畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

不思議、水田から太陽が昇って来た

2017-05-17 04:05:26 | 風景

 長年山の畑に通っているけれど、初めて不思議な風景に出会った。

朝霧の濃い、朝でその霧は山の上に近づくにつれ濃くなってきたのだが山の端から下を見ると・・・・。

 なんと、水田に光っているのは太陽でした。

山の上、空の上に太陽は全く見えていない状況です。

 

  山の上の霧の状況です。

下の村々や水田もほとんど見えない条件なのです。

 

  それが、こんな風に一か所だけ光って見えたのです。

 

  この水田と山の畑は140メートルほどの標高差があります。

下では霧が晴れていて、昇ったばかりの太陽が田植えを待つ水田に映ったのですね。

 

 「早起きは三文の得」なんて諺もあるけれど、一人で神秘的な光景に見入っていました。

この朝は、山の畑に着く直前に畑から「越後野ウサギ」が飛び出しました。

 ウサギも不思議な光景を見ていたのかもしれないなー。

一人で朝飯前に一仕事をし、スベルべママにこの風景を知らせるべく家路を急ぎました。

ジャンル:
環境
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苗に追われてうなされる? | トップ | 小雨の中の「芝桜」公園 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピースママ~♪)
2017-05-17 10:52:07
素敵な写真ですね~
本当に幻想的で神秘的~
すごい~すごい~
Unknown (ミケ)
2017-05-17 21:16:04
すごい!
ピースママ様 (スベルべ)
2017-05-18 04:31:12
 本当に不思議で幻想的な一瞬でした。
一人で見るのがもったいなくて、皆さんにも見て頂いたって訳(笑)。
もともと朝は早い方なのに、また早くなり4時前に目覚めることも。
加齢がどんどんと進んでいるってことかなー(大笑)。
ミケ様 (スベルべ)
2017-05-18 04:34:03
 ありがとうございます。
凄いと言っていただけると嬉しいですよ。
一人で見るのは勿体ない風景で皆様にも見て頂きました。
標高差が我が家とは140メートルほどの河岸段丘ですが、
生物も多様性に富み、風景も千変万化の世界です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。