畑に吹く風

 春の雪消えから、初雪が降るまで夫婦二人で自然豊かな山の畑へと通います。

洪水の傷跡

2017-07-27 04:40:02 | 自然

 

 大雨、大洪水から1週間以上も経過したというのに、広域農道の復旧は手付かず状態。

昨日は、ある市会議員と二人で広域農道の被害状況を調べた。

 先ずは、山の畑方向から降りてみて、歩いて下る。

災害直後に一人で近くまでは行ってみたのだったが、今回は現場に実際に足を踏み入れ被害の大きさに驚く。

 

  数10メートルにわたり、斜面が崩壊し土砂が道をふさいでいました。

県議、市議が現地を調べたと聞いていましたが、その後の雨のためか誰の足跡も無かったなー。

 

  広域農道新設のために削り取った斜面はもちろん、自然状態だったと思われる雑木林も崩落。

木の生育状態から見ても数10年以上は無かった豪雨災害だったと思われます。

 

  一時農道は川のような状態になり、崩落した土砂により塞がれた水は道路から下にも流れた模様。

農道の下側比較的斜度の小さい斜面も、信じられないような崩落の様相を見せています。

 

  小さくてほとんど機能を果たさなくなった道路側溝からあふれた水は大量の土砂を道路上に運んだ。

降雨時は昼食時間帯であり、きっと誰も山の畑にはいなかったと思われ、人的被害は無くて済んだのでしょう。

 

 道路上を流れた濁流の力でしょうか。舗装アスファルトがめくれあがっています。

こんな状態は初めて見ました。恐ろしいばかりの水流の力、水圧です。

          (続く)

ジャンル:
災害
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雨でも元気なのは?(その2... | トップ | 10年前の新聞投稿「日本の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (熊取のおっちゃん)
2017-07-27 09:42:56
地震に次いで水害 お見舞い申し上げます
早く復旧できると良いですね 月曜日の夜無事に
帰ってきました 新潟県の最高峰小蓮華山にも
登ってきましたよ 今日から復帰します
熊取のおっちゃん様 (スベルべ)
2017-07-28 05:46:42
 お見舞いのお言葉ありがとうございます。
この山はお越しいただいた際に、一緒に登った農道ですよ。
未だ道路には手つかずで復旧工事の遅れには驚くばかりです。
山の行程を見させていただきましたが、さすがの内容で驚かされるばかり。
健脚万歳です。

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。