畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

笹を採る

2017-07-11 05:12:43 | 山菜

 法事に列席し留守をしてしまった土曜日の農天市場に来てくださったお客さんから笹の注文があった。

日曜日の朝、一人で山に笹を採りに行く。山はどこに何があるかはすべてわかる。頭に地図が入っています。

 

 笹は、大きな葉の採れる場所。中くらいの葉が採れるところ、小さい葉が採れるところと知っている。

これは大きな葉の笹が茂っている場所です。映像が手振れと思ったけれど、朝露で濡れたのかな。

 

 笹の葉は一枚ずつ採るのではなく、こうして茎を折り取ってきます。

何本もの笹を、採ってきては軽トラに積み込む。

 

 持ち帰り、農天市場の中でハサミで枝から切り離す。

この過程で虫食い跡のあるものなどを除外しますが、採って来た葉は半分以下になってしまう。

 

 大き過ぎるほど立派な笹の葉です。

予約されていたお客さんもこの大きさに驚き、そして大満足。「チマキ」作りに使われるそうです。

 たくさん採って来たので、150枚ほどお譲りしたけれどもまだ残りが沢山。

すると、また別のお客さんが笹の葉に目を留められ、残りを全部ほしいとのこと。

 もちろんお譲りしたけれど、「チマキ」には大小二種類あると便利だとか。

大きな葉でもち米を包み、小ぶりの葉で蓋をするように巻き上げるのだとか。

便利屋でもある農天市場はどんな注文にも応じられますよ。

ジャンル:
環境
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草食系になりそう | トップ | ジャガイモ掘りが一気に本番突入 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2017-07-11 22:41:45
新潟と長野は同じなのでしょうか。弟の話だと「○○がほしい」というような注文があるので山に採りに行くのだそうです。山の便利屋? タケノコを採りに行くとマムシがいることがあるので捕まえて来るとそれを聞いてすぐにほしいという人が現れるんだとか。
チマキにするのですか。大きい笹の葉ですねー。香りもいいでしょうね。
ミケ様 (スベルべ)
2017-07-12 04:55:55
 うーん、そうですね、大抵の注文には応じられるのかな。
笹だってサイズを聞いて注文に合わせることさえできますから。
昨年は「マムシ焼酎」も小瓶に分けて売り出したけれど、
ヘビの大嫌いなスベルべママには不評で今年は自粛中です(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。