畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

コゴメが出たぞ

2017-04-24 05:20:01 | 山菜

 

 農天市場の畑で仕事をし、休憩代わりにすぐ近くの川のそばに行ってみた。

数日前は全く緑色が見えなかったのだけれど、それからの暖かさで一気に「コゴメ」が伸び出していた。 

 

 地方によっては「コゴミ」とも呼ぶらしいけれど、この辺りでの呼称は「コゴメ」です。

シダ科の植物で、ゼンマイと同じ類に属します。クルリと巻いた姿はゼンマイと同じですね。

 

  傍には枯れた昨年の成長しきった葉があります。

胞子を飛ばした名残で、まだ粉のような胞子の残骸も見えます。

 

 一足早く帰って夕食の支度を始めたスベルべママを追って帰宅し、自分でごみを取って処理。

早速茹でて夕食の食卓に上がりました。さて、初物のコゴメの味やいかに。

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジュンベリーのつぼみ膨らむ | トップ | 六万騎山はカタクリ満開(その3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山菜」カテゴリの最新記事