畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

写真と絵画(白象展に誘われて)

2017-06-14 07:50:24 | 暮らし

 奥会津、三島町宮下地区で「手わっさの里祭り」を見物中に同級生から電話が入った。

魚沼市小出で、市内の絵画愛好家、画家たちのグループ展へのお誘いでした。

 事前に彼からの連絡もあり、その後新聞でも報道されていた。

9日、初日に時間を作っていこうと思っていたが叶わず、11日の帰りに寄ろうかと考えていた所でした。

 

 特に彼が強く誘ってくれたのは、スベルべが昨年の晩秋に写した写真を画材したからです。

彼は近隣では名前が知れ渡っている画家で、中学生時代から彼の技は群を抜き際立っていました。

 

 スベルべが気に入った風景で、ブログにアップしたけれど彼がすぐに見て、電話をくれたのでした。

本当に偶然、自然が織りなす絶妙のコントラストは彼の絵画センスをも刺激したようです。

 写真を貰えないかと乞われ、自前のプリンターでA4に引き伸ばして進呈したのでした。

今回初めて完成した絵に引き合わせてくれたのだけれど、製作には何十時間も掛けているとのことです。

 

 地元の画家グループ「白象会」の画展であり、さすがに地元の風景が多いですね。

新聞などで名前は見かけていても初めて見る画家たちの作品が多く、いわばアットホームな雰囲気さえ感じます。

 

 そして、これが今回の打ち合わせなのか白象会の画展はいつもの事なのか自画像が添えられている。

10数名の現会員の他、他界された会員の作品等80数点の作品を慌ただしくではありましたが堪能。

 毎日、畑仕事に追い回されている日々の中で、束の間とも言えぬ充実した二日間でした。

最後までブログをご覧いただけましたら、再度写真と絵を比較してご覧いただきたいものです。

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第31回ふるさと会津工人祭... | トップ | 第31回ふるさと会津工人祭... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動しました! (Hidemomo)
2017-06-14 09:02:27
当に自然が造り出す芸術作品ですね!
この光景に遭遇したスベルべさんもラッキーでした
私もこの場所にいたら 間違いなくシャッターを押していたと思います
以前から写真と絵画はとても近い存在思っていました
絵画は必要としない(写り込み)ものは書かなくて済むと云う利点はありますね!
Hidemomo様 (スベルべ)
2017-06-15 04:11:21
 身の回りの日常的な風景ながら、一瞬のチャンスで生まれた感じです。
朝早くから動き出すとまさに「早起きは三文の得」で、野生動物にも出会います。
さて、絵画のお話ですが、こうして比較してみると双方の良さ、
特徴が多少は理解できる気がします。
でも、時間をかけ細かな作業を続ける彼の技にはとてもかないませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。