畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

大人の遠足(その5)

2017-05-14 04:11:08 | 暮らし

 

 奥さんには見て頂いたことがあったけれどもマスターは見ていないというビューポイントへ。

緑の濃くなってきた雑木の緑を前景に、下では代掻きが済み田植えを待つばかりの水田も見えます。

 

  権現堂山の雪もほとんど消えました。

晩春から初夏へと向かう、宇賀地郷、盆地の風景です。

 

  越後三山の雪も大分少なくなりましたね。

山の名前が覚えられない人は、右から「ハ・ナ・コ(はなこ)」と覚えるのだとか。

 八海山、中の岳、駒ケ岳だと言うことですが、覚えられないなんて山好きのスベルべには考えられない事。

越後駒ケ岳の後方に見える荒沢岳も含め、どの山も家族で登った思い出の山々です。

 

  はい、近くに目を転じましょう。

この花はご存知でしょうか。木の芽、アケビの蔓に咲く「アケビの花」ですよ。

 

  後片付けを済ませ、大事なものは軽トラに格納していざ出発。

さて、また山菜でも採りながらゆっくり歩きましょう。我が家までは3キロと少しです。

 

 かってマックスが走った道路です。

少しきつい登坂もここで終わり、後は平たんな道から下りに掛かります。

 歌も出そうな大人の遠足です。

相変わらず、天候は穏やかで春の遠足としては最高ですね。

          (続く)

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連載111-2「豪雪と友情」(その2) | トップ | 大人の遠足(その6終わり) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (meibi)
2017-05-14 08:51:20
田植えの準備が出来ていますね。
アケビの花は見ているはずですが、
こんなだったんだと見ています。
実は木に登って、子供の頃に良く食べました。
遠足は楽しいですね。
Unknown (ミケ)
2017-05-15 00:39:08
田圃に水が入って鏡のようですね。蛙が慌てて鳴き始める頃です。子供の頃は蛙の合唱が子守歌でした。
最近まであんなにあった里の雪がすっかり消えてしまって、山は冬の姿で夏になりますね。
meibi様 (スベルべ)
2017-05-16 04:33:35
 なんだか、この頃の田植えは一斉ではなくて不思議です。
人間の休日に合わせて作業しているのかなー。
アケビの花は、小さいけれども紫色で洒落た色ですね。
本当に楽しい一日でした。「良く働き、良く遊び、良く飲む」でした。
ミケ様 (スベルべ)
2017-05-16 04:36:58
 わがカントリーはいますさまじいほどのカエルたちの鳴き声です。
一度、農道で「うるさい!黙れ!」と怒鳴ったら一種な静かになり笑わされました。
先日、国道の歩道を歩きながら怒鳴ったら、反応なし。
自動車の行きかう音で、騒音慣れしているカエルたちでした(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。