畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

第31回ふるさと会津工人祭り(その10)

2017-06-16 04:20:43 | 暮らし

 一休みした後、再び会場へ。やはり雨のために人通りは少なくなりましたね。

そこで、聞こえてきたのはオカリナで奏でる、聞き覚えのある「マシュケナダ」の軽快なリズムです。

 

  吹いているのはこの愛知からお出での「原木工房」横沢さん。

カセットから流れる伴奏に合わせ木製オカリナで、軽快にリズムを奏でます。

 

  聞き惚れたスベルべトーちゃん。

なんだか簡単に更けそうな気分になってアルトの製品をゲット。

 

 名前をサービスで彫り込むとのことでローマ字表示でお願いします。

材料としては色々な木の材料があったけれども指のサイズに合わせて買ったオカリナは「山椒」の木。

 ま、上手く吹けなかったら「すりこ木棒」にでも転用を図りましょう。

しばらく先を行き、引き返してきたスベルべママは「吹いて聴かせてくれるのでしょうね」だって。

 

 簡単に通り過ぎてしまったけれど、今思うとゆっくりと見させていただきたかった。

遠く「一戸」からお出での木工「手技工芸館」でした。

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャガイモで花見です | トップ | 連載116「早起きの効能(2)」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
興味あるUP。 (花譜)
2017-06-16 15:37:08
毎日、興味深いUPがなされます。

「木製オカリナ」。もしかしたら「コカリナ」でしょうか?

お求めになったのですね。スベルべさん「音楽」のセンスおありですものね。

花譜は少し陶器の「オカリナ」を吹きます。「春風」「埴生の宿」「浜千鳥」などよく、を吹きます。

「なっとうかます」は?です。「納豆をかき回す棒」だと思っています

花譜様 (スベルべ)
2017-06-17 04:43:46
 あ、そうかー「コカリナ」って言うんですね。
センスも何も持ち合わせてはいませんが、元来音楽楽器類は好きですね。
 今は忙しくてなかなか触ってもいられませんが、そのうちにね(笑)。
掻き回すことをこちらでも「かんます」「かんまして」とか言いますから、良い勝負かも(笑)。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。