畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

連載83-2「貧乏旅行」(その2)

2016-10-01 04:27:05 | 旅行

(数学の授業の後かなー、終わって休み時間になると一斉に突っ伏して寝始める)

  「貧乏旅行」(その2)

 平泉での宿泊地には貧乏旅行の節約精神も有り、ユースホステルを選んだ。
しかしその宿は後年内容を知り驚くことになる。
その宿は御寺で有り「毛越寺」と言う名刹だったのだ。

 今では宿泊など考えられない事だが、あの有名な史跡でもある寺院だったのです。
開山の歴史は藤原三代よりも前の時代らしいが、藤原氏が手を加え、
浄土庭園と呼ばれる形式の大庭園にしたと言う。

 その「毛越寺」の庭には大きな池も有り、
往時船を浮かべて遊んだ貴族の姿が幻の様にまぶたに浮かぶようにさえ思えた。

 翌朝は早立ちし、東北本線の普通列車に乗る。
列車内は行商に出かけると見受けられる年配の女性が大きく、元気な大声が車内を行き交う。
会話の内容は異国の車内の様で全く分からない。

 でも、しきりに「オシラサマ、オシラサマ」と言う単語が耳に入り、
柳田國男の編纂した「遠野物語」の中に入り込んだような幻覚を楽しんだ。

 何処をどういう風にさすらったのか遠い昔で記憶に薄いのだが、
海岸部の宮古市も訪れ浄土ヶ浜にも足を運んだ。よほどお腹が空いていたのか、
近くの食堂で食べた炒飯のサラサラとした出来上がりと味の良さが忘れられない。

            (続く)


『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 掘って掘ってまた掘って | トップ | 連載83-3「貧乏旅行」(その... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とんぼ)
2016-10-01 12:59:14
とても貴重な画像ですね
見た瞬間、昔の中学生のイメージがガラッと変わりました
授業が終わると多くの人が突っ伏して寝るのは昔も今も同じなんですね(笑
とんぼ様 (スベルべ)
2016-10-03 05:46:10
 この一枚は、カメラが好きだった友人の一枚かと思います。
先日、この仲の良かった友人が10年以上も前に亡くなっていたことを知り愕然としました。
この光景は見れば見るほどおかしいですね。
突っ伏して寝る奴に、談笑する奴に復習しているのか本を見ている奴も。
50年以上も前の教室風景ですから貴重な一枚ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。