始め

三人の誕生日はしっかり覚えています

命日だからと言って

何か特別な事はしないけれど

紫陽花の花が咲くと、母を思い出す

看護士さんが、紫陽花を母の横に置いてくれた

その印象が脳裏に焼き付いている

命日も自然な死とは違う

病院でお世話に成りましたから

少しは長く生きたと思う

人にはそれぞれのタイミングがある

母の入院は4ヶ月でした

ゆっくり話せる時間が持てたので

早過ぎず、長引かずでした

逢いたい人がいるかと、聞くと

逢いたいなーと思っている位が良い

何となく今なら分かります

 

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何処に住んでも危険はつきもの | トップ | のんびりを受け入れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思い感じる事」カテゴリの最新記事