裏ユキヒロック

ロックとバイクとラーメンが大好きだ。

SEE YOU IN 歌舞伎座 当日券「一幕見席(ひとまくみせき)のすゝめ」

2016年08月23日 | ひとりごと・日記
「死ぬ前にしたいことリスト(俺調べ)」に書いてあった、「歌舞伎座で歌舞伎を観る!」を実現して来ました。

2016年の8月は、「八月納涼歌舞伎」と言うことで、中村勘九郎、七之助兄弟や、中村獅童、市川染五郎さんなどなど・・・

出し物も「夏」らしいお話ばかり。




●はじめての歌舞伎座・・・講座?

1.アクセス
東京駅からですと、「東京メトロ 丸ノ内線 荻窪行」で「銀座駅」で下車。東京メトロ日比谷線 北越谷行に乗り換えて、「東銀座」駅下車。東銀座駅自体が、歌舞伎座専用駅みたいになってます。改札を出て、エスカレーターで地上に出ると、もうそこは歌舞伎座の建物です。東銀座駅は通称「歌舞伎座前」と呼ばれてるくらいなんだそうです。

2.チケット
ちゃんとした席(予約席)(1等席14,500円とか、2等席11,000円とか)は、チケットWEB松竹というサイトから購入出来ます。
この券は1部~3部ごとに販売されてるようです。(部ごとの値段)安い3階席(5千円~3千円)などは販売と同時に(7月12日に販売受付開始だったようです。)売切れの状態です。

でも「安心してください!」

歌舞伎にも「当日券」ってのがあります。「一幕見席(ひとまくみせき)」と呼ばれます。(通称:幕見・まくみ)
4階席(場内の一番後ろ)になり、椅子席が90席くらいと、その後ろに立ち見席が30人くらい並べるのかな?劇場はとても急な階段状になっているので、一番後ろは4階に当たるんですね。エレベーターで直通になります。



●「一幕見席」のチケットの買い方
歌舞伎座の正面入口に向かって、左側に「並ぶ」スペースがあります。私は第1部(午前11時開演)の幕見席をとりたくて、1時間前に並びましたが、少しだけ遅くて「立ち見」でしたが、難なく「一幕見席」チケット、ゲットだぜ!
一部の1幕「こもち山姥」と、2幕「権三と助十」の「通し」を購入できました。1幕目は立ち見席でしたが、2幕目は座れました。
1幕だけのお客さんが終わって退場すると、2幕目も一緒に購入(通しで買った)を買ってた僕らは優先的にその開いた席に座れます。なので、「通し」をオススメします。演目も一幕ごとにスタイルが違っているので、1幕だけ観るのと2幕観るのでは、「歌舞伎」のイメージが全然変わってきます。

●「一幕見席」の注意
・1部、2部、3部とありますが、各部ごとに販売されます。各部の1時間前くらいから並ばないといけません。代表者が並ぶのでなく、必ず観る人全員が並んでいないと買えません。(ひとり1席)ただし、各部に1幕、2幕があれば「通し」は一緒に購入できます。(ぜひ、通しをオススメします。)

●「一幕見席」の価格
「一幕見席」は花道が見えにくいし、4階席なので舞台から遠いですが、一幕1,500円。 「通し(今回は2幕)」でも3,000円でした。

通常は、「3階B席」の価格と同じになるように設定されるんだそうです。

音声ガイドのレンタル料は、500円+保証料1000円(借りる時に保証料として千円取られますが、返却時に返されますので実質500円。)




●八月納涼歌舞伎(2016年)の感想

第一部 

・一幕目 「嫗山姥(こもちやまんば)」11:00-12:02


古典?と言うのでしょうか?イメージしていた「歌舞伎」らしい「歌舞伎」でした。
舞台、衣装、踊り、音楽、ストーリー、殺陣というのか知らないですが、チャンバラ? どれも洗練されていて、一切のムダがない。ストーリーはパンフレットを読めばだいたいわかりますが、言葉遣いが古典なので、「じぇんじぇん、わかりません。(笑)」やはりここは音声ガイドを借りて観た方が面白いです。副音声的な感じです。

女が、自分を捨てた昔の男とひょんなことから再会するが、その男が目の前で自害してしまうと、男の体から飛び出た「赤い玉」が、その女のお腹に入り懐妊。そして妖力を持つ「子持ちやまんば」になるお話。
後日談としては、その赤ん坊が後に「桃太郎」になるらしいです。そういうとこが粋というか、実に面白い。

エンタティナーとして、とても優れています。

最後のやまんばと、役人達の戦いのシーンがハイライトですが、これがちょっと可愛いらしい。

・幕間 30分(ここで、1幕だけの人は帰るので、通しで買った人はそのまま空いた席に座れます。)お弁当を食べてる人達・・・旨そうでした。羨ましい。持参するのもアリみたいですよ。駅弁とか買っていくのがいいかも。

・二幕目 「権三と助十(ごんざとすけじゅう)」12:32-1:43
権三は獅童で、助十は染之助。
大岡越前の話で、「大岡裁判 小間物屋彦兵衛」が下敷きにあって、その「裏話」的な・・・スピンオフと言うか、その話に出てくる「庶民」の方にスポットを当てて裏舞台を表舞台にしたと言う。。。なんとも粋な趣向なのです。

なので、本来主役である大岡越前は登場しません。一切出てこない。お白洲でのお裁きもない。あくまで、登場人物である「権三と助十」が主役。

裏長屋の「江戸っ子」庶民の「てやんでぇ~!」なお話になってる喜劇です。台詞もぜんぜん普通に通じます。

とてもわかりやすく・・・でも、最後は「おお~!」と驚く一発逆転劇、大どんでん返し!的な。実に面白かったっす。

第二部は、「宙吊り」のある「東海道中膝栗毛」・・・観たかったなぁ~・・・でも、一幕見席の場合は、また並んでチケットを買うところからだし、もう一部を観てる間に販売は終わってます。もしもっと見たいなら、第三部の一幕見席に並んで買うしかないです。

今回、本当に観たかったのが第三部。笑福亭鶴瓶さんの創作落語を歌舞伎にしたという「廓噺山名屋浦里」で、鶴瓶さんの息子さんも出演してるというものでしたが、諸事情あり観れませんでした。(^^ゞ


とても驚いたのは、マイク無しであんなに台詞が聞こえること。

そういう設計になってるのでしょうが、やはり役者さんの発声・・・凄いんでしょうね。「生音」であんなに人を感動させることが出来るってのは、電気の力で増幅させてるロック・ミュージシャンとか言っても、、、「敵わなねぇ~なぁ~」と思いました。

これだけネットで何でも観れちゃう世の中だけに、「生・LIVE」ってことに価値があるのだと思う。

また、行きたい。 行ったことがない人はぜひ! とても、オススメです。

RIOの閉会式の言葉を借りれば・・・「SEE YOU IN 歌舞伎座」です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マエストロ! | トップ | フェーン現象な夕景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。