畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

雷雲とジャガイモ掘りの競争(その2終わり)

2017-07-16 04:19:05 | 自然

 わー、これは知らない人が見たらきっと大きなサツマイモ。なんて言うと思うような大きな「ノーザンルビー」です。 

喜んでいるうちに、雷鳴は始めとは違う方角から聞こえ出したような・・・・・。

 

  ようやくここまで掘ったけれども、本当はもう1種類「シャドウクイーン」も掘りたかった。

しかし、次第に近づく雷鳴が、呑気なスベルべの耳にも不安を持って鳴り響き始める。

 

  わ、もうすぐそこまで来ていますよ。何だか強くて冷たい風も吹き始めた。

もう躊躇している場合ではありません。小芋の収集は諦めて大きなジャガイモだけを拾い集めます。

 

 北の空に目をやると、夕日と雷雲がくっきりと分かれて見えました。

なんだか、辺り一面の暗さも増してきて、不安な気持ちを掻き立てます。

 

 とうとう大粒の雨が落ち始めます。

集めてコンテナに詰めたジャガイモを大急ぎで軽トラに載せ、ポット用培土などの大きな袋を被せる。

 大急ぎで軽トラを発進させ、走り始めたらスベルべママから携帯に着信。

「ブルーシートと、黒マルチがあったけれどわかった?」「もう走り始めた」と返事をする。

 追って「車庫のシャッターを開けておいて」と発信。ようやく家に帰り着くと、開かれていたシャッターに滑り込む。

恐る恐る荷台のジャガイモを見ると、おー、何と言う奇跡。全く濡れていないジャガイモをみて安堵のスベルべでした。

ジャンル:
環境
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雷雲とジャガイモ掘りの競争 | トップ | ゴールド?メイクイーン!? »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (meibi)
2017-07-16 08:36:17
ジャガイモでしたか、色はサツマイモですね。
大きくて立派ですね。
雨と競争でしたか、雷が怖くてかと思っていましたが、
濡れると良く無いようですね。
暑さはどうでしょう。
こちらは夏になっています。
熱中症に気を付けて下さい。

Unknown (ミケ)
2017-07-16 22:54:37
濡れずにメデタシメデタシです。
meibi様 (スベルべ)
2017-07-17 04:50:36
 この「ノーザンルビー」は本当に見た目はさつま芋ですよ。
直売所「農天市場」でも話題作りに一役買ってくれています。
ジャガイモは濡れてもすぐに食べるには問題は無いのですが、
保存すると言う事になると、どうしても痛み易くなってしまいます。
それで極力濡らさないように気を配るのですよ。
ミケ様 (スベルべ)
2017-07-17 04:53:30
 本当に間一髪の山からの退避。
濡らせた事を覚悟でそっとビニール袋を剥ぐとなんと全く濡れていない。
一気に気持ちが楽になり、夕食のビールの味が一段と良くなりましたよ(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。