畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

連載100「昔々の話」(続き)

2017-02-24 05:06:21 | 暮らし

   昔々の話の続き

 

 明治十二年生まれの祖母の話です。

 

その二

 昔、夜道を歩く人々を怖がらせる人魂があったそうだ。夜道の脇にくっきりと浮かび出て、

それを見た村人は震えながら、後も振り返らずに逃げ帰った。その夜道はしばらく人影が途絶えたそうである。

 

 祖母の父、私の曽祖父が繭を町場の問屋まで売りに行った帰り道の事である。

一杯やって帰路につくと山中の村に帰る道中は暗くなってしまった。

 

剛毅な曽祖父は期するところも有ったのであろう。

人魂が出るという噂の場所まで来ると、道から少し離れた林の中に噂どおりに出たそうだ。

 

 豪胆な曽祖父は「狐か狸の悪さに違いない。ここは一つ懲らしめて、

悪戯を止めさせよう」と考えた。持っていた、竿秤の分銅を風呂敷に包み、そっと人魂に近付き思い切り殴った。

 

 十分な手応えに良く見ると、殴ったのは狐でも狸でも無く、古びた木の切り株だった。

曽祖父のおかげで人魂の正体も分り、村人たちも安心して夜道を歩けるようになったと言う。

 

 想像するに、その人魂の正体は古い切り株に生えた、ある種のキノコか、

発光性の微生物だったのではないかと考えている。

今も昔も、話には尾ひれが付くし、つまらない噂話が信じられ、怪談になったりするのは同じ事だと、

怪談話を信じない私は思うのである。

                                       (続くその2あり)

『家族』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の遊歩道を歩く(その3終わり) | トップ | 連載100-2「昔々の話」(続き... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミケ)
2017-02-24 22:33:19
幽霊の正体見たり枯れ尾花、ですね。
ミケ様 (スベルべ)
2017-02-26 04:30:53
 幽霊の話もずいぶんありますが、正体はほぼ同じようなものでしょうね。
でも、村人が恐れて近づかなかったところも酒の上とは言え、
通りそして人魂をぶん殴ったとは肝っ玉の据わった先祖で誇りに思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。