畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

「チーマディラーパ」を食べてみたら

2017-05-16 04:21:58 | 食べ物

 晩秋に収穫する「チーマディラーパ」だけれど、雪消えとともに再び花芽が伸び食べられるように。

夕食にこの「チーマディラーパ」を使った一品をスベルべママが作った。

 

 頂き物の「鯖の焼き浸し」が主菜、いや従菜かなー。

年寄りのお腹には優しい食事です。

 

 摂田屋豆腐の「おぼろ豆腐」にミツバアケビの新芽「木の芽」です。

「おぼろ豆腐」には、ここのところはまっている「ニラの醤油漬け」を乗せて食べます。

 

 汗ばむような暖かな一日で、こりゃビールが一口欲しいところ。

缶ビールをコップに注がず、直接口をつけて飲むのがスベルべ流。

 

 缶ビールはこの後の酒の前奏曲。発泡酒でも、汗を流した体には十分に美味しいのです。

ロックでそば焼酎「雲海」を頂きます。紙パック入りの安物ですが。

 さて、夕食が終わったら一風呂浴びて・・・・。

と、なれば良いのですが、なんとこの後は夫婦そろって夜間作業に出ることに。

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連載111-3「豪雪と友情」(そ... | トップ | 苗に追われてうなされる? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。