畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

朝霧立ち込める山の畑

2016-11-08 05:26:06 | 

 長岡のフレンチレストラン「アシェット」さんから注文が入り、夜明けを待って野菜の収穫。

朝霧の立ち込める朝で、山の畑に着いてもまだ霧が立ち込めていた。

 

 枯れた薄も霧に覆われ物悲しいような晩秋の風景です。

 

 今年は果樹の良く実った年で、「マックスの柿」と呼ぶ柿の木もたわわに実を着けています。

マックスが居たならば、きっと立ち上がり伸びあがって柿の実を咥えて採ったでしょう。

 

 今にも斜面から続く藪の中からマックスが出てくるような錯覚にさえ陥る。

 

 カメラを構えているうちにスベルべママは収穫の準備ができた様子。

さて、カメラはポケットに収め、収穫を急ぐことにしましょう。

 

 野菜も朝霧に濡れ、畑の中を歩くと合羽のズボンもずぶ濡れに。

そして、水滴となって流れ落ち、ゴム長の中まで濡らしてしまいます。

 

 真ん中は期待の野菜「チーマディラーバ」です。

とう立ちした花蕾を食べる野菜で、小千谷のイタリアン「レアーリ」も期待していますがまだまだ。

 

 収穫を終えて、帰宅し山の上を見るとまだ山頂付近は霧に覆われています。

わずか140mほどの標高差でしかないけれど、ずいぶん気象環境は違いますね。

 この後、大急ぎで10種類を超える野菜を荷造りし、急便屋さんに託したのでした。

新鮮な野菜は、美味しいフレンチの材料としてアシェットさんのテーブルに上がるでしょう。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨大コンニャク芋からコンニ... | トップ | 秋の畑の宝石たち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2016-11-09 22:11:32
田舎に居た時に、この時期になるとこんな霧がお昼頃まで消えなかったことがありました。幻想的でしたね。標高が600mくらいあってすぐ近くに川が流れていましたから川霧かも。見通しが悪くて高速道路は危険ですね。
ミケ様 (スベルべ)
2016-11-10 06:05:32
 標高600mとはすごいですね。きっとおいしい野菜が採れたことでしょう。
我が家のこの山の畑は標高が200mを少し超えたくらいです。
でも、標高70メートルほどの我が家とは朝霧をはじめ、積雪量なども全く違います。
秋から初冬にかけては、こんな朝霧の立ち込める中で野菜の収穫に励みます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。