畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

連載113-1「バンビの名誉のために」

2017-05-26 06:43:45 | 暮らし

       バンビの名誉のために(犬の不思議な能力)

 

 バンビという犬のことについて、自分の思い出として一方的な解釈で書いてしまった。

その後、実際に家族として付き合った従姉から詳しい話を聞き、倍加した驚きに包まれることになった。


 バンビは東京生まれの「ワイヤテリア」または「ワイヤ・フォックス・テリア」という名前の洋犬系の雑種だった。

その頃田舎では犬は放し飼いが多く、そして柴犬系、秋田犬系と言った和犬系の雑種がその大多数を占めていた。


 その中で洋犬系のワイヤテリアの血を引くバンビは一際目立ち、「エノケン」に似ているとか、

犬ではなくてヤギみたいだとか言われたという。


 可愛がりすぎたのか、生来の性格なのか長ずるにしたがって傍若無人な行動が多くなり、

やむなく紐につなぐとそれを嫌って解くまで吠え続けた。紐から解放されると近所を悪戯して回り、

何度となく怒って怒鳴り込んできた人さえいたらしい。


 可愛かったバンビに手こずらされて居るうちに、そのバンビを貰いたいというおじやの住人が現れ、

バンビは自動車のトランクに放り込まれるようにして新しい飼い主のもとへと移り、家族は安堵したのだった。

              (続く)

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の前に一気に畝を作りマル... | トップ | 鉄塔からの墜落事故から一年 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2017-05-26 20:51:02
ワンちゃんの話なのでついでにお猿の話です。24日の午前中のこと町内、それもウチのすぐそばにお猿が2匹出てきたとかで3件ほど通報があり、パトカーがわんさかと集まって居たそうです。何も事件が無く暇だったのでしょうね。で、そのお猿はどうなったのやら全然わからないのです。全くの平地で山も無い北関東のド真ん中にどこからきたのでしょう。もしかしたらトラックの荷台かなんかに乗っていたら閉められてしまって運ばれてきたとか?会う人ごとにお猿の事を聞いてみるのですが知らない人も多く、ますます気になるのですよね。捕まらないで逃げて早く山に帰ってね、と言いたいです。
ミケ様 (スベルべ)
2017-05-27 04:30:45
 お教えしましょうか。それはきっとツァーに参加し旅を楽しんでいたお猿さんですよ(笑)。
我が家の山の畑付近は豊かな自然だけれども最大の野生動物はカモシカのみ。
でも、一昨年スベルべ夫婦は見ちゃったんですよねー、一匹の猿を。
上越線の傍の畑でトウモロコシを盗んでいました。
写真を撮ろうと近づくと、ひょいひょいと線路上を歩きながら食べていました。
その後何日かして山の畑で仕事中に「トーちゃん猿が居る」なんてスベルべママが小声で言う。
言われた方向を見ると、なんと落葉松の木の上に一匹の猿が。
でも、それ以来見かけていませんから、あれは一人旅いや一匹旅の猿だったのでしょう。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。