またまた江戸川橋、いよいよ

2017-01-17 13:56:58 | 日記






さあ、
1月22日よる10時、
日本テレビ系、
新日曜ドラマ
「視覚探偵 日暮旅人」
いよいよスタートです!

スペシャル版からさらに発展、
新たなキャストも加え、
読みきりでありながら、
連ドラでも足りないくらいのストーリー的ヴォリューム。
日暮旅人ととりまく人々の現在過去未来(ワタナベマチコか)が織り成す錦糸町奇譚。
まるでヒューマニズムとミステリーとコメディのミルフィーユやー!(ヒコマロか)

とくとごらんあれ!
言うまでもなく今年初の作品であり、
気合い入りまくった作品です。
お楽しみに!!!




さてこの一週間、

車がパンクしたり、
風邪ひいて倒れたり、
いろいろしんどいことも多々あったが素敵なことにもたくさん出会う。


イチオシのバンド
RABUTORA(先週まで乱舞虎)のライブで下北沢に。
やはりカッコいい!
新しいアルバムに「日本よ、なぜこの怪物バンドを野放しにしておくのだ」というコメントを寄せたが、
まさに怪物バンド。
聞くと一瞬でその世界に引きずり込まれる。
バードなロックにハープの音色もなぜか懐かしい。
このドライブ感、
オヤジ、感激!
(ってウレシくないよね)


同じライブでみた、

キミトサイン
うーむ、実に完成度高い!
いつか世の中にリベンジしそうな、、

結城リナさん
やばすぎる!


CDくれた
Silvertreeもストレートで突き刺さる!

なんと皆様レベルの高いこと。
日本のロック、
捨てたもんじゃねー!



あと、
劇団「殿様ランチ」の板垣雄亮さんの書く脚本が面白い!
なんか笑いとリズムが近いものがある。
なんかその内ご一緒したいなー。


あと、
センチメンタル・シティ・ロマンスの中野督夫さん(高校の先輩)の新アルバム「輪」はでらすげえでいかんてぇ。
やっぱロックはギターだがー。
ギターやっとるレジェンドは神だで、神!
まーかいテレキャス出して弾こまいか!

おっと、
すいません、つい。


あと、
風邪で24時間寝まくった時にたまたまみたCDTVに登場していた
Suchmos
にやられた!
ピチカートファイブ、オリジナルラブ以来の衝撃。
“”Stay tune in Tokyo friday night yeahー”
毎日の出発のテーマソングだ。
ハマりまくり!



あと、
映画「この世界の片隅に」

言葉を失いました。
そういえば死んだウチの母も“スズ”コ。
そう思っただけでなにかいろいろダブり、
(年齢的にもほぼ同じ)
一気に引き込まれました。

さまざまな意味で日本中の方々がこの映画になにかを投影できるはずで、
そして心の奥底を掴まれ、
揺り動かされ、
何かに怒り、
悲しみ、
そしてこの映画の世界の続きをきちんと生きるのだ、と気持ちを新たにする。

素晴らしすぎて、
カッコ悪いほど、
この映画からもらったものは大きくホントにありがたい。



世界は刺激が多いが、
ワタシもワタシなりにがんばります。
決してヒマではありません。
あしからず。



とにかく、
ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」
ごらんあれ!









コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

やはり江戸川橋

2017-01-09 13:55:15 | 日記



1月22日よる10時スタート
新日曜ドラマ
「視覚探偵 日暮旅人」
の編集が進む。
半秒以下の細かいカットの抜き差しが大きくニュアンスを変える。
ちょっとしたことでまったりしたり、
怒りを増幅したり、
笑えたり、
より涙を誘ったり。

不思議なものである。
何度も何度も長くしたり短くしたり前後を入れ換えたり別のテイクやアングルを使ったり。
たいへんだが、
必ず正解が見つかる。

それが気持ちいい。

まあ視聴者の方々にはそんな裏事情は関係ない。

が、
パッとみて「面白い!」「来週も見たい!」と思っていただけるべく、
徹底的に“ちまちま”と奮闘努力するのです。






昨日はひどい雨だったが、
夕方、武道館。

Little Glee Monsterのライブ。

結論から言うと武道館で40年以上ライブをいろいろ見てきたが、
“NO1”に近い、素晴らしいライブだった!!

まずはものすごい歌唱力、
2時間以上歌い続け動き続け乱れない歌唱力!
完璧なコーラス、アカペラ!
恐るべし!
そしてついつい目で追ってしまうキャラクター、
世代を越えて楽しませる圧倒的ステージング、
構成、装置、バンド、
何をとっても非の打ち所がない!

そして埋め尽くした一万数千名の客の温かさ、一体感。
メンバー本人のみならず関わったすべての人々、お客様を堪能させる“幸福”なライブだった!
何度もうるっときたし、
何度も映像が浮かんだ。
きっとその場にいた一万数千名も同じだろう。
自分が重なりあうシーンが心に浮かんだはずだ。
やはり凄い歌唱力とメロディ、歌詞は人間の一番深いところを揺さぶる。
まさに音楽の力!


その基本中の基本を天才的にクリアしているこのグループは、
恐るべしかわいい「モンスター」である。
いくつかの夢、
オリンピックやグローバルなステージでの活躍も彼女たちの実力からすれば決して夢ではないだろう。


雨はひどかったが、
最高の夜でした。
LGM、ありがとう!





映画「RANMARU 神の舌を持つ男」
いよいよ公開も終了か。
ありがとうごさいました!
そしてラストチャンス!
ぜひごらんあれ!
(朝イチかもですが、スイマセン)





さて、
編集。
第2話である。
がんばります!





















コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

江戸川橋

2017-01-06 17:48:08 | 日記





すっかり正月気分も抜け、
いつもの編集室でがっつり編集。

1月22日よる10時放送(通常は10時半スタート)
日本テレビ系
新日曜ドラマ
「視覚探偵 日暮旅人」

一昨年、秋に放送したスペシャルの連ドラ版、
かなり内容的にパワーアップしてもどってくる!


ぜひに!
ぜひに!
ごらんあれ!




日曜夜に河内ポテト、
間違えた、
カウチポテトで(←死語)
一杯ひっかけながら(昭和か)
ブラウン管の前で(ほとんどない、液晶だ)
チャンネルは日テレ系(回すイメージ)
できればオンタイムで(お願いします!)
ごらんあれ!
ごらんあれ!
ごらんあれ!








コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

元旦 東京無人百景

2017-01-01 20:31:04 | 日記




明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。






元旦の夜、
ウォーキング。

久々に東京で正月。
毎年なんやかんやで実家だったりどこか行っていたり。
今年は東京。
ただ撮影と編集の合間なので数日だけ。
なにしろ22日に初回放送。
キャストスタッフがんばった結果を編集や音で更にパワーアップしなければ!

元旦。
朝は厄払いと初詣で近所の神社。
昼は子供と遊び、
そして夕食後、
一年の計を沈思黙考するべくウォーキング。


しかし、
無人の風景に憑かれ、
断続的にシャッター。







見慣れた風景や空気が、
まるでSF映画のように一変。
一年の計は、
おあずけ。








コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もお世話になりました

2016-12-30 11:10:27 | 日記




比較的静かに今年最後の撮影が終わりそうだ。
いつも賑わっている祖師ヶ谷のスタジオも今日は静か。



今年もたくさんの作品を作ることができた。


スペシャルドラマ「刑事バレリーノ」
映画「真田十勇士」
舞台「真田十勇士」
舞台「熱いぞ!!猫が谷」
「Kesennuma,Voices.5」
「東海テレビ みんなのニュースOne 取材」
ドラマ「神の舌を持つ男」
映画「RANMARU 神の舌を持つ男」
舞台「AKBリーディング 恋工場」
舞台「河文歌舞伎」
「TOKAIサミット 密着」
「NAGOYA-DAGAYA5」
ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」



今年携わった主な作品である。
大きなプロジェクト、
未経験で意欲的プロジェクト、
ずっと温めていた企画、
たくさんのタイプの作品に挑戦できた。
ご覧いただいた皆様、
ささえていただいた皆様、
キャスト、スタッフの皆様に本当に感謝いたします。
ありがとうございました!



さらに「結果」が充分ではない作品もいくつかあったことに極めて大きな責任を感じる。
反省を糧にして来年以降も作品を創り続けていきたい。


まさか61歳になるまでこの仕事を続けているとは思わなかったが、
まだまだ“欲”が出てきているのも事実。
作りたい作品が毎日浮かぶのも事実。
多少焦りながら、
来年も精進します!






映画「RANMARU 神の舌を持つ男」
まだまだ公開中!!
だいぶん回数は少ないですが、
未見の方々、
是非に!是非に!劇場へお越しください!
このタイプのギャグてんこ盛りの作品はもうしばらくない予定なので観てやってください!



そして
1月22日日曜日よる10時スタート(初回のみ、通常は10時30分スタート)の
ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」
キャストスタッフ年末年始カンケーねー!と昨年放送したスペシャルを越える面白い企画に挑んでいます!

どうぞご期待下さい!!






この季節の夜明けと夕方の美しさは格別だ。
そのなかを車を運転しながら20代に聴いていた名曲の数々を聴く。

いまでも、
いや、
あらためて心に滲みる。
素晴らしいことだ。
生きてて良かったと思える。
前を向ける。

そんな人を「本当に感動させる」作品を創り続けたい。
そのためにはワタシが“感動”し続けないと。

年の瀬に思う。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加