畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

連載115「早起きの効能」(その1)

2017-06-09 12:09:52 | 暮らし

       早起きの効能(その1)      

  三月も末近くなり、山の畑に行く農道も何時の間にか除雪車により開けられた。

 雪に覆われた道を割ったばかりは、まだ一メートルを超える残雪だった。

ようやく「マンサク」の花も開き始め、可憐な姿を見せてくれる。


 つい先日まで、暗い中の散歩だったが、ようやく日も長くなり、

早朝の散歩も明るい道を歩ける様になって来ている。

 文字通り「春は曙」の気分を満喫しつつ、犬のマックスを連れての散歩に励む。

早足で一時間近くも山道を歩くと結構汗ばむ。


 先日は、思わぬ珍客に遭遇した。山道にかかり、前方を見るとなにやら黒っぽいボール状の物体がある。

誰か子供たちでも遊びに来て、バスケットのボールでも忘れていったのかなと思った。

しかしその丸い物体は、近付いたマックスの鼻息を聞きつけたのか、むくむくと動き始めた。

茶釜こそ背負ってはいないが、紛う事無き狸であった。


 なんと春の晴れた陽気に誘われ、道の真ん中で毛繕いをしていたのだ。

マックスと私に驚いたその狸(結構若いと見た。)は不器用に走り、雪の壁からの上り口を捜す。

やがて杉の木の下の、やや雪の少ない場所を見つけ、林の中へと逃げ込んだ。 

 

 マックスはと言えば、「殿中松の廊下」状態。ハーネスをちぎらんばかりに、いきり立ち後足で立ち上がり吠える。

ようやくなだめ、散歩を再開した。JRの線路からは数百メートルの場所である。

誰でも経験しそうな事ではあるが、実は経験者は少ない。


誰よりも早く、起きだし誰よりも早く山道に入らなければならない。

誰かが先行したら、それで野生の、夢のような空気は消え去り、喧騒の世界に戻ってしまうのだ。


 ほかにもリスを見かけたり、樹上の大きなテンを見つけたりもした。養鯉池で憩うオシドリの夫婦を見かけたりもする。

生き物大好き、野生大好きの私にはたまらない面白さと、そしてきっと健康を、早起きはもたらせてくれる。

            (続く)

          (まだマックスが元気に暮らしていた何年か前に書いたものです。)

ジャンル:
環境
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 里芋植え新方式(その2) | トップ | 「インカのめざめ」に土寄せ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2017-06-10 13:03:31
偶然タヌキに会ったマックスちゃんとスベルベさん。そのタヌキの狼狽ぶりが目に見えるようで大笑いしてしまいました。タヌキもビックリして前足より先に後ろ足が出てしまったりしてコケツマロビツ。巣に帰ったらショックでしばらく外出が出来なかったのではないでしょうか。
ミケ様 (スベルべ)
2017-06-12 12:48:31
 田舎では信じられないような自然との触れ合い、出会いがあります。
こんな自然豊かな田舎に生まれた幸せをかみしめています。
犬と狸は同じ種に属するのでしょうが、それだからこそかマックスはいつも追いかけていました。
自分の何倍もの大きさのカモシカさえ追いかけるマックスでしたから、
狸なんて追われたら本当に災難でしたよ。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。