畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

大相撲アオーレ場所(その3)

2017-08-09 04:06:08 | 暮らし

 御当所相撲なんて言葉もありますが、地元出身の力士が簡単負けては人気も落ちちゃいます。

ファン、ご贔屓あってこその相撲。もうプロスポーツそのものの世界であることは否めません。 

 

 御当所とあらば、実力が下位の力士にも勝ち星を譲る。

 言ってはいけない言葉だけれど、八百長ってプロの場合は必ず存在しますよ。

 

 分かっては居てもせずにはいられない世界。

そんな世界を、哀調たっぷりにそして、そして地元への気配りをも見せるのが「相撲甚句」かな。

 

  愛嬌あふれる所作をしてみたり、サービスたっぷりです。

それにしても、昔から知られているように力士って美声の持ち主が多いことは間違いありません。

 

 この中に裸のスベルべが入ったら、どんなことになるのだろう。

なーんて、思わず思ったけれども、ただ頭が禿げただけの子供に見えちゃうのかな(大笑)。

            (続く)

ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連載119「桶か樽か」(その2) | トップ | 連載119「桶か樽か」(その3終... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。