畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

「角田山」は雪割草の花盛り(その5)

2017-04-06 05:27:32 | 登山

 

 先を行く登山者の女性たちがしゃがみこんで何かを見ている。

近づいて一緒に見ると、南向きの斜面にカタクリの群生があり、ちょうど満開と言った風情でした。 

 

  何人かを追い越し、小走りに下りるスベルべママの足取りはますます快調。

本当にきれいに整備された登山道で、それだけに登山者の多さを物語っているかのよう。

 

  登山口がもうすぐと言うところで、分岐する小道がある。そしてその道の脇にはたくさんの雪割草。

登る際にも気づいていたけれど、簡単に雪割草だけを眺めて帰るコースなのでした。

 

  きっと何方かが植えて増やしたのでしょうね。

何種類もの雪割草を二人だけで十分に見て楽しめるのでした。

 

 こんなブルーの可愛い雪割草もあり、角田山来て良かったなーとしみじみ思います。

小さな神社の脇の小道、参道を歩くと目の前に駐車場が見えてきました。

           (続く)

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「角田山」は雪割草の花盛り(... | トップ | 仕事始めは「芋床」作りから(... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2017-04-08 01:01:49
雪割草がきれいに咲いていますね。カタクリもあるし昇り降りが苦にならないでしょう。こちらでも登山道の脇に花を集めて植えてあるところがあります。それなりに楽しめるのいですが自然のままの方がいいかも、なんて思いますね。
ミケ様 (スベルべ)
2017-04-09 05:08:52
 本当にそうですね。でも、この山も一時期は盗掘が問題視されたことも。
心無い人たちが結構いるのは悲しいことです。
道を外れた遠くの斜面には雪割草の群生地も見えましたが、
踏んではいけないと、立ち入って近づくことはしませんでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。