畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

連載92-2「烏」

2016-12-10 04:32:04 | 暮らし

    (烏のカッコと母と妹)

         「烏」-2

 ある日の事、小学生たちがはしごを担ぎ賑やかに来る。見るとまだ羽根の生え揃わない、

カラスの雛を何羽か抱いている。私が独活(ウド)を採りに行った際に見つけて、

巣の在りかを教えたカラスの巣から、親の襲撃をかわしつつ、捕まえてきたのである。

 

 私が教えたのだから、一羽を譲ってくれと頼み、小柄ではあるが気の強そうな一羽を選んだ。

幸い家族全員が動物好きな我が家。誰も非を唱えることも無く、私のいない日中は、

母が面倒を見ることになった。

 

 他の家に行った子カラスは、全て死んでしまったが、母の世話のお陰か「カッコ」と名付けた、

我が家のカラスはすくすくと成長した。雑食性であり、餌に困ることも無い。

猫と同じに家に上がり込み、食卓のおかずをさりげなく見回し、気に入ったとなると、

すばやく咥えてしまうのだった。

 

畑仕事には当然のような顔をして付いてくる。母の背負った籠の縁にとまり、

坂道をゆらりゆらりと揺れて行く。畑ではコオロギなどの昆虫が大好物で探し回る。

 

赤い布切れを首に巻いてあげていたので、隣の畑に行ったりすると、

その畑の主は「赤い首飾りをしたカラスがいる」なんて大声を上げて驚いていたものだった。

            (続く)

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪大根を採った後は・・・。 | トップ | 雪の中で最後の収穫(その1) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピースママ~♪)
2016-12-10 08:03:38
素敵な写真でなんだかほっこりします
それにしてもカッコちゃんを馴らすなんてすごいですね
ピースママ様 (スベルべ)
2016-12-11 08:26:53
 驚かれたことかと思いますが、実は飼育は意外に簡単でした。
何せ、餌の好き嫌いなんてない、いわばグルメなやつで何でも食べるのですよ。
難しいのは、子カラスの確保でしょうね。
巣を狙う敵には必死で立ち向かうと言いますから、あの頃子供たちが捕まえたのも不思議です。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事