裏ユキヒロック

ロックとバイクとラーメンが大好きだ。

五十歩百歩

2016年12月28日 | ひとりごと・日記
五十歩百歩

どっちもどっち・・・的な意味と思うが、よくよく考えると

50と100じゃ、倍も違うやん。そうとう違いあるやん。

歩いた歩数じゃわかりにくいから、現金で考えてみる?

50万円と100万円じゃ、

どーよ?

意味というか、言われを調べてみた。


中国の戦国時代に、梁の恵王が「自分は、凶作の地にいる民を豊作の地に移住させるなど、常に人民に気を配っているのに、なぜ各地から人民が集まらないのだろうかと孟子に尋ねたところ、孟子は「戦場で五十歩逃げた者が、百歩逃げた者を臆病者だと嘲笑したら、どう思うかというたとえ話をした。
「逃げ出したことには変わりないのだから同じだ」と答えた恵王に、孟子は「その道理がわかっておられるなら、人民の数が他国より多くなることなど望まないことだ(人民が苦しむのを凶作のせいにしていては、他国の政治と大差はない)」と言ったという故事に基づく。
同様の立場にありながら、相手を嘲笑する愚かさをいう。
「五十歩を以て(もって)百歩を笑う」とも。


なるほど、そーゆーことやったんかー。

しかも、もっと驚いたことが、ひらがなにすると・・・

「ごじゅっぽひゃっぽ」でなく、「ごじっぽひゃっぽ」


なんですってよ、奥さん!

え? 常識っすか?


ええ、調べることに「火がつきました。」



ごZippo百歩。

とか? 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスにサプライズ・プ... | トップ | 本年も大変お世話になりました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。