畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

春の気配の堀之内遊歩道(その1)

2017-03-12 20:54:42 | 登山

 

 昨日はパートを終えて帰宅すると、スベルべママに山歩きに誘われた。

晴れの日だったとは言え、パートでは駅舎の屋根からの落雪を片付けていたりしてややオーバーワーク気味。 

 

  それでも、やはり晴れた日の午後なんて部屋で過ごすにはもったいない。

よしっ、ばかりに話に乗って一緒に堀之内遊歩道に向かいました。ここが登山口です。

 

  ブナ林越しに越後三山、越後駒ケ岳が白く輝いて見え始めます。

暖かくなり、このまま春かと思った矢先、先日60センチを超える降雪があり、また純白の世界に。

 

  午後3時ころからの入山でしたが、雪の道はしっかりとしています。

下山中の一学年上の先輩に会いましたが、彼がいつも雪道を踏んでくれているようです。

 

  ブナ林が終わり、尾根の上の見晴らしの良いところに到着。前の斜面には底雪崩の跡がくっきりと。

遠くの山は左から荒沢岳、越後駒ケ岳、中の岳、八海山と続いています。

 

 少しズームアップして、越後三山だけを移しました。

右上の杉林の左にポツンと人影が見えます。体も少し汗ばんできました。もう一息頑張りましょうか。

           (続く)

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春を待つ夕餉 | トップ | 連載102-4「雪国の暮らし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。