畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

洪水の傷跡(その3終わり)

2017-07-31 04:49:12 | 自然

 一昨日の朝、前日夕方10日ぶりに開通した山の畑への道路に行ってみました。

ここが最初の崩落個所です。崩れた土砂は運び出さずに両側に押し付けただけです。

 

 6年前の「新潟福島豪雨」の際にも大きく壊れた「麻畑沢」の出会い。

大きな沢と、その水を道路下に通す細いヒューム管。大雨には弱すぎる構造です。

 

 さて、「麻畑沢」を通り過ぎると、アスファルト舗装が大きくめくれ上がった場所。

壊れたアスファルト舗装を道路わきに押し付け、流れてきた土砂で簡単に塞いでいました。

 

 ここからは延長にして数10メートルにわたり斜面の崩落で農道が埋まった場所。

崩落した土砂の量、土量が多く運び出しにはやはり相当の日数を要することでしょう。

 

 痛ましいことは、崩れた斜面の大量の土砂は道路を越えて下の斜面をも埋め尽くした事。

ここは毎年、皆様にお見せし自慢していた「カタクリのお花畑」です無残に埋もれてしまっています。

来年の春には切ない被害状況がつぶさに観察されることになるでしょう。

 

 越後三山が顔をのぞかせてくれました。

自然は人間にやさしい面と厳しい面を見せてくれます。

 日本列島を次々と襲った「線状雷雲」に自分の住む地域がやられるなんて思いもしない事でした。

やはり、地球規模の温暖化の影響なのでしょうね。

 あのバカなアメリカ大統領は子供のような発想でパリ協定から離脱しています。

世界の政治的混乱、地球規模の災害の被害は益々その頻度と規模の大きさを増していくでしょう。

ジャンル:
災害
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「なじらん」さ~ん忘れ物~! | トップ | グリーントンネル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (meibi)
2017-07-31 08:38:27
農道はとりあえず車が通る道は確保というところで、また大雨で、崩れそうですね。
なかなか元のように復旧は進まなそうです。
農天市場は美味しそうなスイカも出されていましたね。
雨にも負けず色々、綺麗に出来ていて一安心です。
暑くなりそうですが、元気にお過ごし下さい。
meibi様 (スベルべ)
2017-08-01 04:32:15
 少しの雨でも崩れる恐れがあると言う事で、応急工事も遅れたのかも知れません。
奇麗に復旧するには、何年物年月と莫大な予算を要することでしょう。
本当に「雨にも負けず」ですね。幸い畑の被害は最小限で済みましたから。
当地はまだ梅雨明け宣言がなされていません。
でも、今日からの週間天気予報では傘マークが見えませんから、
今日あたり梅雨明け宣言があるかもしれませんね。

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。