畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

トマトの苗が120本余りです

2017-05-18 04:27:29 | 野菜

 

 毎晩続けていた反射式石油ストーブによる暖房を止めました。

ここからは、外気温に慣らして畑に植える予定です。出番を待つトマトの苗もそろそろ植え時。

 

 種物の紹介でお見せしましたが今年の新顔「CFプチぷよ」も「赤ちゃんのほっぺ!」なんて楽しみですね。

そして、右の「ピンキー」も同じですが(名前は違う)赤と黄色の二種類が揃っていますよ。

 

  「アイコ」ちゃんも赤と黄色が揃っています。そして右は知る人ぞ知る「サンマルツァーノ」。

他には、黄色の「桃太郎ゴールド」、種を自家採種した「アロイトマト」なんてのもあります。

 

  こうして丹精込めたトマトの苗だけれど、一昨年までは絶不調でほとんどを枯らしていた。

下の農天市場周りの畑では、土が悪くて(粘土質で透水性が低い)そのためでした。

 昨年スベルべママの提案を受けて山の畑で試験栽培。

結果は大成功。カラスの被害さえ防げたらもうこれは山の畑にするしかないですね。

 

  そこで、山の畑に大きな畝をえんやこらしょと作ります。

 トマトの苗の植え付け間隔は50センチとあります。畝が少し短くて一畝18本ほどの植え数。

 畝の真ん中を断ち割って、どっさりと堆肥を入れてあります。

この畝は続いて、山本ナス、ヴィオレッタ・デ・フィレンツェを植えるために堆肥をたっぷりと漉き込んでいます。

 で、今年の下の畑は蔓物、キュウリ、インゲン豆、ゴーヤなどを主体にします。

もちろんそれだけでは畑が空いてしまうので、後は枝豆ですね。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小雨の中の「芝桜」公園 | トップ | 銀河鉄道とカエルたち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トマト (sakko)
2017-05-18 06:28:38
いよいよトマトの植え付けですね。
立派な畝ですね。
色々な種類を植えられるのですね。
120株の植え付けですか。
私は畑に7本とプランターに4本植えました。
そして脇芽をまた挿しています
ピンキー薄皮ミニトマト、私も植えました
一株ですがね。
ここには天使のほっぺと書いてあります。
カラス、困りますね。
ほんの少しのイチゴにもしっかりネットをはりました。
sakko様 (スベルべ)
2017-05-19 05:20:12
昨日午前で二日間のトマトの植え付けが終わりました。
ビニールの雨よけは、全部にはかけられないので、ピンキーと、
プチぷよの30本だけには何とか掛けたいと思っています。
トマトの植え付けが終わり、ようやく気になっていたさつま芋の準備に入ることができました。
雑草が伸びすぎて、畝立ての際に鍬の刃先に絡まり仕事がし難くなるのです。
雪国の畑は平年並みに雪が降らないと大変です。雪が少ないと雑草が早いのですよ(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。