畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

13年前新聞投稿「人名用漢字の追加案を見て」

2017-07-14 04:27:31 | 暮らし

  「人名用漢字の追加案を見て」13年前の投稿から

 人名用漢字の見直し案が発表されました。本当に名前に使うのだろうかと思われる字が多数含まれています。

法制審議会の人名用幹事部会で、まとめた案との事です。 

それなりの見識を持つ専門家がまとめられたのでしょうが、残念ながら美しい日本語とは程遠い印象に驚いています。

常用平易と言う基準にも大きな疑問を持ちます。


 時代の流れでしょうが、本離れ、活字離れが言われ始めて久しいのに、

新聞の出生欄でも何と読むのか苦しむような名前が多く見られます。


 源氏名のような女の子、劇画の主人公のような男の名前。

親の趣味でつける名に不満を唱える訳ではありませんが、人間は生まれ、成長し、そして老化します。


 一生誇りに思える名前。そして平易に読まれ、親しく呼ばれると言う原点を忘れてはいないでしょうか。

名前で個性を主張するよりも、教育で人間的な内容で、自主制と個性のある、人間を育ててもらいたいと考えています。


 ちなみに私の名前は、平易で、画数が少ない。呼び易い。という意味で父母がつけてくれました。

今までに何人かの同姓同名の方もいましたが、それで苦労したという事は皆無でした。親に感謝しています。


   (13年も前に全国紙に投稿し採用になった一文です。そのころからしばらくして、

新しい変わった名前は「キラキラネーム」と呼ばれるような時代にもなりました。

でも、皮肉なことに最近は昔風の名前に回帰する傾向も出てきているとか。その理由が振るっている。

変な名前を付けた親だと思われたくない。笑われたくないと言うのがその理由だとか。

ま、私の考え方からすると、ようやく若い親たちもそのことに気が付き始めたかな。って気持ちです。)

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞投稿から「不安募る和南... | トップ | 雷雲とジャガイモ掘りの競争 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2017-07-14 23:04:25
キラキラネームの年代がおじいちゃんおばあちゃんになった時のことを考えると、生活もキラキラしていたらいいのですが、それは本人たちの努力ですね。
ミケ様 (スベルべ)
2017-07-15 05:03:34
 ま、お年寄りが集まる施設じゃ大変なことになるのかも。
本当に個性なんて名前で主張するのではなくて、生きる努力で作り上げてもらいたい。
そんな気持ちで書いたのと、その人名用漢字の追加案を作った、
学者先生たちに反発を感じて書いたのでした。
「毒」なんて文字も追加されたんじゃなかったかな。学者の見識を疑いました。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。