畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

第31回ふるさと会津工人祭り(その13終わり)

2017-06-20 04:18:27 | 暮らし

 

 旅館に泊まった翌日は、前日午後からの雨も止んで涼しい初夏の空気。

「手わっさの里祭り」の通りは歩行者天国になっているので三島中学校の駐車場に車を止めて再び散策。

 

  気になって仕方なかった、衣料品の店に再び入りゆっくりと点検。

女性客のお召し物も素敵ですね。ここは古い木綿をリフォームした品物がたくさん並べられているのです。

 

  聞くと店主は仙台からお越しだという。東北人らしい朴訥なお人柄と見ました。

材料は古い「印半纏」から着物そして布団と、使い込まれて味が出てきた布ばかり。

 

  スベルべママは小さな紋様の手織りの「久留米絣」が気に入ったらしい。

でも、スベルべはこの藍の縦縞紋様のこれを着せたくて仕方ない。

 一度通過し、並んだ店の最後まで見物して、再び訪ねたのでした。

さて、結果はどうなったのでしょうか。ひょっとしたらスベルべママはこれを羽織っているかも知れません。

 

 古い宣伝用の厚手の前掛けで作られたバッグとか小物だって魅力たっぷり。

スベルべも派手な赤い紋様の入った「印半纏」でオートバイに乗りたかったなー(笑)。

 さて、あまりにも魅力的な「第31回ふるさと会津工人祭り」で13回にもわたり紹介してしまいました。

興味のある方は、来年スベルべがご案内いたしましょう。日本の魅力を再発見した旅でした。

              (終わり)

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日赤いカーネーション? | トップ | 山古志へツーリング(その1震... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
古布。 (花譜)
2017-06-20 13:36:13
「古布」の衣料も「ため息」です。

そこへ行ったとしたら「花譜」きっと、「眼」を回して「「救急車」だと思います。

買ったことはないけれど「宝くじ」を当てて、「リュック」にお金をいっぱい詰めて行ってみたいです。

そうそう花譜は「古布」を裂いて「裂き織り」で小物(ボトルケースなど)を作っています。

が欲しいです。
Unknown (ミケ)
2017-06-20 23:20:04
スベルベさんのご案内で見て歩く「手わっさの里祭り」楽しいですね。私も何か記念に、なんて言って買ってしまいそうです。良い催し物ですね。近くの古物市みたいなのに行って見たくなりました。
花譜様 (スベルべ)
2017-06-21 14:30:04
 高額な品物が多いためか、テントの店でも「カード可」なんてのも多かったですよ。
でもねー、安くて手軽な小物類もたくさんありましたから、どなたでも気楽に楽しめると思います。
布製品などはいや、他のものもだけれど趣味からスタートした感じの店も多いような。
最後の木綿の古布を上手に使ったお店には夫婦ではまっちゃいました。
さて、来年はどうしましょう。まだ先の事ですが思案中です。
ミケ様 (スベルべ)
2017-06-21 14:34:11
 このイベントも最初はささやかな催しだったようです。
いつの間にか巨大なイベントになり、喧騒を嫌う人には苦手な感じになったような。
やはり、手仕事には皆さんが興味があり、郷愁を感じるようですよね。
こんな伝統工芸が日の目を見ることは本当に喜ばしいこと。
でも、後を継ぐ人は年々少なくなっているのでしょう。そこが寂しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。